Close

月刊インタビュー~ギョームとアルノーの交差する視線~10月号

Source: TecWec

デジタルアクターズ・コレクティブのメンバーであるハイパーパネル社のギョーム・デュマノワテクウェックシステム社アルノー・ヴィユーとのクロスインタビュー。

私たちの目的は、デジタル主権とそれにアクセスする方法を共有し、この文脈の中で各社がどのような位置づけにあるかを説明する機会を得ることです。今回のインタビューを通じて、これらのテーマについてお話を伺うことができたことは、とても嬉しいことです。

 

[Emmanuel M] : お二人ともおはようございます。話の核心に入る前に、簡単に自己紹介と勤務先の企業を紹介していただけますか?

[Arnaud Vieux] : 独学でやっています。1980年、私は最初の海賊ラジオ局のためのポータブルFMトランスミッタの製造に携わりました。1986年、私はマリンエレクトロニクスのインストールと修理サービスのための会社を設立しました。1992年にコンピュータ、ネットワーク、そしてAdminSysを発見しました。1995年に独立してサービス提供者となり、その後トレーナーとなりました。1998年に小さな会社のCIOになりました。2014年に独学でAcidOSの設計者でもあるWilliam Pecnikと出会い、TECWECシステムの冒険に参加します。2017年からは、会社の管理部分、資金調達、工業化、パートナーやサプライヤーとの関係などすべてを担当しています。TECWECシステムは、デジタル主権を達成し、データの所有権をユーザーに返すという野望を掲げています。

[Guillaume Dumanois] : 私は1998年にアルストム社の代理店としてキャリアをスタートさせました。最初の数年間は、輸出向けの大型インフラプロジェクト(メトロ、工場)に携わり、通信ネットワークの展開を担当しました。その後、2006年にアルカテルグループに入社し、パリ地下鉄1号線の自動化のための「WiFi Sol-Train」プロジェクトの管理を引き継ぐまで、いくつかの役職に就きました。2013年の初めにアメリカモデルのテストに行くことにして、Honeywell Building Solutionでオペレーションを担当しました。こうして私が初めてHyperPanel Labに出会ったのは、24,000以上の接続オブジェクトを統合・管理するスマートビルのプロジェクトでした。その後、コネクテッドオブジェクトの世界に全く新しいアプローチ方法を発見し、2017年半ばに入社しました。このアプローチは、HyperPanelチームによって完全に開発された全く新しいオペレーティングシステムをベースにしており、コネクテッドワールド、特にコネクテッドオブジェクトや組み込みシステムの課題に完全に適合しています。

 

[EM]: お二人ともフランスのデジタル企業の集合体であるPlayFrance.digitalに参加されていますが、そのきっかけを教えていただけますか?

[AV]: TECWECシステムに関して言えば、主権というテーマは、その創始者であるWilliam Pecnikによって担われており、この主権を達成することを目的としてAcidOSを設計しました。2002年から仕事を始めた頃から、一人でいるような感覚になることが非常に多くなりました。ですから、フランスをはじめとするヨーロッパのデジタル主権を提唱する団体に参加するのは自然なことのように思えました。

[GD]: 私にとっては、これは我が国の戦略的分野における独立性の喪失という意識の集合体に集約されます。そして、健康危機はこのプロセスを大きく加速させた。Raphael Richard (Néodia)、Pascal Gayat (Les Cas d’OR du Digital, Les Pionniers du Digital)、Matthieu Hug (Tilkal)、Alain Garnier (Jamespot)によって4月9日の朝に開始されたアピールは、私にとって、フランスのテックプレイヤーの意識の証であると同時に、デジタルエコシステムがこの課題に挑戦するために戦い、自分自身を構築する準備ができていることの証でもありました。

 

[EM]: このデジタル主権というテーマは、コビッドや他国への産業依存の現実とリンクして、ここ数ヶ月で新たな局面を迎えています。あなたにとって、この意識はいつから始まったのですか?

