Close

Les Rendez-vous du Numérique、Raphaël RichardがNEODIAとデジタルマーケティングについて語る。

Source : Neodia

ランデヴー・デュ・ヌメリックの一環として、フランスのデジタルプレーヤーであり、ウェブサイトのSEO面だけでなく、デジタルマーケティングのエキスパートでもあるNeodia社のCEO兼創設者、Raphaël Richard氏にお話を伺うことが出来ました。

ここでは、交流の様子を収めたビデオと、そこから生まれたインタビュー記事の両方を掲載しています。

 

 

[Emmanuel M] : リチャードさん、今回はNeodiaとSEOについてお話いただき、ありがとうございます。

 

現在に至るまでのキャリアパスを教えてください。そして、ネオディアとそのサービスを紹介してください。

 

[Raphaël Richard] :

ネオディアは、獲得キャンペーン(自然参照、Google広告、Facebook広告、Tik tok広告)、サイトの商業的パフォーマンスの向上(コンバージョン率最適化)、自動化の3つの分野を補完的に運営するデジタルマーケティングエージェンシーです。

他の機関とは3つの点で異なります。

1/ 収益性が証明されているレバーのみを推奨し、流行は追わない。

2/ インターネットユーザーの広告メッセージに対する受容性、キャンペーン自体の最適化、サイト上でのコンバージョン率の最適化、アクションのパフォーマンスの微調整を可能にするトラッキングツールの導入など、総合的なアプローチにより、事業の収益性を最大化する独自のモデルやメソッドを構築しています。

3/ インターネットユーザーを尊重し、持続可能で収益性の高い戦略を構築します(展開するメッセージの性質、商業的圧力のレベルの制限、侵入的な商業ネットワークの不使用、個人データの透明かつ限定的な収集)。

Google Analytics、Google Tag Manager、Google Data Studioなど、強力なトラッキングスキルを身につけました。キャンペーンのパフォーマンスを測定し、代理店のクライアントが期待する可視性を実現するために、これらのスキルは不可欠だからです。

また、ネオディアは、対面式とeラーニングプラットフォーム「24pmアカデミー」によるトレーニングプログラムも開発しました。24pm Academyは、デジタルマーケティング、人工知能、eコマースの上級管理職向けの220時間の完全なトレーニングコースを、月額200ユーロ以下で提供するという課題に取り組みました。

インターネット上での商業開発戦略の成功は、パートナーである代理店のスキルに加え、クライアントの知識に基づいているため、この2つの活動(サービスとトレーニング)は補完的なものである.

[EM] : これらのコンセプトの背景には何があるのでしょうか。?

[RR] : SEO(Search Engine Optimisation)とは、潜在顧客が商品やサービスを検索した際に、Googleで1位を獲得することで集客することを目的とした技術です。

自然検索と、Googleの広告ネットワークであるGoogle Adsからポジションを購入するSEA(Search Engine Advertising)とも呼ばれる有料検索を区別することができます。

Google Ads for Searchは、インターネットユーザーが商品を探している瞬間に広告をプッシュするだけなので、インターネット上で最も寛容な広告形態の1つです。そして、広告が真の情報サービスを提供する.

もう一つの参照形式は、SEO(Search Engine Optimisation)とも呼ばれる自然参照で、Googleの最初の検索結果を使わずに、Google広告を使わずに、「自然に」上位に行くというものです。そのためには、常に変化するGoogleの仕組みを理解し、Googleのアルゴリズムに参照されるサイトを適合させることが必要です。

自然参照の専門家は、5つの分野に取り組む必要があります:サイトの技術的構造とコードの最適化、Googleに最適なスタイルのテキストの作成、他のサイトからのリンクネットワークの拡大、配置された商業ページの最適化、参照戦略を再調整するための最大数のコンバージョン(オンライン販売、見積もり依頼など)を生成するキーワードの特定です。

SEOは、時間が経つにつれて、より多くの成果を生み出すという、非常に興味深い仕事です。

[EM] : ブラウザと商用トラッカーが使用/収集するデータについて ?

