Close

トラステッドクラウド」に対抗するソブリンレーベル

Source: Pixabay

デジタル主権という概念をどうやって導入するか?ブルーノ・ルメールが発表した “Trusted Cloud “に見られるように、アメリカのデジタル企業に対する政府の怠慢と従属を目の当たりにして、私は以前からこの疑問を抱いていました。

 

このフランス病、誤解が !

 

今回の政府の発表が、非常に徴候的であると感じるのはなぜだろうか。またしても嘆かわしいメッセージで、アメリカの技術を通す以外に解決策がないので、「Trusted Cloud」を通すべきだと……この考え方の背景には何があるのでしょうか?それは、#gafamがフランスのプレーヤーに彼らの技術をライセンスすることを求めることです。これは、データ主権の問題を部分的に解決するものであっても、アメリカの技術的優位性から私たちを守るものではありません。

この考えは誤りであるだけでなく、成熟した技術的に独立したフランスのデジタル・ジャイアントが出現する可能性の芽を摘み取ろうとしているに等しく、何よりもアメリカへの属国化を批准しようとしているのです。

ある技術レベルでは、特にチップやプロセッサーに関する専門知識やスキルが失われているのは事実ですが、他の分野ではそうとは言い切れません。アメリカの巨大デジタル企業の成功は、フランスの技術特許を購入することで達成されたことを覚えておく必要があります(タッチスクリーンのアップルなど)。

また、ソフトウェアの世界では、フランス人はまたしても非常に積極的で、リファレンスとなるようなソリューションを提供していることも忘れてはなりません(例えば、VLCや、アメリカの会社に買収されたとはいえ、Jitsiなど)。

ですから、少なくとも能力やイノベーションの観点から、アメリカの覇権に対抗する能力がないと考えるのは明らかに間違っています。

 

どのような結果になるのか

 

すでにいくつかの記事(記事1, 2, 3)で議論する機会がありましたが、デジタル主権は極めて重要な問題です。そして、主権のあるクラウドという要件から「信頼されるクラウド」に移行することは、主権のレベルを下げ、米国の支配を受け入れることを意味し、その結果、さまざまな問題が発生しますが、その概要を簡単に説明します。

まず第一に、最も明白な影響は経済的・産業的なものです。これらのスキルは、いずれ私たちから失われ、雇用は破壊され、未来の産業ではこのようなことが起こるでしょう。

その結果、地政学的には、アメリカの要求に従うことになり、誰と貿易をする権利があるのかを決めることになります。アメリカの工業技術を使うことで、ロシアやエジプト、中国などとの市場を確保できなくなる可能性があります……そう、アメリカが利益に反すると考える市場を確保するために、アメリカからライセンスを得るのは難しいのではないでしょうか(私たちはこの苦い経験をしました。特にエジプトとの軍事契約では、署名後に具体化することができず、私たちのミサイルにはアメリカ製の部品(チップ)が1つしか使われておらず、輸出を禁止されました)。

しかし、もう一つの結果があります。これは完全に過小評価されていますが、私たちがそうさせてしまったからです。これは文化的な結果です。最も象徴的な例は、デジタル業界におけるアングロサクソン系の名称のヘゲモニーであり、技術用語に限らず、フランスのデジタルソリューションに付ける名称にもその傾向が見られます。このようなことは些細なことであり、笑ってしまうようなことかもしれませんが、考え方や社会のモデルに影響を与え、文化的な特異性を消失させてしまうのです。

これらの結果は、デジタル主権を維持するための戦いがいかに重要であるかを示しています。また、この戦いは、経済的・産業的な部分が非常に重要であるとしても、それだけではありません。

 

何をすべきか?

 

私たちは残念ながら、政府の「エリート」がアングロサクソンの影響下にあり、時代遅れであることを認識しなければならないと思います。この点については、コンフィデンスクラウド事件が象徴的である。

そのため、フランスのソリューション・パブリッシャーやデジタル・サービス・プロバイダー、さらにはフランスのエンジニアリング会社やコンサルティング会社など、すべてのデジタル・プレーヤーを動員する必要があります」と述べています。しかし、もうひとつの重要な要素である消費者の存在を忘れてはなりません。消費者にこの問題を理解してもらい、彼らのニーズに合ったソリューションを提供することができれば、戦いの大部分が容易になります。

私たちは、#PlayFranceDigitalの集団が、フランスのデジタルプレーヤーを代表することを使命とした、一種のプロの組合になることも考えるべきでしょう。その使命は、これらのソリューション、デジタル主権、市民のデータ保護を推進することです。想定される活動としては、古典的なプロモーション活動や、デジタル主権を真に強化する規範的な解決策を提案するために、フランスやヨーロッパの政治当局に働きかけることなどが挙げられます。

また、「#sovereignanddigital」ラベルのソリューションを明確に特徴づける証明書の使用をサポートすることも必要です。私には適切と思われるものがあり、それは存在するメリットがあります:Privacy Tech の「Sovereign Solution」です.

フランスのデジタルアクターがこれを利用し、利用することで、利用者や利用方法の処方者が、使用するソリューションや技術の主権的性質を明確に立証できるようにすることが重要であろう。

 

結論

 

道のりは険しく、戦いは困難ですが、私たちは挑戦しなければなりません。デジタル分野でのフランスの優秀さは、敵も認めています。敵は、特許を回復するためにいくつかの新興企業を買収してきますから。

私たちは、同じ武器を使うことをためらってはならないし、彼らの地で戦わなければならない。そう、今こそ我々が置き去りにしてきた征服の精神を見出す時なのだ! それを見つけるだけでは不十分で、それを恥じてはいけないし、思い込まなければならないのです  戦いは美しく、戦いにふさわしいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top