Close

デジタル主権、2020年のマイルストーン

Source

2020年を目前に控え、その年のハイライトを少し振り返ってみるのも面白い。実際、かなり小さなサークルにとっては、産業とデジタルの主権が大きな問題であったとしても、この懸念はメディア-政治的な風景の中ではむしろ弱い反響を呼んでいた。しかし、2019年に見た戦慄は、懸念の問題へと成長していった.…

 

コビド19クライシス

 

もしこのパンデミックが持続し、その管理が欧米・アジアの主要経済(中国を除く)とその医療システムをデフォルトに陥れているようであれば、海外からの、そして主に中国からの供給に依存していることを痛感させられたことでしょう。この急性の意識は、私たちのマスクの在庫管理の災害に直面して発生しました。

私たちは、物資の確保には主権が重要であり、世界的な危機(パンデミックや戦争)が発生した場合には、自国の領土に生産能力を持つことは余計なことではないことを知ることができました。

 

フランスのデジタルプレーヤーの動員

 

デジタル主権もまた、今年の2020年の繰り返しのテーマの一つとなっています。いくつかの時間のために今のところ、政治家は主に脱税の側面で、それらに名前を付けないように、アメリカのハイテク、#gafamに私たちの耐え難い依存を認識するようになっていた場合

私たちのフランスのデジタルプレイヤーは、政治的言説の矛盾、私たちのデータの重要性、そしてこれらの同じプレイヤーによる選択に直面して動員されています。引き金となったのは、アメリカの企業#Microsoftとそのクラウド#Azureの提供(Effisyn-Article1, Effisyn-Article2, Effisyn-Article3, Article Appvizer)の選択によるHealth Data Hub事件であった。結果は、Microsoftの選択を疑問視し、強力なフランスのデジタルソリューションがあることを思い出させる、4月9日のアピールを開始したPlayFrance.Digitalの集合体の作成だったが、それは彼らが#gafamの可視性を持っていないことは事実である。この呼びかけに続いて、夏には新たなプレスリリースが発表された。

このケースが象徴的であった場合、我々はまた、PEG(国が保証する融資)のデータをホストするためにAmazonのAWSのクラウドを選択したり、ルノー(記事)のような国家企業のようないくつかの機関プレーヤーの決定の他のミスを観察してきました…

楽観的な見方をすれば、#gafam が強調されていたとしても、このパンデミックと在宅勤務の大量利用のおかげで、フランスのデジタルプレイヤーや優良企業やスタートアップ企業が動員され、その資質を発揮することができたことに変わりはありません。私が特に考えているのは、#Tixeo#Wimi, #Jamespot、または#Smanckです。

もちろん、PlayFrance.digitaleのこの最初の地図作成で示されているように、彼らだけではありません

 

Source: PlayFrance.Digital

ヨーロッパの反応

今年に入ってもう一つ重要なマーカーとなったのは、欧州連合の司法裁判所によるプライバシーシールドの無効化(条文)で、米国では欧州の保護に比べて個人データの保護が不十分であることから、米国とのデータ交換に疑問を投げかけています。

この決定は、すべての企業ではまだ十分に測定されていない結果は、本質的に従業員、顧客、または健康産業の場合には健康データの多くの個人データを交換しなければならない大規模な国際的なグループにとっては、法的な頭痛の種になるリスクがあります(記事)。

欧州からやってくる2020年末のもう一つのキーイベントは、12月15日にティエリー・ブルトン氏(SiècleDigital))が欧州デジタルサービス法とデジタル市場法を発表したことだ。4500万人以上のユーザーを持つデジタルプレーヤーは、これらのルールの対象となる…。もしこれらのルールに大きな不適合があれば、これらのプレイヤーを解体するところまで行く可能性もあるだろう……。

 

結論から言うと

 

私が何度も指摘する機会を得たように、現状に満足できない場合でも、楽観的な見方で終えることができます。意識は現実のものとなっているようで、特に欧州レベルでは、欧州の生態系を保護する枠組みを取り戻そうとする具体的で真剣な動きがあります。

しかし、それには、アメリカや中国のデジタルプレイヤーに代わる深刻な主権者が存在することを認識できるように、官民の意思決定者を慣らしていく必要があり、絶え間ない闘いとなるでしょう。

2021年には、時間をかけてこのような意識のインストールを見ることができるようになるだけでなく、デジタル経済のリバランスを可能にするような行動を期待しましょう……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top