Close

フランソワ・ビーバーの4月のインタビュー

フランソワ・ビーバーKwanko社のオーナー兼創業者)へのインタビュー。彼の起業家精神は、デジタルマーケティングの分野で、認められたノウハウを持つ国際的な企業を築くことを可能にしました。彼の話を聞きながら、「デジタル主権」についてもお話を伺います。

 

[Emmanuel Mawet] :  フランソワさん、このインタビューに答えてくださってありがとうございます。あなたの起業家としてのキャリアについて、いくつかのポイントを教えてください?

[François Bieber] : こんにちは、Emmanuel。ご招待いただきありがとうございます。私はもともと起業家ではありませんでした。工学を学んだ後、戦略コンサルティング会社に入社しました。そこに8年いて、その後、銀行に3年入りました。2003年、「自分の会社を作りたい」という思いが何よりも強かった。私は67年前から個人情報に関するアイデアを持っていて、それを立ち上げました。残念ながら、このコンセプトが今の時代に流行するかというと、それは早すぎました。数ヶ月後、私とパートナーは、パフォーマンスベースのデジタルマーケティングに軸足を移しました。20041月、NetAffiliationプラットフォーム現在のKwankoを立ち上げました。それ以来、私たちは力強い成長を遂げてきました :

  • 2008年には、Kwankoの国際化を開始。
  • 2011年には、EY-Les Echoes賞の「未来の会社」を受賞しました。
  • 2012年には、モバイル広告会社であるSwelenを買収し、最初の買収を行いました。
  • 2014年には、EmailBiddingの株式を取得しました。
  • 2019年、私たちは市場で最高のツールの一つとなるよう、プラットフォームの完全なオーバーホールを行っています。

この旅には、もちろん落とし穴や失敗もありましたが、それについては後述します。成功とは、失敗よりも成功が多いことだ」という言葉にいつも感銘を受けます。

[EM] :  現在のKwankoをいくつかのキーワードで表してください。あなたにとって最も重要な業績は何ですか?

[FB] : 現在、Kwanko社は売上高4,000万ユーロ以上、従業員140名以上、8カ国で事業を展開しています。私にとって重要な業績はたくさんありますが、最も基本的なものは、すべての共同作業者とともに歩んできた道です。

[EM] : 今後の抱負をお聞かせください?

[FB] : 今、私たちは市場の変革期にあります。Covid危機とそれに伴う異変、そして技術的な異変GDPRe-privacyが組み合わさって、チャンスを生み出しています。Kwanko社にとっては、これまでの技術投資により、新しい顧客と新しい市場を獲得する機会となります。私たちの野望は、私たちのノウハウと専門知識によって、お客様のためにますます多くの価値を創造することです。また、GAFAによるインターネットの「集中化」という課題にも直面しています。また、これらの強豪に対抗して、多くのプレイヤーが登場するようにするのも我々の役割です。

[EM] : 私はあなたに質問しなければなりません、現在のパンデミック、どのような影響が?

[FB] : パンデミックには2つの効果がありました。

最初の段階では、マイナスのインパクト。危機という「サプライズ」に直面して、多くのお客様が最初に感じたのは「支出を止める」ということでした。このような決定によって最初に影響を受けるのは、マーケティング費用であることが多い。

封じ込めのショックから23ヶ月後には、危機のポジティブな影響を受けました今も受けています。もちろん、すべてのデジタル活動が爆発的に増加し、それが私たちに良い影響を与えました。

[EM] : 今回のパンデミックは、私たちの業界の弱点を浮き彫りにし、私たちが依存していることを認識させました。あなたにとって、デジタル主権は自問自答したことがありますか ?

[FB] : 私にとって、デジタル主権というテーマは、テレビ番組で振りかざされる政治的なテーマです。この種のテーマではよくあることだが、言説は現実と「全くかけ離れて」いる。2つの例を挙げてみます。

税制の歪みGAFAとフランスのデジタル企業の待遇を比較すると、税制にはとんでもない差があります。GAFAはほとんど税金を払っていないのに、フランスの選手たちは売上や利益に応じて税金を払っている……このような状況が20年前から続いており、これらの企業が同じ土俵に立つことを要求することは非常に可能でした。

規制の歪みフランスはまたしても自国の企業を不利にし、アイルランドの企業を有利にしています。

 ですから、私にとってデジタル主権の話は、政治がすでに基本的な仕事をしている場合には意味があると思います。今日、私は残念ながらその逆だと思います。デジタル分野でそしてきっと他の多くの分野でもフランス企業であることはハンディキャップなのです……フランス人は自分たちの企業を誇りに思うべきです。なぜなら、彼らは競争力を持ち、国の機能に貢献しているからです。

[EM] : あなたにとって、ホスティングソリューションの主権問題は重要な問題、あるいは長期的に重要になる可能性のある問題ですか?

