Close

オープンソースは、私たちのデジタル主権のための真のソリューションです?

Source: Pixabay

 

この記事で取り上げたいテーマです。しかし、それは複雑であり、おそらく満場一致で受け入れられることはないだろうが、ステークスをよりよく理解することができるだろうし、おそらく議論を開くことで、より良い理解を得ることができるだろう.

 

オープンソース、フリーソフトウェア、覚えておくべき重要な要素とは ?

 

より良い理解のためには、オープンソースと自由ソフトウェアという二つの概念を区別する必要があるでしょう.

オープンソースという呼称は、オープンソースイニシアティブによって確立された厳格なルールに準拠したソフトウェアを指し、自由な再配布、ソースコードへのアクセス、派生作品の作成を可能にしています。オープンソースの主要な構成要素の一つに、マイクロソフトやアップルのOSに対抗することを目的としたOS(オペレーティング・システム)であるLinuxカーネルがあります。特筆すべきは、Android OSのカーネルもLinuxをベースにしていることだ.

一方で、オープンソースとは主に哲学的な面で異なるフリーソフトウェア、フリーソフトウェアというものがあります。オープンソースは技術的な側面に焦点を当て、自由/専有の入れ子システムの使用を可能にしていますが、自由ソフトウェアはより哲学的な側面に焦点を当てています。しかし、実際には、ほとんどのオープンソース・ソフトウェアは自由ソフトウェアです。

理解しておくべき重要なことは、オープンソースや自由ソフトウェアのベースとなっている自由なGNU/Linuxライセンスは、フリーソフトウェアファウンデーション(Free Software Foundation)によって保持されているということです。この財団は、コピーレフトを建学の理念としたGNU GPLLGPLFDLの一連のライセンスを作成しました。これらすべてのことは、彼が追加の制限なしに自分の仕事から始めるために同じ許可を与えている限り、どのコーダーも既存のソースから始めることができます。

Linuxカーネルは、GNUライセンシングモデルと互換性がありますが、知的財産の面では、現在サンフランシスコに拠点を置くfondation Linuxが所有しています。

先ほどのポイントは、初期知的財産権は米国の事業体である財団法人が保有しているということです。そして、ソースへの自由なアクセスとソースの自由な利用という同じ原則に駆り立てられているとはいえ、米国政府がそれらのライセンスを自由に配布できなくなったとしたらどうでしょうか?

課題は何か?

私たちはすぐに自由ソフトウェアとオープンソース・ソフトウェアの世界について描いた絵の中で見ることができましたが、いくつかの疑問が私たちに開かれています… オープンソースや自由ソフトウェアは真剣な代替案なのか、政治的権威からの本当の独立性はあるのか?

さらに、オープンソース・ディストリビューションの約78%がアメリカ人であることにも注目すべきであり、これはアメリカの技術への依存度を高めています。

IP(知的財産)はフリーソフトウェア財団が所有しているため、アメリカの法律が適用されます。リスクが低いように見えても、特に中国と米国の間の商業的緊張と、米国政府があらゆる国際ルールから自由になる能力を考えれば、表裏一体の状況に陥る可能性がある.

私は、オープンソースが提示するリスクについての真実を保持しているとは主張しませんが、それらは現実なのでしょうか、それとも空想なのでしょうか?オープンソースとフリーソフトウェアの精神を終わらせるアメリカ政府の力とは?どのような結果になるのでしょうか?

しかし、これらの問題のある時代に私たちの世界の進化を考えると、彼らは私に尋ねるために関連しているように見えます。特に、フランスだけでなく、他の国でも、多くの管理者が自由ソフトウェアを選択しているので、何が起こりうるのでしょうか?

Google などがライセンスの下でソリューションを販売することを禁止した後、アメリカ人が中国、特にデジタルプレイヤーに対して主導した商業戦争を考えると、米国政府がさらに一歩踏み込んで、Linux カーネルの共有を禁止するリスクはないのでしょうか?

 

視点

 

商業的、あるいは軍事的な紛争が増加している中で、目を開くことが重要です。反応が遅すぎるということはないし、見かけ上の遅れは取り返しのつかないことのように思えるから諦めるべきではない.

オープンソースやソフトウェアが主権を得るためにgafamよりも良い代替手段であるならば、GNU自由ソフトウェアライセンスに関連する知的財産の問題はまだ明らかにされていません。実際、アメリカ政府が中国との貿易戦争の一環として自由ソフトウェアの使用を禁止しようとしたらどうなるでしょうか。そのための権利と力を持っているのだろうか。デジタル技術の未来にはどのような結果になるのでしょうか?これは私が答えられない質問だ多くの人が脇に置いておくだろう しかし完全に無能なのか?

その答えは、HyperpanelTecwec System SAというフランスの2つの企業のイニシアチブにあるかもしれません。彼らは、2つの異なる哲学に沿って独立したOSを開発することを選択しましたが、非常に興味深く、有望な結果をもたらしました。デジタル主権への疑問の中で、これらの取り組みはさらに興味深いものとなっています。個人用ツールとデータセンターのサーバーの両方で、この低レイヤーをマスターすることは確かに重要です。

フランスのデジタルプレーヤーが、より緊密になり、新しいコラボレーションをオープンにし、限られた国内市場でのみ競争する非常に類似したソリューションの開発を避けることが不可欠になってきています。より成熟したサービス提案のために、より近い絆を見てみるのも面白いかもしれませんね。私にとっては、統合が行われていることは重要であり、望ましいことのように思えますが、それだけでなく、我々の主権、ソフトウェア、ホスティングだけでなく、OSのさまざまな層の間にもパートナーシップが生まれています。

結論から言うと

 

私たちのデジタル主権は重要な問題です。それを達成するための道のりは長く、落とし穴だらけです。それには長期的なビジョンが必要であり、超金融化した欧米社会に見られる短期的な経営的ビジョンとは対照的です.

しかし、他の国が、例えば中国のように、長い時間をかけて、自分たちの運命を自分たちのものにしていることがわかります。ほんの10年前、中国がアメリカのデジタル・ジャイアントの真の挑戦者だと思っていたのは誰だったのだろうか?また、インターネットネットワークがautarkyで継続して運用できるように、これらの措置を講じたロシアの例を挙げることもできます。そして、経済的な紛争や、さらには軍事的な紛争が発生した場合には、これにより、彼らの市民活動能力を維持することができる。

したがって、フランスと欧州の公的機関が、これらすべての問題の背後にある経済的・地政学的な利害関係を認識し、デジタル主権のために戦うことの重要性を認識することが重要である。自由ソフトウェアであろうとなかろうと、企業や行政がデジタルソリューションを装備したいと思ったときに、情報に基づいた選択をすることを可能にする、技術的・法的な監視組織を見るのは興味深いことでしょう。

 

訳書: DeepL

 

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top