Close

主権者のデジタル戦略とは?

Source: Pixabay

デジタルと産業主権についての連載を始めてもうすぐ1年が経とうとしています。これはエキサイティングな冒険であり、イノベーションと可能性に富んだフランスのデジタルエコシステムを発見することができました。

今こそ、主権戦略とその実行というテーマに取り組むべき時である。これは私が実体を与えようとする課題であり、この記事が第一の石となるだろう.

 

主権、とは何のことでしょう?

 

これは、必ず聞かれる質問です。主権とは何を意味するのか。自己完結型ですか?

この質問に対する答えは、もちろん「いいえ」です。私たちを取り巻くあらゆる問題を認識し、それが企業の機能にどのような影響を与えるかを理解することが何よりも大切です。そして、我々の主要な資源、主要な市場は何かを念頭に置き、それらを維持するために必要な要素をどのように配置するかを考えます。

多くの経営者にとって、強力な法的条項を持つ契約書にサインすることで、自分たちのサービスや物資を契約する目的は、あらゆる危険から自分たちを守ることです。まず第一に、価格の面で、そしてデリバリー(頻度、量…)の面で、さらには品質の面で…。確かに、武力紛争、外交(禁輸…)、自然災害や産業災害などの場合には、そのようなことがあります。特に、単一の生産拠点や供給拠点に依存している場合、契約があなたを守ってくれると本気で思っているのでしょうか。

デジタル面では、デジタルソリューションのサプライヤーがアメリカ人であれ中国人であれ、1社しかない場合の影響についても考えてみましょう。貿易紛争が発生した場合、どのようなことが起こるのでしょうか?

あなたの顧客とそのデータは、あなたの最も貴重な資源であり、あなたはそれを、取引データを収集し、自分たちの利益のために利用する企業に託しているのです…これは、あなたの最も貴重な資源、あなたを価値あるものにするものへのアクセスを彼らに与えることではありませんか?

主権者としてのアプローチとは、文化的に近い地元のサプライヤーとのショートサーキットに関心を持つことでもあります。そうすることで、遭遇した問題をよく理解し、実行した解決策がより適切なものになる可能性が高まり、さらには二酸化炭素排出量の削減にもつながるのです。

主権とは、自分に余裕を持たせ、独立性を持たせ、危機に備えた回復力を持たせることです。

なぜデジタル主権戦略を構築するのか?

 

この質問に答えるために、長年にわたって問題となってきた例を挙げてみましょう。アメリカの技術であるGPSは、長い間、民間や軍事市場に出回っている唯一のものでした。商用や軍事用の摩擦があった日には、民生用であれ軍事用であれ、システムやアプリケーションが実際には独立していられなくなることは容易に理解できますよね。

この例は、市民的または軍事的な影響があるために理解しやすく、ヨーロッパがガリレオシステムを装備していることを十分に正当化している。

したがって、どの企業の経営陣にとっても、地政学的環境について考えることは重要です。これは、ほとんどの企業が考える習慣を失ってしまったパラダイムシフトです。実際、財務的な収益性だけで企業を管理すると、パンデミック、経済、環境、政治・軍事などの重大な危機が発生したときに、企業を危険にさらすことになります。

実際、津波や地震などの自然災害が発生すると、原材料の供給源が完全に失われ、例えば、携帯電話やパソコンなどの生産に影響を与えることがあります。

武力紛争は、これらの資源へのアクセスに直接または間接的に影響を与えます。

ソフトウェアの場合は問題が少ないと想像できますが、同じように存在しています。脅威はさまざまで、主にアメリカ製の部品を使っている場合、経済制裁を受ければ重要な市場を奪われてしまいます。

貿易戦争に備えてデータを吸い上げるリスクのことではありません。中国製のソリューションを使っても問題は同じですが…。

このような状況は起こり得ないと思われるかもしれませんが、現在の健康危機は、私たちが壊滅的な経済的困難に対していかに脆弱であるかを示しています…。

地政学的に不安定なこの時代、リスクは増大しています。生産とサプライチェーンが地球全体に広がっており、特定の地理的地域に生産的な産業が集中しているため、企業や経済の脆弱性が高まっています。また、ここではエコロジーについては触れていませんが、これだけでも十分に掘り下げた研究が可能です.

 

統合された主権のための選択とは?

 

がっかりさせてしまうかもしれませんが、このセクションでは、奇跡的な解決策はありません。実際、技術的な選択は、「非主権的」な技術に頼らなければできないものもある。なぜなら、主権的な技術は未完成であったり、あまりにも高価であったりするからだ。

しかし、主権政策、特にデジタル主権を持つことは、農業に似ています。高収量だけを求めて、モノカルチャー(1つの生態系、1つの供給者だけ…)を行うか、自分の生態系が攻撃された場合には無力です。

あるいは、単一の種、単一のゲノムによる単一栽培を避けることで、予期せぬ危機に遭遇した場合の回復力を高めることができます。

このイメージをデジタルに置き換えると、聖なる「合理化」の名のもとに、さまざまな技術やシステムを限定して単純化するという現在のドグマに逆らうことになるのではないでしょうか。

主権のあるデジタル戦略とは、正しい質問をすることです:

  • 私の戦略的データとはどのようなもので、どこに保存されているのですか?この2つの質問への答えに応じて、リスクを減らすためにどのようなステップを踏めばよいかを考えます。に集中することで:
    • まず第一に、#ovhや#outscaleなどの主権者のホスティング
    • または、データを主権者以外のクラウドにホスティングするが、それぞれのクラウドが暗号化されたデータの一部のみを持ち、データ全体を復元できないように手配する(CNIL推奨)
  • 主要なテクノロジーソリューションを管理・維持することができる、私の(実際の)社内スキルは何か?社内にオープンソースのスキルを持つことは、ある程度の独立性と主権を維持するための解決策にもなります….
  • 私の現在の、そして将来の成長のための重要な顧客は誰か?この質問に答えることで、市場が被る地政学的リスクや禁輸措置のリスクを評価することができます(特にアメリカだけではなく、ドイツもヨーロッパの同盟国に対してこの武器を使用することができます)…
  • どのソブリンのサプライヤーと提携すると面白いか?例えば、ドイツ経済の強みの一つは、中小企業と大企業の間にしっかりとしたエコシステムを構築できることですから、これは重要な問題です。フォローすると面白いかもしれない例…

 

結論として

 

ここでは、独立性とデジタル主権の戦略を立てるために考慮すべきさまざまな要素について、簡単に説明してみました。どのような目的のために、どのような質問をするのか。

そして何事もそうですが、バランスの問題です。マイクロソフトやグーグルのような企業は、自社のプラットフォームに多くのアプリケーションを追加して、ユーザーを虜にしていますよね。では、主権の議論を抜きにして、どんなに優れたサプライヤーや技術であっても、単一のサプライヤーや技術に依存することは、企業の供給戦略上、合理的なのでしょうか?

デジタル主権は、企業の回復力を促進し、企業の勝ち組グローバル長期戦略ビジョンに適合するために必要なツールではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top