[FB] : ホストの問題は確かに主権の問題ではありますが、主に米国をはじめとする特定の国の法律が原因です。これは、データ保護と域外適用の2つの側面に関するものです。ここでもまた、政治による規制の問題である。アルストム社のケースは、経済戦争における「法律」という武器の使用の教科書的な例です。欧州が、世界経済の変化は権力闘争に基づくものであり、その結果、市場ルールの適切な機能を維持するためには強さが必要であることを理解していない限りは。デジタル領域に目を向けると、アメリカ、中国、ソ連には、グローバルな競争で活躍できるプレーヤーがいることがわかります。欧州は、競争の歪みに直面して、自国の市場の機能を規制することができませんでした。それどころか、優良企業を弱体化させるような法律を導入しています。この分野の代表的な企業の1つであるCriteo社に対するGDPRの影響を見てみましょう。

[EM] : このようなデジタル主権の観点から、私たちはしばしばデータに注目します。技術的に対応する前に、欧州はRGPDを導入しましたが、その影響はどのようなものでしたか?

[FB] : この分野ではよくあることですが、地獄への道は善意で舗装されているものです。RGPDは世界的な進歩を遂げており、他国例えばブラジルでもモデルとして採用されています。本当の意味で進歩している要素はたくさんありますが、そのうちの2つを紹介します。

共同責任データ管理者という概念により、主体者は責任ある行動をとることを余儀なくされています。新しい」市場ではよくあることですが、法律にいちゃもんをつけるプレーヤースパムなどがいますが、これで事態が一掃されました。

データ利用に関する消費者保護このテーマについては、明らかに悪用されており、規制が必要な状況にあります。

では、地獄への道は善意で舗装されているかというと、それは法律とその適用があるからです。例えば、スパムに関しては、CNILは仕事をしていません。一方で、非常に議論の多い解釈の点で企業に制裁を加えることもありますが、そうするとその企業の評判が落ちてしまいます。

立法上の問題というよりも、法律の設計と適用の問題だと思います。例えばドイツでは、国と企業の間で協議を行い、政策が経済にプラスの影響を与えるように、結果(プラスとマイナス)を測定しています。

[EM] : 昨年夏以降、欧州連合司法裁判所(CJEU)の判決により、プライバシー・シールドに異議が唱えられ、米国とのデータ交換が損なわれていますが、どのような影響があるとお考えですか?

[FB] : いつものことですが、ヨーロッパ、特にフランスでは、国際的な競合他社には適用されない、ヨーロッパやフランスの企業にのみ適用される制約や要件を設けるのが得意です。プライバシー・シールドは正しい方向に向かっていたが、今は一貫性に欠ける.

[EM] : このような問題意識は、フランスのデジタルプレーヤー数社による団体「PlayFrance.Digital」にも反映されています。この取り組みについてどう思われますか?

[FB] : これらの集合体は正しい方向に向かっており、有用なものだと思います。基本的な問題は、フランスや欧州の規制当局の役割にあります。規制当局は、自分たちの役割は欧州市場の適切な機能を確保することであり、欧州経済の発展を確保することであるという2つのことを理解していません。これまで規制当局は、欧州のプレーヤーよりも海外のプレーヤーに有利なアクセスを「提供」してきました。欧州におけるGAFAの支配の例は典型的なものである。彼らは独占的な地位を築き、競争をなくすために仕事をし、欧州の競合他社よりも有利な税率の恩恵を受け、当局による規制が全くない。その結果、欧州にはスタートアップやスケールアップが溢れているが、チャンピオンは現れない。そして、企業が現れる可能性があっても、買収されるか、規制当局がその企業の下からラグを取り除くようにしている。

[EM] : このインタビューもそろそろ終わりに近づいてきましたが、最後に結論をお願いします?

[FB] : まず、この招待状に感謝したいと思います。最後に、欧州にはデジタルの分野で多くの強みがあり、並外れた創造性があることをお伝えしたいと思います。デジタルにはサイクルがあるので、次の数年で、多くの価値を生み出すプレーヤーが現れることを期待しています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top