[RR] : また、SEOは、他の多くのマーケティング手段と異なり、個人情報を収集する必要がないという長所もある。個人情報、すなわちインターネットユーザーが取り込んだキーワードは、匿名性のみです。

一方、Neodiaが管理するその他のキャンペーンでは、以下の3種類の個人情報が収集されます。キャンペーンをより効果的にターゲット化することを可能にする広告代理店(Facebook Adsなど)が作成するプロファイル、広告をクリックしたインターネットユーザーが獲得した訪問者が生み出す売上に関するデータ、キャンペーンによるリターゲティングや同様のプロファイルの消費者をターゲット化できる広告主のサイトを訪れたインターネットユーザーのプロファイルです。

[EM] : 欧州CNILsがGoogle Analyticsの利用を違法とする決定を下したことで、何が変わるのでしょうか。

[RR] : CNILが欧州RGPDの文言を十分に厳格に執行していないと考えるオーストリアの活動家からの苦情により、複数のCNILがGoogle Analyticsの機能を詳細に分析し、RGPDの原則を遵守しているかどうかを判断する必要が生じました。CNILと欧州の別のカウンターパートは、そうではないという結論に達しました。苦情を申し立てられたサイトは、1ヶ月以内にGoogle AnalyticsをRGPDに適合させるよう命じられました(2022年2月1日付決定)。当代理店は、Google Analyticsの詳細設定を放棄することを条件に、米国への個人データの転送を技術的にブロックする解決策を見出すことに成功しました。

しかし、欧米間のデータ交換に関する新たな交渉の結果、法的な背景が変化する可能性があります.

[EM] : 顧客のデータニーズとインターネットユーザーのデータ保護という矛盾にどう対処するか ?

[RR] : まず、データ収集量が増えたからといって、オンライン・プロモーション・アクションのパフォーマンスが向上するわけではないことを説明する必要があります。

2010年代前半のビッグデータ、AIブームの時に作られた神話のようなものがあります。この神話は、キャンペーンのターゲティングを向上させるだけでなく、オファーを差別化するために、この分野のさまざまなプレーヤー(広告代理店、CRM専門家、ソフトウェア出版社、個人情報ベンダーなど)がデジタル専門家によって大きく支持されました。

この神話が、インターネット利用者によりよいサービスを提供するためには個人情報の収集が望ましいと主張するような立場を正当化するのである。いくつかの研究によると、後者はインターネットユーザーが(パーソナライズされていない広告ではなく)パーソナライズされた広告を受け取ることを望んでいることを示しています。しかし、これは大多数のインターネットユーザーが自発的に広告の非ターゲティングに不満を持つことはなく、一方では広告メッセージに過剰にさらされ、他方では勝手にスパイされていることを問題にしているのである。

また、インターネットユーザーが最も許容する広告キャンペーンが、検索結果の上位に表示されるGoogleの検索用広告であることも、その表れである。これらの広告は高度にターゲット化されており、ほとんどの場合、個人情報に基づくものではありません。.

[EM] : vpn利用の民主化でデータ収集はどう変わる?

[RR] : VPNを使用することで保護層が増えますが、例えばTorのようなブラウザの使用を免除するものではありません。

さらに、VPNはユーザーのIPアドレスをスクランブルし、プライベートブラウジングはクッキーの追跡を防ぐが、ブラウザと接続コンピュータのデータのクロスチェックに基づく識別・追跡方法(指紋認証など)があり、完全に識別を防ぐことはできないことを念頭に置く必要がある。CNILの「Googleアナリティクスが規制の枠組みを遵守していないことに関する決定は、Googleアナリティクスが「メタデータ」を照合することによってサイトへの訪問者を特定できる可能性に大きく基づいています。

匿名化については、Safariが課したクッキーによるトラッキングの事実上の禁止が、個人情報の収集に与える影響はより大きいものとなっています。VPNが発達しても、Facebookが収集する個人情報の量が大幅に減ることはない。IDFA(広告アプリケーションのクッキーに相当)にアクセスするためにiphoneユーザーの許可を得ることと相まって、クッキーの追跡が制限されたことは、VPNの発展よりもはるかに大きな影響を及ぼしました。

 

[EM] : デジタルソブリンが代表するデジタルマーケティングアクターであるあなたへ?

