Close

デンジャラス・リエゾン

デジタル技術がもたらす課題は膨大です。幸いなことに、フランスのデジタルプレーヤーには豊かなエコシステムがあります。もし、これらのプレーヤーが、アメリカや中国の巨人と比べて知名度が低いとすれば、彼らの最大の問題は、間違いなく、わが国の官民の意思決定者による後ろ指を刺されることであろう…

ブルー(オレンジ-キャップジェミニ-マイクロソフト)とセンス(タレス-グーグル)のオファーを象徴的な例で見てみよう。フィリップ・ラトンベの発言によれば、これらのサービスは「ソブリン」や「トラステッド・クラウド」として誤解を招くような宣伝がなされているが、実際にはオオカミの侵入を許しているのである。

いいえ、これらの申し出は主権者とは言えません (Podcast – Le monde du Numérique) :

  • Google Cloudの場合、特定の専用サーバーでソフトウェアを動作させる必要があります.
  • ソフトウェアは米国製であるため、米国の域外適用法が適用される
  • 提案されたクラウドのほとんどは、「エラスティック・クラウド」と言われている。フランスのデータセンターが対応できないような強い需要が発生した場合、追加のデータセンターの利用が効果的だが、最善のケースで欧州にあることをどう保証するのか。
  • – GoogleやMicrosoftのデータセンターが運用されるためには、他のデータセンターとデータを交換する必要があります。これには、サービスの中断を避けるためのレプリケーション、メンテナンス、または需要が高い場合のコンテンツのレプリケーション(例:ストリーミングビデオ)などが含まれます。

なぜ、フランスの大グループが、欺瞞に満ちた大規模な作戦に乗り出すのか。いくつかの要因があると思われます。中には、ビジネスモデルや社内のスキルが、マイクロソフトのツールの使用・普及を前提に構築されているケースもありました。そのため、軌道修正が難しいのです。また、こうした試行錯誤を経たアメリカのソリューションによって、迅速に行動し、大きな市場シェアを獲得することができると主張する人もいます。

さらに問題なのは、責任者や行政の最高レベルの政治家の多くがこの言説を鵜呑みにしていることである。これはなぜでしょうか。これは、多くの国の経済力をはるかに凌駕するアメリカの巨大デジタル企業の野放図なロビー活動の結果でもある…また、こうしたアメリカの巨大企業にとって、最高レベルの政治機能から「広報」機能への移行が可能な「偽装」等の慣行の影響でもある。また、より巧妙な方法として、アメリカの巨大企業のためにコンサルティング任務を遂行するために、コンサルティングファームに参加したり、独自の組織を作ったりすることもできる。例えば、セドリック・オーの前デジタル担当長官の選択を追うのも面白いでしょう.

その結果、「なぜ、フランスの国や地方自治体は、公的な命令によってフランスのデジタルプレーヤーを優遇しないのか」という疑問が現実のものとなっています。企業が成長し、その価値を高めることができるのは、まさに受注のおかげなのです。公権力の獲得とは、国際市場、特にヨーロッパの公権力を獲得するためのリファレンスを持つことでもある。そして、アメリカのデジタルプレーヤーは、誰もショックを受けることなく、一度はアメリカの公的資金の恩恵を受けていることに注目すべきである。 今こそ目を開いて、本気で戦う時ではないだろうか?

アメリカのデジタル大手の参入は、明日の世界を作る道具であるデジタル領域において、アメリカの優位性を押し付けるために躊躇なく使われる経済的・政治的武器でもあることに注意しなければならない。アメリカのデジタル帝国に従属する臣下のような未来を、私たちはどうしたいのでしょうか。

これらは、必ず問われる質問なのです 欧州委員会のティエリー・ブルトン委員長の推進により、#RGPDと「DMA」(デジタル市場法)、「DSA」(デジタルサービス法)指令は正しい方向に進んでいる。しかし、こうした行動は、アメリカのデジタルプレーヤーにとっては大きな関心事であり、覇権的な立場を維持するためにあらゆる手段を講じようとしており、経済にとって致命的なことである。つまり、グーグルは、アマゾンのように「フランス」地域を作り、フランスに冗長データセンターを設置すれば、主権クラウドについて語ることができると信じさせたいのです!「主権洗浄」が盛んに行われていることがわかります。これは、#DGCCRFによって突き止められることを望む、恥知らずな嘘(なぜ?)です…ブルーとセンスのオファーはこのラインですが、ここではフランスの大規模グループの共犯となります !