[AV]: 先ほども言いましたが、ウィリアム・ペニックが白紙から、既存のコードを使わずに、自分の「道具」を作るためのコンピュータコードを書き始めたのは、2000年のことです。その時から、アメリカ人から推測されたコンピュータのコードに頼らないことが不可欠であると思われた。そこでウィリアムは、すべてを消去して、真っ白な紙から始めることから始めました。彼は狂人でユートピアになってしまった 実際、彼は誰よりも早く潮目が回っていることを感じていた先見の明があった。誰もが私たちのデータを取得し、私たちの同意なしにそれを使用することを防ぎます。TECWECシステムでは、デジタル主権の話題は常に当たり前のこととして扱われてきた。 

[GD]: 2017年半ばにHyperPanel Labに到着すると、アメリカの友人たちがコネクテッドワールドを構成するキーテクノロジー、特にOSとマイクロプロセッサを所有していることに気がつきますが、これは21世紀の新たなブラックゴールドであるデータキャプチャとマスタリーの戦いにおいて、彼らに紛れもない優位性を与えています。そして、この主権をめぐる戦いの中心にあるのは、確かにデータです。石油に例えるなら、私たちの主権は、少なくとも油井を所有している場合にのみ現実のものとなります。これは、その生成からのデータをマスターすることに相当します。

 

[EM]: デジタル主権の話が多いですね。しかし、お二人にとって、うまくコントロールされた主権を実現するために欠かせない柱は何でしょうか?

[AV]: 主権をどうやって獲得するかではなく、どうやって主権を取り戻すかが問題なのだということを、今の段階で明確にしておくことが重要だと思います。私たちはこの主権を持っていて、過去にはこの分野で自給自足をしていました。外資系企業への依存を助長したのは集団的な放棄だった。私の考えでは、主権を取り戻すということは、企業が主権的な解決策についてどのような選択をするかということに気づくことだと考えています。実業家の利益にならない場合は、フランス語の購入を強要することはありません。 AcidOSは、メーカーがデータのコントロールを取り戻すことを可能にします。しかし、これを完全に実現するためには、3つの必須要素が必要です。ハードウェアとOSとツール、それがTECWECシステムがやったことだ。このトリプティックがないと、システムのセキュリティを完全にコントロールできず、データ保護の連鎖でリスクを負うことになります。

[GD]: 私にとってデジタル主権は、まず技術に基づいており、次に法律に基づいています。これはまさに、アメリカ人が日常生活で使用する技術を最初に開発し、地球上に大量に展開し(Windows、Intel、Appleなど)、したがって、すべてアメリカの法律の下で開発し、その後、例えば、クラウド法を通じてデータに関する法律を制定することによって、アメリカ人が行ってきたことと同じです。フランスやヨーロッパに関しては、このアメリカの主権に対するRGPDの唯一の法的対応は、たとえ主権の二本柱の一つであっても、絶対に挑戦には及ばないということに注意しています。したがって、今、主権技術、すなわち、知的財産権がフランスおよび欧州の法律で保護され、ネットワークの4つの重要な要素をカバーする技術に目を向けることが急務となっています。

– 接続機器(IoT)⇒データ生成・暗号化。

– 通信ネットワーク⇒データ通信。

– データサーバー(データセンター)⇒データ保管場所。

– 人工知能(AI)⇒データ処理ツール。

 

[EM]: OSの側面は別として、電子チップや電子部品の製造における産業の自律性の欠如についてはどうお考えですか?

[AV]: 私たちの自律性の欠如は、スキルの問題ではなく、コストの問題です。数週間でマスク生産を再工業化したんだから、いくらコストがかかっても生産するしかなかったんだよ 競争が再浮上した今、品質や生産能力ではなくコストが再浮上している。必要が生じた場合には、部品についても同様である。ヨーロッパは過去にマイクロプロセッサを製造することができましたが、私はそれが再びできることを疑う余地はありません。マイクロエレクトロニクスの導入には多額の資金が必要だが、危機が発生した場合には欧州が救済する可能性が高い。AcidOSをFPGAに組み込むことができる…道は閉ざされていない、意志と手段だけが不足している。

