Close

拡張人間

オーグメンテッドマン、人類の終焉?

オーグメンテッドマン:何の話か?

オーグメンテッド・マンを語るとき、私たちは何を語っているのでしょうか?Larousseの “increase “という動詞の定義に従えば、「何かをより大きくする、より大きくする、つまり、その最初の能力を増大させる」という意味になる。人間に当てはめると、より強くすることが目的になるのでしょうか?より賢くなった?耐性が強い? ウィキペディアでは、この概念は、自然または人工的な手段によって、人体の現在の限界を克服する一時的または永続的な試みを指す。

しかし、この考え方は、アメリカのデジタル大手のリーダーたちが担っているこの特別なイデオロギー、トランスヒューマニズムを抜きにしては語れない。このイデオロギーは、人間がテクノロジーのおかげで「人間以上になれる」「長生きできる」「より賢くなれる」「より創造的になれる」「より効率的になれる」という夢を売るものである。(Transhumanisme). このイデオロギーは、ホモ・デウスの次の進化であると主張し、その結果はポジティブとは程遠く、時には優生学になびくこともある(L. Alexandre)…

この概念を確立することで、我々は2つの要素を視野に入れることができるようになる。すなわち、人間の増強それ自体は悪いことなのか、そしてテクノロジー、特にデジタル技術はどのような役割を果たすことができるのか、ということだ。

では、オーグメンテッドならどうでしょう?

ウィキペディアの定義に戻ると、したがって、人体の一時的または永久的な改造である。したがって、スポーツドーピングの場合の薬物の使用は、増強の一形態と考えることができる。このような特殊な状況において、あらゆるコストをかけてパフォーマンスを追求することは問題であり、深刻な道徳的問題を提起しています。このことは、さまざまな指導者が知的能力や抵抗力を高めるために薬物を使用したことにもある程度見て取れる。利益を見れば、倫理的な限界があるのはもちろん、それに溺れた人が健康面で負うリスクも見えてきます。

しかし、もうひとつ「ヒューマンオーギュメント」が関係する領域があります。これは、病態やハンディキャップの治療である。この場合、オーグメンテーションの目的は、「正常」とされる個人と比較して、個人を萎縮させてしまった状況に関連する機能不全を修復することである。そして、この場合、影響を受ける人々の生活の質の真の進歩の問題であることを理解しています.

よくあることですが、ある概念それ自体は良くも悪くもなく、求められる目的とその可能性を利用する本質的な動機に大きく依存します。しかし、私たちのあらゆる活動や社会体にデジタル技術が侵入し、社会が変化していることを考えると、私たちの進むべき方向を問うことが重要だと思うのです。

デジタル革命はポジティブな影響だけでなく、全く逆の影響ももたらします。スクリーンやソーシャルネットワークの普及、アクセスできる情報の急増(インフォベシティ)により、あらゆる方面から勧誘(メッセージ、通知)を受け、集中力が低下している。(ça m’intéresse – Les conséquences désastreuses du digital sur notre cerveau). さらに、いつでもどこでも情報にアクセスできるということは、記憶を使うことが少なくなり、批判的な分析能力が失われることを意味します。即応性が高いということは、情報をじっくりと分析する能力を失うということです。

また、幼い頃から、思考力や分析力を養うための強力なツールである手書き文字や読書が、画面やキーボードに置き換わっていることも残念です。

テクノロジーによる人間の拡張は、どのような約束事なのでしょうか。約束事には種類があります。実際、バイオテクノロジーは、実際に確認する必要があるにせよ、延命や、より良い体調を約束するものである。確かに寿命は延びましたが、アルツハイマー病などの神経変性疾患の出現・汎化は、終末期を特に魅力的なものにしません。

デジタル技術によって人間と機械がより完全に統合されるという、トランスヒューマニズムの提唱者たちの約束は、さらに心配なものです。空想だと思われるかもしれませんね。しかし、この天才起業家イーロン・マスクが特に行った脳チップ技術への投資を見てみると(Futura – Le Projet Neuralink d’Elon Musk inquiète beaucoup les scientifiques). このような神経インターフェースへの関心は理解できるものの、多くの疑問が生じます。SF文学は、アングロサクソン系、特にアメリカ人が多い文学分野であり、その傾向はアメリカの進歩的な帝国主義によって説明することができる。新大陸と旧大陸、特にフランスとでは、人間の運命の観念が根本的に違うかというと、そうとは言い切れない。啓蒙思想の提唱者たちは、特にJJルソーの影響を受けて、アングロサクソンの哲学観とは異なる自然との関わりを持ったのだろうか。この問いかけに、私は答えの糸口を見出したいと思っています。

根本的な影響は?

しかし、この問題の哲学的な側面にこだわるのはやめて、このような人間の「拡張」の実現に内在する障害とリスクを評価することに集中しよう。人間拡張の選択肢のひとつがデジタル(ハードウェアとソフトウェア)である場合、いくつかの具体的な問題が生じる。

インプラント(神経インターフェース)は人体でどのくらいもつのか、生体拒否のリスクは?

もし、私たちが人間とデジタルのハイブリッドモードにいるとしたら、これらのインプラントの本質的なサイバーセキュリティをどのように確信できるでしょうか?仮にインプラントがハッキングされた場合、それを装着した個人はどのようなリスクを負うことになるのでしょうか。

波動(Blue ToothやWifi)の利用ですが、インプラントが生体内にある場合の生体への影響はどうでしょうか?

複数の人工的な刺激に対して、人間の心はどう反応するのか、生体センサーが伝えてくる情報と、想定される外来センサーが伝える情報をどう選別していくのか。

 

結論

このように、さまざまな問題に直面する中で、私の関心は、最初から自然の一部であった人間はどうなってしまうのか、ということです。彼は、自然が不要になる技術化された世界の複数の構成要素のひとつになるのだろうか。私たちの感覚は、どのように進化していくのでしょうか。これまで人間に特化していた機能のうち、どの機能が捨てられるのか。

無制限の進歩主義に直面し、我々の進化が何であったかを再考するとき、我々は一歩下がって、哲学者や知識人が、歴史も未来もなく、進歩に流される人形にならず、我々が進みたい社会について考えるべきではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top