このデジタル主権をめぐる重要な戦いは、経済的、生態的、技術的に我々のノウハウとその維持に影響を与えるだけでなく、我々の文化にも影響を与えます。 しかし、我々は戦い続けなければならず、フランスのデジタルエコシステムの豊かさを知ってもらうよう働きかけていかなければなりません。(cartographie) !

d’échanger des données avec leurs autres data centers : il s’agit de réplication pour éviter des ruptures de service, pour maintenance, ou de réplication de contenu en cas de demande forte (ex : Vidéo en streaming).

Pourquoi ces grands groupes français se lancent-ils dans une opération d’ampleur qui relève de la tromperie ? Il y a probablement plusieurs facteurs à cela. Pour certains d’entre eux, leur modèle commercial (business model) et leurs compétences internes ont été construits sur l’utilisation et la promotion des outils Microsoft. Il est de fait difficile de changer de cap. D’autre arguent que ces solutions américaines éprouvées et performantes leur permettent de bouger vite et de gagner des parts de marché importantes.

Ce qui est plus problématique, c’est que nombre de politique aux plus haut niveaux de responsabilité et d’administration achète ce discours. Pour quelles raisons ? C’est pour partie résultat du lobbying débridé des géants du numérique américains qui disposent d’une puissance de frappe financière qui dépasse de loin les marges de manœuvres de nombre de pays… C’est d’autre part un effet de pratiques comme le pantouflage et/ou la possibilité de passer de fonctions politiques au plus haut niveau vers des fonctions de « relation des affaires publiques » pour ces géant américains. Ce peut consister aussi de façon plus subtile, à rentrer dans une entreprise de consulting ou à créer sa propre structure afin de réaliser des missions de conseil en faveur des géants américains. Il sera intéressant de suivre par exemple le choix que fera Cédric O, l’ancien secrétaire au numérique.

Le résultat est que nous avons une vraie question, pourquoi l’état français ou les collectivités ne favorisent pas les acteurs du numérique français par la commande publique ? C’est en effet grâce à des commandes qu’une entreprise peut croître et améliorer sa proposition de valeur. Obtenir des commandes publiques, c’est aussi avoir des références qui permettent de conquérir des marchés à l’international, notamment des marchés publics européens… Et il est à noter que l’ensemble des acteurs du numérique américains ont bénéficiés à un moment ou à un autre d’argent public américain sans que cela ne choque personne, ne serait-il pas temps d’ouvrir les yeux et de se mettre réellement en ordre de bataille ?

Il est à noter que l’entrisme des géants du numérique américains, est aussi une arme économique et politique utilisée sans état d’âme pour imposer une suprématie américaine dans le domaine numérique, qui est l’outil pour bâtir le monde de demain. Quel avenir souhaitons-nous, celui de vassaux assujettis à l’empire numérique américain ?

C’est en ces termes que la réflexion doit être posée ! Il existe des notes d’espoir au niveau de l’Europele #RGPD et les directives « DMA » (Digital Market Act) et « DSA » (Digital Service Act » sous l’impulsion du commissaire européen Thierry Breton, vont dans le bon sens. Ces actions inquiètent cependant beaucoup les acteurs américains du numérique, qui essaient de faire feu de tout bois pour maintenir leur position hégémonique mortifère pour notre économique. On voit donc fleurir du « souverainisme washing », avec Google qui veut faire croire que créer comme Amazon une région « France » avec l’emplacement de Data centers redondants en France peut permettre de parler de cloud souverain ! Il s’agit d’un mensonge éhonté (pourquoi ?) qui je l’espère pourrait être épinglé par la #DGCCRF… Les offres Bleu et sens, sont dans cette droite ligne, mais ici avec la complicité de grands groupes français !

Ce combat vital pour notre souveraineté numérique, qui a des impacts, économiques, écologiques, technologiques, sur nos savoir-faire et leur maintien mais aussi culturels, est difficile et asymétrique tant la puissance de frappe des géant américains est phénoménale, cependant il faut continuer à le mener, et pousser afin de faire connaître la richesse de notre écosystème numérique français (cartographie) !

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top