[GD]: あなたは問題の核心に指を当てています。なぜなら、私たちの主権の基盤となっているのは確かに2つの技術(OSとマイクロプロセッサ)だからです。技術的な面でも法的な面(知財)でも、それらを所有しない、あるいは使いこなせないことは、この主権の達成を妨げ、第三国に依存し続けることを余儀なくされます。例えば、5Gを超える技術的なリードにもかかわらず、米国の制裁の結果、追い詰められているHuaweiを例に挙げてみましょう。正確には、これらの制裁は、OS の Huawei の Android オペレーティング システムとマイクロプロセッサを使用するための禁止とクアルコム、TSMC、サムスンなどの通常のパートナーからのコンポーネント供給の停止を懸念しています。アメリカのNvidia社によるARM買収(2016年に日本のソフトバンクが買収したイギリスのグループ)が発表されたことを受けて、フランスやヨーロッパでの反応が非常に低いことに驚いたことを付け加えておきたいと思います。わずか数年でARMはマイクロプロセッサ・アーキテクチャの世界的リーダーとなり、Apple、Qualcomm、Nvidia、MediaTek、STMicroなどの顧客に命令セットを使用する権利を販売しています。今回のアメリカ企業によるARMの買収は、アメリカにおける主権とキーテクノロジーの集中という問題を改めて提起しています。

 

[EM]: 私たちの主権を維持するために必要なOSの習得に戻りますが、HyperpanelはIoTのための独自のOSを開発しています?

[GD]: Hyperpanel OSの執筆は、2007年に非常に単純な観察に基づいて開始されました。メインフレームからパーソナルComputeurへの移行、そしてインターネットの到着のおかげで接続性の時代への移行の後、PCのために、またはモバイルインターネットと携帯電話であるかどうかにかかわらず、それは、次のIT革命は、インターネットの世界への接続を持つオブジェクトから来ることは明らかになった。しかし、当時利用可能だったオペレーティングシステムでは、これらのオブジェクトに結びついた新たな制約(ハードウェアフットプリントの小ささ、オブジェクトとデータのセキュリティ、エネルギー消費量、運用状態でのメンテナンスなど)をすべて満たすことができませんでした。その後、私たちは、ジョン・フォン・ノイマンとアラン・チューリングによって説明されたコンピューティングの基礎に戻って、私たちのOSを書きました。これは、アプリケーションとの入出力の分離と、関連する実行エンジンを持つすべてのドライバとプロトコルの有限状態オートマトンに基づいて、ブランドの新しいアーキテクチャに基づいています。また、この2つの原理を組み合わせることで、使用するマイクロプロセッサの種類に依存せずに、レイテンシ時間を大幅に短縮し、決定論的であるという利点もあります。最終的には、Windows、macOS/iOS、Linuxに相当するGPOS(汎用OS)と、FreeRTOS、Mbedに相当するウルトラRTOS(リアルタイムOS)の両方を兼ね備えたOSを開発することができました。アプリケーション面では、C言語で開発されたアプリケーションとの互換性があり、現在はMicroPythonコンパイラの開発に取り組んでいます。最後に、すべてのソースコードはHyperPanel Labチームによって開発されていますので、お客様にはコードの完全性(ゼロバックドア)と100%フランスの知的財産権を保証します。

 

[EM] : De votre côté Arnaud, pouvez-vous nous faire découvrir Tecwec System, et nous en dire un peu plus sur AcidOS ?

[AV] : 次期OS(オペレーティング・システム)の探索は、現代の最も戦略的な競争である。それは15年以上前に始まったレースであり、膨大な資金と人的資源を必要とし、先史時代のコンピューティングから明日のコンピューティングへの移行に伴うものです。まだまだ目に見えていませんが、2040年には1980年に設計されたSEが使われていると素直に考えていいのでしょうか?新しいSEが引き継いで、世界や明日の課題に適応していく。AcidOSは確かにこれらのリレーの一つになるでしょう。つまり、AcidOSはLinuxカーネルの十三番目のバージョンでもなければ、新しい修正されたディストリビューションでもありません。AcidOSは、完全にゼロから書かれたオペレーティングシステムであり、明日のコンピューティングのために設計されています。2002年から設計・改良され、最新のメモリ管理技術が統合されています。タイプ1のハイパーバイザー(ベアメタル)を内蔵しており、電源投入と同時にすべてのサービスが安全に利用できるようになっています。AcidOSは全てのサービスで600Koを切っています!