[RR] : デジタル・アクターの間では、デジタル・ソ フトウェアの概念と同じくらい多くの概念が存在する。

私としては、外部に依存しすぎることは、経済の機能(成長力の低下)、外部の影響から独立した政治システムの構築に悪影響を及ぼし、最終的には(国家間の)貧富の格差を拡大させることが多いと考えている。デジタル主権をめぐる闘いは、EUだけでなく、加盟国にとっても重要な問題です。 また、加盟国は、EUが市民のニーズに応え、デジタル技術がもたらす機会を活用できるようにすることも重要です。

この点で、デジタル主権をめぐる戦いには2つの側面がある。

1/ 戦略的セクターの絶対的な保護または建設は、主権問題におけるわが国の独立を保証するものであるため。

2/ 海外プレーヤーとローカルプレーヤーの市場占有率のバランスの確保、その他の問題に対して.

 

[EM] : デジタルプレーヤー、特にPlayFranceDigitalという集団の動員についてどう思われますか?

[RR] : 私はこの運動の4人の発起人の一人です。2020年4月のある日曜日の午後、ロックダウン中のアラン・ガルニエと私は、AP-HPとヘルスデータハブの患者データをすべてアメリカのサーバーにホストすることが望ましいと考えている厚生省の役人が、それが保護されない機密個人データであるにもかかわらず、懸念していたことを思い出します。

そこで私たちは、すべてのプロフェッショナルに開かれた、デジタル主権を問題提起するムーブメントを立ち上げることにしました。

Play France Digitalは、我が国がデジタルに関してより自律的に行動する必要性を認識させ、外国への依存度を下げ、雇用創出を促進し、より成長に貢献するために決定的な役割を果たした組織の1つです。

 

[EM] : 欧州委員会と米国がプライバシーシールド2について基本合意したことについてどう思うか?

[RR] : 米国当局は、GoogleやFacebookなどの企業による強力なロビー活動によって圧力を受け、米国はおそらく、互換性のない2つの個人情報保護制度(RGPDと米国の法律)の法的橋渡しのようなプライバシーシールドの新バージョンを通じて、欧州人の個人情報に安全にアクセスする代わりに、液化ガスを交換したのだと思われます。

この文章、詳細は不明ですが、どうやら2020年7月にプライバシーシールドの第1版が無効となる以前の状況に戻すことを目的としているようです。

この文章は、おそらくヨーロッパの個人情報保護の擁護者から攻撃を受けるだろうが、その間にアメリカのサービスは時間を稼ぎ、ヨーロッパのソフトウェアパブリッシャーの不利益となる市場シェアを保護することになるだろう.

[EM] : デジタル技術における今後5年間の課題は何だとお考えですか??

[RR] :

 

  1. デジタル技術の加速度的な進展に対する認識

一般に信じられていることとは異なり、デジタルは未来ではなく、現在なのです。それどころか、デジタルは私たちの生活の中心、ビジネスの中心、公共サービスの中心、さらには紛争の中心へと移動しています。デジタルのテイクオフ期にはなかったことです。

そのため、パラダイムは徐々に変化しています。もはや、リアルとデジタルの境界はないのです。マーケティング戦略、社内での協力体制、経営手法、そして何よりも私たちの交流の仕方、世界の捉え方など、すべてを再定義するのに役立っているのです。

デジタルは、物事や人に対する新しい認識を通して、表面的にも深層的にも世界を再構築しています。国家とは何か、主権という言葉の意味は何か、個人がどのように世界に自己投影しているか、関係のネットワークはどのように構成されているか、物体はどのように機能しているかなど、世界とは何かを深く再定義しています。

  1. デジタルエコノミーを実現するために

NFT、暗号資産、オンライントレーニング、ビデオゲームで販売される仮想オブジェクトなど、100%デジタル製品が生み出されるのである。

ガボンのように45%以上を石油部門に依存する経済があるように、GNPの5%や10%ではなく、40%や50%までデジタルの割合を高めるために、各国が経済をデジタルに特化させていくことが予想されます。.

