Close

PlayFrance.Digitalプレスリリース

Source: Pixabay

PlayFrance.Digital Collectiveから発行された重要なプレスリリースを共有したいと思います。それは私たちの国にとってデジタル主権の重要性を認識するための呼びかけです。メインテキストの翻訳は、元のプレスリリース(Google Translateで翻訳…)の後に表示されます。

CP Play France Non Nomination 20200708

デジタルはどこ?

通信:
2020年7月8日、パリ:
PlayFrance PlayEurope PlayDigital Collective(www.playfrance.digital、www.playeurope.digital)は、この政府の指名に注目し、Digital&Digitalの問題に関する沈黙に驚かされます。彼はどこにいますか ?私たちの子供たちを学校に留まらせてきた封じ込めの主な原動力はどこに行きましたか、私たちの事業は彼らの事業を継続し、機能していますか?
危機は私たちにヨーロッパ以外のデジタルツールとサービスへの依存について正しい質問をする必要がありますが、この質問を担当する対話者は誰ですか?
モダリティ(完全な運動の大臣、国務長官、または各省のCDO)を超えて、それは確かにビジョンの欠如であり、対談者はその欠陥を指摘しています。すでに配備されている部隊、すなわちGAFAMにのみ有利になり得る欠陥。
コレクティブは、過去20年間にあまりにも一般的になりすぎてヨーロッパ以外のソリューションを使用できなくなった反射に対して4月9日に抗議し、ヨーロッパ、アメリカ、中国の間で深刻な経済的不均衡を生み出したことを思い出してください、自律性の欠如、およびデータ活用のリスク。そして、私たちは、マッピングとアクターのマッピング(現在まで+300)の作業を通じて、これらのフランスの企業、スタートアップがすべてのニーズを満たし、ヨーロッパのリーダーシップをとることができることを実証しました。
解決策があります。しかし、公的機関がこの問題について声といくつかの耳を取得することは依然として必要です。私たちが強く要求するもの。
政府のデジタルリーダーなしで、経済的成功、フランス企業、フランス市民、およびそれらのデータの保護をどのように想像しますか?
Collectif PlayFrance PlayEurope PlayDigitalは、+ 300のデジタルプロフェッショナルを結集し、Alain Garnier(Jamespot)、Pascal Gayat(Les Cas d’OR)、Matthieu Hug(Tilkal)、Raphael Richard(Neodia)およびAntoine Duboscq(Wimi)によって開始されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top