AcidOSのもう一つの大きな課題は、異なるOS上の既存のアプリケーションの海です。AcidOSは、再コンパイルせず、書き換えず、修正せず、そのまま使うことにしました。また、IPドメインでは、AcidOSは何も課していません。仮想マシンでは、あなたのコードはあなたのコードのままです。AcidOSは制限を課さず、Windows、Unix、Linux、Androïdのいずれのアプリケーションであっても動作します。

100%フランス製のAcidOSで、TECWECシステムは現在のものを陳腐化させます。

 

[EM]: 主権の概念について、お二人はどのように物事が進化していると考えていますか?

[AV] : 先ほど経験したような経済的な大事件が起こるまでは、進化は大変なものになるでしょう。経済戦争は主権に基づいて戦うことになりそうです。”あなたの飛行機は私の国のSEを使っていない!いらない!” 逆はHTCとAndroidで起きただけで、今もHuaweiと部品で起きている…今のところ欧州の実業家は本気でそう思っていない。そのため、意識することで、和解のプロセスを加速させることができます。その間に何人かは予想していたし、すでに我々と話し合っている実業家もいる。

[GD]: ユーザーが良心的に選択できる可能性がなければ、主権はありません。今日では、OSの世界では、データが制御されているソフトパワーですが、選択は主にアメリカのソリューションに降りてきます。当社のソリューションの技術的な特徴を超えて、アメリカの法律に準拠したソフトウェアの代替案を提供します。一部のクライアントはこの問題に気づき始めており、現在は技術的な議論を行う上での前提条件としています。この概念を取り巻く勢いを増す必要があります!

 

[EM]: 産業主権やデジタル主権の対象者の関心の意識は、現実的で深いものだと思いますか?それが行動に移されることを?

[AV]: メーカーは機能するビジネスモデルに頼っている。なぜそれを疑うのか。まさかアメリカ人がLinuxオープンソースに含まれるライセンスルールを変えられると本気で思っているのか?そうそう、彼らはLinuxオープンソースに含まれるライセンスの搾取を有料にすることができますか? この業界にとって大きな致命的なリスクにどれだけの人が気付き、予想しているのかが本当の問題だと思います。この長期ビジョンの上でこそ、大多数の行動が行われるのではないでしょうか。デジタル主権は概念です。ライセンス料のハード通貨での支払いは、厳しい現実が待っているだろう。

[GD]: この主権意識はまだ比較的最近のことですが、ここ数ヶ月、特に私たちが経験している健康危機の中で加速していることは否めません。残念ながら、産業界や政府のレベルに関わらず、言動の齟齬があまりにも大きいのが現状です。風俗が法である社会に戻ってきました。今、私たちがテレビを買うのは、Netflixにアクセスできるからであって、消費量が少ないからでもなく、フランス製だからでもありません。しかし、現在はこれらの用途の開発に秀でたアメリカ人であり、最終的にはより多くのデータを収集することができます。別のセクター、別の例は、工場 4.0 の管理の周りの Google との契約を作るルノーを見て、その工場のすべてのデータを Montain ビューの会社に渡すことで委託します。

 

[EM]: 私の質問を明確にするために、最近の決定事項、健康データハブのためのMicrosoft Azurクラウド、政府保証融資をBPIレベルで監視するためのAmazon AWSなどを振り返って、私たちの政治家の態度をどう思いますか?

