Close

フォトニス、サーガの結末?

Source: youtube

今回の事件の結論は、どのようにして指導されているのでしょうか?フォトニスに狙いを定めていたアメリカのテレディン社が、ついにタオルを投げ捨てたという事実は、なぜか?この武勇伝から、この単純な事件よりも幅広い教訓を得ようとしているのだが…

 

どのような問題があったのか?

 

全体のストーリーとそれをカバーした記事を書き換えることを望まずに、要約すると、Photonisは成長と開発を続けるために、多くの企業のように資金を必要としていた。このケースで注目すべきは、いくつかの重要な要素が一致していることです:

  • 小規模ながらも、フォトニス社はフランスの防衛、特に特殊部隊の装備品において主要なプレーヤーである
  • フォトニスは、その卓越した分野であるオプトロニクスにおいて多くの特許を保有しています
  • テレダインはディフェンスの選手でもあるが、アメリカ人の
  • 米国の法律、特に事実上の域外適用を認められていることを考えると、米国の所有権の過半数を持つ企業は、輸出活動が制限される可能性が高いと考えられます…

我々の自律性にとって重要な戦略的技術分野で主権を失うリスクは現実のものです。確かに、アメリカの支配下では、アメリカ国家は自国の技術の使用に制限を課すことができたかもしれません。記録のために、F35のような米軍装備品を購入することを選択した人は、これらの高価な兵器システムの使用を制限することを知らずに、または知りたいと思わずに、潜在的に受け入れています!

 

テレダインのオファーの撤回は何を物語っているのか?

 

注目すべき点の一つは、フォトニス社への投資の可能性は、BPIの少数株主化や、フォトニス社の欧州活動に対する拒否権など、国から課せられた条件(Les Echos)を条件としていたことである。これらの制限はテレディンの抑止力になっています。

このエピソードに関して、私が認めた推測では、テレディンの作戦は、フランスの戦略的自律性を損なうことができるという希望を持って、アメリカ政府とその国防上の利益のために遠隔操作されていたのではないかということです!

確かに、私たちは、私利私欲だけが役割を果たす自由貿易の中にいると信じるのをやめなければなりません。他の分野以上に軍事分野では、アメリカは同盟国を含めて無分割支配を主張したいと考えている。同盟国を従属させたいという思いのもう一つの例が、アメリカが相手国に押し付けている「新世代」戦闘機F35の叙事詩である.

この計画は航空学的には失敗であり、技術的には最終的にはかなり満足のいかない性能(音の壁を長く越えることができず、雷を恐れているなど)であり、運用可能性は悲惨であるが、何よりもアメリカ当局に完全に依存した情報システムが販売されている…航空学的に失敗したとしても、それは地政学的には大きな勝利である!  実際、多くのヨーロッパ諸国を含め、アメリカの圧力に屈したすべての同盟国は、完全な軍事航空産業を維持することができず、この選択に縛られた足と拳で、防衛予算が「吹き飛んだ」状態であることに気づく。フランスは、未だに地政学的な独立性を維持している数少ない国の一つである。だからこそ、アメリカの「お友達」は、彼らの製品よりもはるかに優れたラファールの輸出を阻止するために、全力を尽くしているのです…

 

結論から言うと

 

アメリカは経済的にも影響力のある戦争をしているので、保護環境がほとんどない欧州企業との買い物に迷いはありません。アメリカ人に当てはまることは、中国やロシア人にも当てはまる。

そうですが、これは特定の分野で、防衛の分野で…

しかし、すべての戦略的技術分野において、同じ政策がそれらを動かしている。これは特にデジタル業界に当てはまることなので、注意が必要ですね….

Gaïa-Xのクラウドサービスでヨーロッパの主権について話していますが、まだアメリカや中国の事業者にも開放されます…主権はどこにあるのでしょうか(l’Usine Digitale) !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top