Close

デジタル主権:PlayFrance.digital憲章

Source: PlayFranceDigital

2020年4月に誕生したPlayFrance.Digitalの集合体には、300人以上のフランスのデジタルアクターが集まり、その大半が起業家です。この集団は、主権のあるデジタル、すなわち、アメリカ(GAFAM社)でも中国(BATX社)でもない第三の道を構成する強固なエコシステムの構築を目指しています。私たちは、ハードウェアからソフトウェアまで、そして未来の産業を発展させる新たなブラックゴールドであるデータも含めて、デジタルバリューチェーン全体に対するフランス、あるいはヨーロッパのソリューションの開発を期待しています。私たちは、深刻な脱工業化が進んだフィジタル社会において、適切な対策を取らなかったために起こった石油危機に匹敵するような事態を再現したくはありません。

PlayFrance.Digital団体が支持している強力な施策の1つは、国や地方自治体がデジタル予算の少なくとも50%をフランスのプレーヤーに充てることを望んでいることです。これには、強固で持続可能なエコシステムの構築と、最近の出来事で明らかになった外国企業への公共部門の依存からの脱却という2つの目的があります。

これは、IT50+Objectif Franceのデジタルプログラムでも採用されています。

署名者の中には、Cozycloud、Digimind、Jalios、Jamespot、Olvid、Mailo、Marketor、Smartrezo、Talkspirit、Tilkal、Whaller、Wimiのディレクターをはじめ、Forum Atena、Inter-Ligere、Les Cas d’or、そしてJM Billaut、L. Bretones、D. Douani、F Elboin、J. Toledano、D. Fayon、yours trulyなどのデジタルプレーヤーも含まれています。

 

PlayFranceです。 デジタル社は、ヘルスソリューション(Health Data Hub)や国家保証ローン(BPIのPGE)の管理、防衛や産業の問題については、政府はアメリカのソリューションを選択し、我々はアメリカの政治や善意に従属しているという事実に基づいて、憲章を発表しました(Azure、AWSなど….)。 デジタル技術を担当する国務大臣が、アメリカの大手デジタル企業の色をあしらったTシャツを誇らしげに着ている姿も見られます。

プレイフランス・デジタル・チャーター

ドキュメントの目的

この文書の目的は、共通の価値観とデジタル主権の共通の定義を採用するために、集団の各メンバーが遵守することを約束する憲章を定義することです。この憲章は、集団のメンバー間の関係において、また、まだ集団に参加していない、あるいは参加を希望しないデジタル主権のアクターに対して、倫理的かつ慈悲深いコミットメントの価値を持つ。

コンテクスト

2020年4月には、フランス(欧州)の出版社のソフトウェアソリューションを促進するために、「Play France Digital」という集団が結成されました。コミュニケーションを中心としたいくつかの活動が行われ、「大手」プレーヤーや、残念ながら政府とは異なる声を上げ始めました。

GAIA-Xの進化は、クラウドをサポートポイントとして活用することで戦略を刷新し、新たなスタートを切る基盤になると期待していたのですが、非常に残念な結果となりました。 その決定打となったのは、政府が最近発表した、米国の技術に頼ることができる「トラステッド・クラウド」という概念や、「クラウドを中心に」という方向性で、これは行政を獅子身中の虫にしようとしています。

デジタル主権の問題は、デジタル・バリュー・チェーン全体に関わるものであることを忘れてはなりません。

  • ハードウェア(PC / スマートフォン / サーバー / ルーター / スーパーコンピューター / プロセッサー / ネットワーク / テレフォニー
  • ソフトウェア(最下層から最上層まで
  • -データは

機会

プレイヤーの多くは小規模で、GAFAMのスチームローラーや、道を踏み外したくない大企業や行政の選択を支配する慣性の前では、自分たちの声を届けることが難しく、その解決策は検討されません。

また、時には競争相手でもありますが、「数の力」という格言にあるように、それらを超えた共通の関心事を持っている場合もあります。より熱心なアクターの小さなグループは、この目標に向けて努力したいと考えている人々の間で真摯なパートナーシップを可能にするいくつかのルールを採用することで、行動の一貫性が高まると確信している。

コミットメント

本憲章の署名者は、以下のことを約束する。:

  • デジタル主権のための戦いを支援する.
  • 続いて、我々のソリューションの主権を構成する以下の要素を実施する:
    • 特にフランス人のお客様には、ソブリンのホスティングを提供しています。国際市場を制覇するためには、他の宿泊施設を利用することも十分に可能ですが、差別化された、しかし水密性の高い宿泊施設を提供する必要があります。フランスやヨーロッパを中心とした資本のプレイヤーが運営する
    • o トラッキングデバイスは、主権の目的に照らして、個人の自由を尊重して検討しなければならない。
  • 現在も不可欠なソーシャルネットワークやGAFAMsのソリューションに加え、集団のコミュニケーションのためのソーシャルネットワークやメディアなど、既存のソブリンのソリューションを利用すること。
  • 集団のために、集団の厳格な枠組みの中で、自分たちのソリューションやプラットフォームを無償で提供すること。
  • 集団の各メンバーに対して、その経済モデルや、集団に参加している可能性のあるソブリンの競合相手の経済モデルのバランスを崩さないような優遇レートを提案すること。お互いにサポートし合い、エコシステムを作ることが目的です。
  • すべての新規および革新的なイニシアチブをサポートする(開発者のスポンサー、スタートアップ企業
  • アメリカや中国の各ソリューションと、それに相当するフランスのソリューションを比較できるよう、同等性の表を作成する。これにより、各メンバーがそれぞれのポジショニングをよりよく理解できるようになりますが、私たちの様々なコミュニケーションにも活用できます

 

自己調整

このルールは、提案されたアクションの精神を反映して十分にシンプルに記述されています。

彼らが自由に受け入れてくれることが、このミニコミュニティで与えたり受け取ったりするための必要条件です。 受け取るためには与えなければならない」というルールは、共通の行動の「燃料」として理解されているはずです。

寄生虫」的な行動は明らかに許容できず、他の逸脱行為と並んで、メンバーの誠実さを頼りにしているこのグループから排除される理由となります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top