Close

アントワーヌブルジョワへのインタビュー

Source: Antoine Bourgeois

4MPの創設者であるBtoBネットワーク、BizoverBiz、Chain4Wallet決済インフラストラクチャのアントワーヌブルジョワへ にインタビューします。 私たちはデジタル主権のホットなトピックに取り組むだけでなく、彼の起業家の冒険と彼の将来のプロジェクトについても話します…

 

[Emmanuel M] : アントワーヌこんにちは、あなたとこのインタビューを行うことができてうれしいです。 はじめに、あなたの経歴と経歴を簡単に教えてください?

[Antoine Bourgeois] :  私は「革新的な起業家」と呼んでいます。この2つの言葉は私にとって切り離せないものです。 2009年にオー・ド・フランスで第1回JEI(Young Innovative Company)を設立し、スマートフォンをベースとしたTPE(決済端末)を開発しました。 当時、このタイプの製品には世界で3社があり、そのうち22億ドルで買収されたスウェーデンの会社と、最近60億ドルの評価で上場しているアメリカの会社があります。 私のJEIに関しては、ホスト地域で十分な資金を見つけることができなかったので失敗しました。 このため、2016年に2番目のJEIがイルドフランスにあります。

[EM] : 4MPのアクティビティ、特にB to Bネットワーク:作成したBizoverBizについて詳しく説明していただけますか ?

[AB] : BizOverBizブランドの下で設定されたB2Bネットワークはかなり古典的です。VSE-SMEは、請求書、見積書、注文書を編集し、電子的に署名し、電子金庫に置き、最終的にはそれらに送ることができます。 受信者が利用できるようにします。 しかし、古典的ではないのは、これらの同じ請求書の支払いを、ゼロから作成したインフラストラクチャ(Visaから完全に独立しているChain4Wallet-MasterCard、SEPA、 銀行、そしてGAFAMに直面しても、この分野で私たちの主権を維持するという野心を持っています!

[EM] : 私たちはすでに、デジタル主権に関連するトピックについて簡単に説明する機会がありました。 あなたの立場は何ですか、トピックを理解しています ?

[AB] : 私たちのデジタル主権は、エンドツーエンドで制御するヨーロッパのインフラストラクチャのおかげで、すべての機密データを保存および管理する能力に依存しています。 私たちは明らかに、すべてのタイプのデータに対してこのように行動する義務はありませんが、それらが「機密」であると見なされるとすぐに、それらは完全にこのように管理されなければなりません。

[EM] : Data Hub Santéの事件によって引き起こされた混乱の後、デジタルプレーヤーはPlayFrance.Digital集団に集まりました。 このイニシアチブについてどう思いますか?

[AB] : フランスの起業家がこの「PlayFrance Digital」イニシアチブを立ち上げたことは、私にとって非常に満足しています。 健康データ(Microsoftの利益のための入札の不可解な呼びかけの場合)、商用データ、および または支払いデータ(BPIおよび/またはフランスの投資ファンドがアメリカのクラウドのデータで資金を提供しているフィンテック)、企業の財務データ(BPIがアメリカのクラウドで管理しているEMPのビジネス) 、等…リストはそこで終わりません。 今では、アメリカンクラウド(ドイツの銀行!)を使用したくなる商業銀行についてさえ話し合っています。 クラウドで管理されるパリ2024年のオリンピックを忘れずに…中国語!

[EM] : また、フランスの政策に対する認識の始まりを見てきましたが、言葉から離れて、あなたは正しい方向に進んでいる行動を見始めていますか ?

[AB] : 今のところ(私たちは2020年8月の終わりにいます)議論、報告、その他の意図の宣言以外に、フランスではまだ具体的なことは何も見ていません。 たとえば、私の会社は現在、Chain4Walletをヨーロッパで、次にアフリカでローンチするための資金調達を行っています。「私たちはデータを保護する必要があることを理解しました。 支払いデータを維持するためにいくら投資すべきですか? 」 投資家はアラブ首長国連邦に投資する準備ができていますが。 アフリカの資金は、ヨーロッパでのローンチが有効になるとすぐに、アフリカでの展開のために私たちに資金を提供する準備ができています.

[EM] : ヨーロッパのレベルでは、恐らくデジタル産業家としての彼の過去のために、おそらく欧州委員会委員ティエリー・ブレトンのおかげで、同様の意識があり、おそらくもっと構造化されているようです。 どう思いますか ?

