Close

フランス政府は、デジタルに関する経済戦略を持っていますか?

Source: Pixabay

これは非常に正当な質問だと思います。デジタル領域での閣僚たちの不規則な行動や逆転は、特に信頼されるクラウドとなった主権者のクラウドの歴史については、控えめに言っても一貫した兆候と言えます。多くの人は、善し悪しは別にして、これは無償の、むしろ根拠のない攻撃だと思うだろう。この記事では、私の言っていることが、決して突飛なものではないことをお伝えしたいと思います。

 

グローバルレベルでの国家の役割とは何だと思いますか?

 

主権国家の政府は、その機能の柱である王権の帰属を別にすれば、自国の経済発展を確保し、富を増大させるために、国内市場と産業を組織することを目的としています。このようなことを言うのは、一見、当たり前のことのように思われるかもしれませんが、私が言いたいことを明確にするために、かなり基本的な真実を思い出すのは良いことだと思います。

また、バリューチェーンの一部が移転することで貧困化し、雇用にも悪影響を及ぼすという事実も、議論の鍵を握る要素だと思います。私がバリューチェーンの話をすることにしたのは、単に産業の移転の話をしても、あまり同意を得られないからです(討論会-Cairn情報)。確かに、ある製品のバリューチェーン全体が自分のテリトリー内にあれば、その製品が自分の市場で買われようが、輸出されようが(この場合はさらに)、すべての利益を得ることができることは容易に理解できます。この推論は単純なものです。なぜなら、当然ながら、このバリューチェーンのさまざまな段階をマスターするために、あなたの地域の能力を考慮する必要があるからです。

政府は、自分が代表する産業部門を守ることを期待されている。 実際、農務大臣が、フランスのワインはカリフォルニアのワインより美味しくないと言ったことがあるだろうか?しかし、デジタル担当大臣のセドリック・オ氏と経済産業大臣のルメール氏は、「Trusted Cloud」プロジェクトを中心に、これを計画的に実行しています。そこで、Quadrature du NetのBenjamin Bayart氏(ビデオ参照)の言葉を借りれば、これは確かに法的リスクから身を守るためのCIOの決断であるが、産業指向戦略を考慮に入れていないということになる。

このような産業界の野心の欠如は、多くの分野で見られますが、防衛などのデリケートな分野では、いくらでも共同プログラムを作りたいという願望が、将来の運用能力に影響を与えることがあります。しかし、これはこの記事の主題ではありません。

 

フランスにおけるデジタルの戦略は?

 

これは興味深い質問であり、受け入れられるコンセンサスには至らないものです。しかし、この問いに答えるためには、「デジタルとは何か」という出発点の仮定が必要かもしれません。

トップレイヤーのソフトウェア部分、つまり用途の話だけですか?クラウドとは、データやアプリケーションのホスティングのことでしょうか?パソコンやスマホ、タブレットのOS(アメリカのメジャーなものではWindows、Android、IOS…)のことでしょうか。それとも、コンピュータやサーバー、スマートフォンなどのハードウェアの話もしているのでしょうか?それとも、バリューチェーン全体に対応しようとしているのか。

この質問をすると、フランスのデジタル分野のプレーヤーの中には、(ほとんどのレベルで)戦いは負けたと考え、ソフトウェアのレベルに集中しなければならないと考える人が一定数います。特に起業家にとっては、現在のドクサを疑うことなく、シンプルな経済的ビジョンの上で、聞くことができる議論です。

また、私のように、このようなビジョンを共有せず、より地政学的なビジョンを持とうとする者もいます。中国を例にとると、確かに規模は違いますが、中国はどのような戦略でデジタル技術の主要プレイヤーになったのでしょうか。単純化しすぎですが、この戦略には大きく分けて2つの柱があると考えることができます。私の考えでは、次のようになります。

  • 国内市場を確保することで、設立間もない企業を保護することができた保護主義的な政策。この保護主義には、外国企業が事業を立ち上げようとする場合、技術を移転しなければならないというものも含まれており、これにより外国企業は高速でキャッチアップすることができた。テクノロジカル
  • 国の経済的ニーズを考慮した教育方針と、猛烈な選抜政策により、ハイレベルなエンジニアを「輩出」することができる。デジタル分野に限らず、画期的なイノベーションの出現を可能にしているのは、このようなエンジニアたちなのです。

この25年から20年の間に、我々のリーダーたちは、本当にこの問題を解決してきたのだろうか?

したがって、フランスのすべてのデジタルプレーヤーと、デジタル分野における産業、経済、文化の独立性を維持することの重要性を認識している一般市民が動員され、将来のすべての大統領候補者に良い言葉を「説く」ことが極めて重要です。私から見れば、これは我が国の大きな、そして構造的な問題です。

 

結論

 

主権を持ったデジタルエコシステムが我が国で繁栄し、成長するためには、様々な要因が重なる必要があります。私たちには質の高いエンジニアが必要です。また、多くの起業家精神を必要としていますが、特にソブリンソリューションのマッピングに見られるように、この豊かさは存在しています。そして何よりも、この生態系を組織化し、構造化し、保護するための政治的意志が必要です。私たちは、国に主権のあるソリューションを自ら生み出すことを求めているのではなく、期待されるサービスの質という点で厳しいクライアントであり続けながら、成長を加速し、強固なものにするための適切な環境を提供することを求めているのです。PlayFranceDigital」が提案する武器の1つは、公共の注文の50%をソブリン・プレイヤーに割り当てることです。

私たちは、このテーマに対する意識が高まっていると感じています。大統領選挙を機にこのテーマを進め、各陣営の候補者に番組での見解を求めていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top