  1. セキュリティ

この機会コンポーネントと対になるのが、セキュリティコンポーネントです。コネクテッドエコノミーがあらゆるレベルでエクスポージャブルエコノミーであることを示すサインはたくさんあります。

例えば、米国の情報機関は、ドンバスでの物理的な攻防と並行して、ロシアがスポンサーとなった標的(電力会社、政府機関、対ロ制裁対象国の企業)に対する大規模な攻撃の深刻な脅威を報告している。個人を狙うサイバー犯罪者は、単純なフィッシング攻撃から、電話スプーフィング(銀行の不正防止サービスの電話番号になりすます)、ソーシャルエンジニアリング、トロイの木馬による遠隔操作などを組み合わせたハイブリッド攻撃へと移行しています。若いハッカーはダークウェブでハードウェアを入手し、地下鉄のユーザーに手を出して非接触型決済を発動させることができる。攻撃の検出が難しくなるにつれて、攻撃の種類はますます増えているようです。

個人も企業も、デジタルトランスフォーメーションは、新しい行動様式、新しいソフトウェア、新しい保護用ハードウェアの導入と同時に行わなければならないことに徐々に気づいていくことでしょう.

  1. デジタル技術の無駄な使い方と闘う

暗号通貨のようなデジタル技術の有用性を疑うことは、今日、知的な陳腐化の兆候とみなされることが多い。しかし、貴重な原材料の過剰消費、データセンターによる電力の過剰消費、人間が消化できるイノベーションサイクルと同期していないイノベーションサイクルの加速など、疑うべき理由はたくさんあるのです。

私の考えでは、デジタル技術の革新の中には社会に役立つものもあれば、富の集中、デジタルデバイドの拡大、人間関係のヒステリー化、エネルギー危機の悪化など、既存の問題を悪化させたり、新たな問題を生み出したりするものもあるということをはっきりと言わなければならないでしょう。

 

  1. デジタルによる生態系の危機の悪化を防ぐ。

デジタル技術の発展は、いわゆるレアアースの消費量の増加や、主に化石燃料や原子力から生産される電気エネルギーの消費量の増加と密接に関係していることが分かっています。クラウドの拡張、5G(エネルギー集約型)、接続されたオブジェクトの増加(多くは永続的)は、この問題をさらに悪化させます。

しかし、こうしたテーマはデジタル業界では比較的タブー視されており、例えば「5Gはデータ消費量を増やすために作られた」というように、不誠実とは言わないまでも党派的に語られることが少なくありません。例えば、5Gはデータ消費を増やすために作られましたが、データ消費を増やすと(データセンターから何らかの形で)電力や材料の消費量が増えます。

このテーマはタブーであり、このタブーを解かなければ、痛い目を見ることになる。

デジタル技術は膨大な量のエネルギーと原材料を消費し、あちこちで言われていることとは裏腹に、決して生態系の問題を解決するものではありません。せいぜい、あるアルゴリズムがエネルギー消費の増加を抑えるのに役立つ程度で、消費量を減らすことはできない。しかし、デジタル開発の全体的なバランスは、エコロジーの観点からはマイナスです。

しかし、経営者だけでなく、一般のユーザーも問題意識を持つことは非常に難しく、メディアやソーシャルネットワーク、達人たちが矛盾した数値や講演を発信しているのが現状です。

[EM] : インタビューも終わりに近づいてきましたが、結論はいかがでしょうか。

[RR] : 人間や金融関係者の本質的なニーズを満たし、生態系の問題を悪化させるのではなく、解決に貢献し、人間同士の交流を悪化させるのではなく、より流動的にするような、望ましいデジタルを求める戦いは、デジタルが我々の役に立つことを望むなら、その逆ではなく、戦わなければならないだろう.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top