[AB] : ティエリーブレトン(元IT業界の主要プレーヤーのボス、元経済大臣)がこれらすべての問題を理解するヨーロッパレベルの理想的な人物であることは確かです。 しかし、彼の立場に変更を課す彼の本当の力は何ですか? 質問があります。

[EM] : 私たちは政府からすべてを期待することはできませんが、私たちの主要なフランスの経済プレーヤーについてどう思うか、彼らはゲームをしていますか? 彼らはできますか?

[AB] : はい、できます! 私はこの件についてソーシャルネットワークで何度か自分自身を表現しました。外部サービスプロバイダーの選択に関して、中堅企業と大企業のIT部門のレベルには「大きな怠惰」と「過度の恐れ」があります。 あなたの経営陣に「ここが私が選んだサービスプロバイダーです。これは世界一です」と伝えるのはとても簡単です。 それはせいぜい5 Mnしかかかりません、これは将来の非難を不可能にします、そしてすべてはわずかなリスクなしに迅速に完了します:単純な槍が必要なときにバズーカを選択するかどうかは問題ではありません。 そして、非常に頻繁に、環境の側面もこれらの同じ意思決定者の懸念の最も少ないです。

[EM] : これは本当にMedefによって真正面から受け取られた主題ですか? Geoffroy Roux de Bezieux がこの問題について確固たる立場を取ったことは、私には思えない?

[AB] : Medefは雇用者組合です。 それは宣言をし、研究し、意見を与え、政治力に影響を与えるが、決してそのメンバーを拘束することはできない。 しかし、とにかく、重要なことは、すべての人、経済学者、労働組合、政治権力、起業家が同じ方向に向かっていることです。つまり、私たちの技術的主権とデジタル主権の保護です。

[EM] : 私はあなたに関係する主権の主題が支払い手段に関係することを知っています。 何を教えてくれますか?

[AB] : データと支払い方法に対する主権は、私と他の分野に関連するものに関係しています。 それはたまたま私がいくつかのスキルを持っているものであり、私が毎日自分のために働いているものです.

[EM] : この問題に答えるために、パイプラインに進んでいるプロジェクトがあるようですが、もう少し詳しく教えていただけますか ?

[AB] : Chain4Walletは私が非常に誇りに思っている素晴らしいプロジェクトです。 これは、2009年に私の最初のJEIでスマートフォンのTPEの拡張として実装したかったものです。
「私の銀行口座は、変化しかない安全な場所です。 さらに悪いことに、通貨は1つだけです。 私の財布に含まれているすべての要素を電子化されたバージョンに入れ、デジタルウォレットからデジタルウォレットに、ウォレットから英語のウォレットに、つまりスマートフォンから交換できるようにしたら、便利で環境に優しいでしょう。 スマートフォンへ」
私にとっては、当たり前のことですが、毎週何十回もこのチャレンジに参加するように依頼されないのはなぜだろうといつも思っています。

[EM] : 5年以内のあなたのために、あなたはあなたのすべてのプロジェクトにどこにいますか ?

[AB] : 5年以内に、Chain4Walletにアクティブなウォレットが1,000万個必要です。 それは多くのように思えるかもしれませんが、2つの大陸では、毎年10の財布の数を乗算することで、かなり達成可能です。 さらに、BizOverBizプラットフォームの請求書、見積もり、および電子化された購入注文も、それほど目立たなくなるものの、上昇傾向をたどります.

[EM] : 親愛なるアントワーヌ、私たちはこのインタビューの終わりに来ています、あなたはあなたの結論を与えることができます ?

[AB] : 現在の状況を可能な限り積極的に見てみましょう。このいまいましいCovid-19ウイルスは、多くの点で永遠に嫌悪され続けるとしても、あらゆることに肯定的な結果をもたらす可能性があります。 私たちの産業、環境、経済の弱さ、そしてもちろん主権の観点からの意識の高まり。 しかし、この最後のポイントの背後には、実際には私たちの「自由」を隠すだけでなく、私たちの「富の創造」も隠されています。 そして、これは私たちをこのインタビューの最初に戻します。最初のJEIの失敗により、フランスとヨーロッパの「富の創造」が20億から60億ドル失われました。 しかし、私たちは自分たちの失敗と過ちから学んでいるようです。私たちが主権と同じようにできるように!

 

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top