[AV]: 政治は通過しても政権は残る 行政のコンピュータ問題は、政治家ではなく実業家が解決します。100%フランス/ヨーロッパの主権を使用することを義務付ける法律がない限り、行政は、産業家が提案するものを使用し、それを実行し、維持する方法を知っている。主権者でなければ問題ないし、それが機能している。例えば、今のような行政を持たないアメリカと、例えば公共調達のルールなどを比較するのは難しいです。政治家がこの格差を測って法制化するか、物事が変わるまでに時間がかかるかのどちらかだ。もう一つの重要なポイント。例えば、これらのアプリケーションを動かす主権者OSを持たずにAIに何百万も投資するのは、公金で相手のエンジンの燃料代を払っているようなものです。主権は、私たちの資金がこの分野で有効に使われるようにすることでもあります。

[GD]: まさにこのアナウンスと行為の齟齬を図解したものである。デジタルの世界では、経済にとっても私生活にとっても何が問題になっているのかを考えると、その例は私たちの政策から出てくるものでなければなりません。今日、私たちは、あなたが概説している問題に関する決定が、この主権の原則に反し、さらに悪いことに、間違った理由で正当化されていることを目の当たりにしています。 IoTの到来は、フランスとヨーロッパのレベルでこのような推進力があるために生成される大量のデータの観点から、十分に大きく、戦略的な遊び場を構成しています。インフラと連動した主権的な技術レンガ(STMicro、HyperPanel OS、OVHなど)が用意されており、アメリカや中国に対抗して挑んでくる。

 

[EM]: PlayFrance.Digitalの集合体がラインを動かすと思いますか、それともすでにラインを動かしているのでしょうか?

[AV]: この地域のすべての取り組みは、取るのが良いと我々はこの集団とそれが行った仕事に敬意を表しています。主権のルールが周知され、普及していく中で、我々の産業家が反応し、そのリスクに対応してくれることを期待しています。GAFAMSより悪くないフランスやヨーロッパのアプリケーションがありますが、彼らは単にあなたのデータを保存します。PlayFrance.Digitalのプレイヤーは今、お互いに信頼し合う必要があります! また、コンピュータサイエンスを学ぶ学校に行って話をしたり、Linuxは教育や知識の普及には良いが、実業家にとっては危険なこともあると説明したりする必要があります。私たちの工学部の学生は、彼らだけでなく、米国の解決策には信頼できる代替案があることを知らなければなりません。グランドゼコールは、PlayFrance.Digital の代表を受け取ることを申し出なければならない。

[GD]: もちろん!これは、いくつかの問題(ヘルス・データ・ハブ、PGEなど)についての内部告発者としての役割と、その対象を公的な議論に持ち込むことを可能にするメディアへの露出によって、すでに始まっている。しかし、私にとって最も重要なのは、それぞれがそれぞれのレベルで、革新的なソリューションを通じてこの主権を説いている起業家たちの力の結集です。私たちは、フランスが主権のすべての構成要素を自由に使えるようにしているというメッセージを伝えるために、批判的な質量を欠いていました。そして、これはすでに現実に翻訳され始めています。私たちは、TecWec と Arnaud のチームと数ヶ月前から連絡を取り合い、2 つのオペレーティング・システム間の相乗効果を確認してきました。同様に、PlayFrance.Digitalの他にも2社のメンバー企業がすでに存在しており、e-ヘルスやコネクティッドビルディングの分野で新製品を定義し、提案するための協議を行っている。

 

[EM]: インタビューの最後になりますが、最後に一言お願いします?

[AV]: フランスの知識人であり、先見の明の父でもあるガストン・ベルジェの言葉を引用します。いくつかの確立された原則の結果を厳密に描くことは、流行り廃りではありませんし、今後も流行ることはありません。しかし、かつて以上に、大胆な仮説を立て、古い問題を新しい言葉に置き換え、まだ誰もコミットしていない道を試してみることが、今日必要なのである。未来は待っているのではなく、造られ、その結果、最初に発明されるのです。»

[GD]: 私たちは、何事にも確実なものはなく、バランスが容易に問われることを示す不確実な時代に生きています。デジタル技術は、多数の異種接続されたオブジェクトによって生成されるマスデータという新しい時代を迎えようとしています。この時代は、フランスとヨーロッパにとって、アメリカと中国の間の技術的な独占状態を打破するための、またとない機会であると確信しています。そのための技術的・法的手段を持っています。だから楽観的になろう!

 

[1] https://www.linkedin.com/pulse/appel-du-9-avril-pour-une-liberté-souveraineté-et-sécurité-garnier/

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top