Close

11月のインタビュー:Aurélie Jean

Source: Frédéric Monceau

アルゴリズムの専門家であり、研究者、起業家(DPEEX, ISV)であり、私たちの生活に重要な影響を与えるこれらのテーマを普及させるための書籍のベストセラー作家であるAurélie Jeanへのインタビュー。このインタビューでは、アルゴリズムから人工知能(AI)、そして忘れてはならないデジタル主権まで、さまざまなテーマについて話し合います。

[Emmanuel M] : こんにちは、Aurélie。まず最初に、このインタビューを受けてくれてありがとう。あなたのバックグラウンドと原動力について、一言で教えてください。

数学、物理学、機械学(コンピュータサイエンスを副専攻)を学んだ後、材料の計算力学と数学的形態学で博士号を取得しました。その後、計算科学を医学に7年間(ペンシルバニア州立大学、MIT)、金融に2年間(ブルームバーグ)応用しました。2018年以降、私はコンサルティングと開発(In Silico Veritas)、医療における2番目の会社DPEEXを生み出した研究、教育、執筆(特にLe Pointでのコラムと著書)に時間を割いています。

 私が日々のモチベーションとしているのは、モデリングとアルゴリズムシミュレーションによって、大きな問題である具体的で複雑な問題を解決する能力です。多くの科学者やエンジニアがそうであるように、私もインパクトのある問題に取り組むことで、この世界を理解し、より良い場所にすることに貢献しています。例えば、乳がんの診断前に検出するDPEEXを生み出した問題などです。

 

[EM] : アルゴリズムを作る上での偏りは、多かれ少なかれ避けられないものだと説明していますね。それを避けるための主なツールを簡単に教えてください。

私たちのコードにバグがないとは言えないのと同様に、私たちの技術にアルゴリズムのバイアスがないとは言えません。とはいえ、リスクを最小限に抑えるために、グッドプラクティスに沿ってアルゴリズムを設計していると言えます。これには、ビジネスとの話し合い、開発時のテスト、デプロイ時のテスト、そして本番(アルゴリズムが何百万人もの人に使われることもある)でのテストが含まれます。また、アルゴリズムを学習・校正した後に、そのロジックの一部を抽出する計算方法もあります。これはアルゴリズムによる説明可能性の計算と呼ばれています (L’Observatoireから出版された私の著書 ” les Algorithmes font-ils la Loi? “の中心的なテーマです)。

 

[EM] : 私たちは、社会のデジタルトランスフォーメーションの進展を見守ることしかできません。ジャック・エリュールやミシェル・オンフレーなどの哲学者が唱えた、人間が再定義されてしまう危険性についてどう思いますか ?

 

残念なことに、一部の知識人はこれらの技術がどのように機能するかを具体的に理解していないため、技術的に正しい議論をすることができず、残念ながら今日のような劇的な姿勢から脱却した解決策を提案することができません。確かにコモディティ化のリスクはありますが、決して避けられないものではありません。しかし、これを実現するためには、現実的で実用的なソリューションを構築するために、科学的・技術的な裏表を理解する必要があります。これは、哲学者のガスパール・ケーニッヒがAIの世界への旅の間に行ったことであり、2019年にL’Observatoireから出版された彼の優れた著書「La fin de l’individualu」(個人の終わり)を生み出した。彼は、一般的な統計的傾向を強く意識することで個人を均質化し、個人の独自性を失ってしまうテクノロジーの機能について、具体的な議論を展開することで、個人の統一性の終焉を告発しています。多くの場合、彼は技術的な角度から議論を始めます。非難だけではなく、人間性に対するリスクや脅威を回避しながら技術の恩恵を受けられるような対応を組み合わせていく必要がある.

 

[EM] : アルゴリズムに基づく人工知能について、このグローバルな競争の中で、フランスとヨーロッパはどのような立場にあるのでしょうか。

アメリカなどと比べると、民間や公共の予算は明らかに限られています。とはいえ、私たちには優れた才能があります。アルゴリズムを革新するための戦略を考えるとき、「フランス」だけを考えていてはいけないと深く思います。それどころか、データを組み合わせ、才能を結集し、技術を共有するために、ヨーロッパを考えなければなりません。RGPDは、パーソナルデータの収集と利用における革命であり、私たちはこれをさらに活用しなければなりません。あまり知られていませんが、RGPDはCCPA(California Consumer Privacy Act)などにも影響を与えています。.

 

[EM] : 主権について話そう。あなたにとって、デジタル主権は有効な概念ですか?私たちのリーダーや産業界の人々は、この課題の程度を本当に考慮しているのでしょうか?

主権は確かに政治的な問題であり、私は『Le Point』誌のコラムの中で「デジタル主権は何よりも政治的な問題である」と説明しました。候補者の技術力や科学力だけに頼ってソリューションを選ぶと、大規模で効率的かつ効果的なプレーヤー(多くの場合、アメリカ)のソリューションを体系的に採用することになります。国は、自国内での新技術の開発に有利な環境を整えるだけでなく、フランスや欧州の特定のプレイヤーの経済成長を促進するために、明確な選択をする意思がなければなりません。例えば、国民の健康データをホストするためにフランスのプレイヤーを選択することなどです。理論的には、政治や経済のリーダーたちはこのことを認識していますが、実際にはまだ明確な戦略を持っておらず、機会損失が発生しています(もう一度、健康データハブについて)。

 

[EM] : 地政学的な緊張が高まり、紛争が多発する状況にあって、デジタル主権は我々の利益を守ることができると思いますか?

逆効果のナショナリズムに陥ることなく、デジタル主権を構築しなければなりません。そこが難しいところです。これを可能にするのは、一貫した野心的なビジョンを構築するために、リーダーがSTEMと技術の進歩についてよりよく知ることです。

 

[EM] : Aurélie、そろそろこのインタビューも終わりに近づいてきました。改めてお礼を申し上げたいと思います。視点の多い結論を一言でお願いします ?

最後に、読者へのアドバイスをさせていただきます。二元的な世界や運命的な考え方を提示されたときには注意が必要です。人生にはしばしばニュアンスがあり、私たちには常に選択の余地があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top