Close

12月号インタビュー:INSPEERE社長兼共同創業者 ミハエル・フェレック氏

11月は、’Inspeereの社長兼共同創業者であるマイケル・フェレックにインタビューさせていただきました。このインタビューでは、あなたのバックアップのために、オリジナルで主権的な提案をする新しいフランスのデジタルプレーヤーを発見することができます。

[Emmanuel M] : ミハエルさん、こんにちは。経歴を簡単に教えてください。

[Michaël Ferrec] : Emmanuelさんこんにちは、お誘いありがとうございます。私は1998年から起業家として、特にITサービス企業で活躍してきました。プロ向けフォトライブラリー管理ツールのエディター「Einden」を初ロング体験. この会社の株は2017年に売却しました。一方、同じチームで、e-administration.frなどの別のプロジェクトも実施することができましたが、最初のプロジェクトほど成功しませんでした。そこで2017年に株式を売却し、20年以上コンピューターサイエンスの研究をしてきた新しいパートナー、オリビエと出会いました。そして、この出会いからインスピアが生まれ、私たちや他の数名がフルタイムで忙しくしています。

[EM] : Inspeereとは一体何なのか??

[MF] : インスペアは、データのバックアップを事業としています。クラウドと呼ばれるものに大きく依存する標準的なソリューションとは対照的に、私たちはこのバックアップの相互主義的な次元に賭けているのです。私たちのソリューションは、クライアント企業にソフトウェアソリューションを組み込むマシンが、相互にリンクしてバックアップサービスを提供するシステムをベースとするものです。私たちは、ピアツーピアのネットワークロジックを再検討し、ピアツーピアに欠けていたステアリングとコントロールを行うことにしました。ブロックチェーンの次元を追加し、ユーザー間でスマートコントラクトを簡単に作成できるようにし、さらにそのピアごとに帯域やストレージの容量を測定できるようにしました。

これにより、サービス品質の保証が可能になります。

[EM] : オファーの強い要素、差別化要素は何か?

[MF] : いくつかあります。第一に、データの保護とセキュリティです。データは自動的に圧縮され、暗号化された後、断片化され、Inspeereソリューションの様々なユーザーに配布されます。結局、バックアップは外部に委託することになるのですが、誰も使えないデジタルマッシュという形になってしまいます。これにより、データの安全性を確保し、機密性を高めることができるのです。逆説的に言えば、どこにでもあるのに、使えないということです。私が好きなイメージは、あなたが聖書を書いたと想像してください。この作品の手紙を多くの人に渡せば、あなたが聖書を書いたのか3匹の子豚を書いたのか、誰もわからないでしょう。最後に、私たちのソリューションは、市場に出回っている他のどのソリューションよりも環境に配慮しています。これは、ライフサイクル研究によって実証されています。

[EM] : つまり、ソフトウェアとNASの組み合わせがソリューションとなるわけです?

[MF] : まさにその通りです。専用のNASを設計していますが、サードパーティーのサーバーやNASを使うことが多くなっています。私たちは、主に保証の関係でデルのハードウェアを使用することがほとんどです。私たちのシステムは、あらゆる種類のマシンをベースとすることができるという点で、非常にアグノスティックです。

[EM] : Synologyでも使えるかもしれない?

[MF] : 非常に独自性の高いシステムであるため、現状ではありません…

[EM] : Inspeereの主要な数字を教えてください。

[MF] : あまりないですね、うちはスタートアップですから。現在、既存のお客様を大切にしながら、販売パートナーを募集しているところです。私たちは、本当に間接販売を志向しています。現在では約15社のディストリビューターがいますが、まだ多くのディストリビューターにリーチすることができます。しかも、それは現在十数名のお客様に対してです。今年の第2四半期から、私たちのソリューションのマーケティングを本格的に開始しました.

[EM] : Inspeereは、クラウドコラボレーションソリューションとそのクライアントのバックアップのためのソリューションになり得るかどうか?

[MF] : このようなプレイヤーにとっては、クラウドソリューションの導入やグローバルな管理が容易である場合が多いのです。しかしながら、お客様がデータの一部を本国へ送還し、当社のソリューションをご利用になることは適切であると思われます。これは、それに付随するAPIを通じて行われることになります。

[EM] : 今後5年間、Inspeereはどのように進化していくと思いますか?新しいプロジェクト、サービス?

[MF] : 私たちにとって、プロフェッショナルなデータバックアップのキーパーソンになることが課題です。私たちは、私たちのソリューションが十分にユニークで、市場に出回っているものとは異なるものであることから、何か貢献できることがあると確信しています。

私たちの目標は、まずフランスで、この分野の3~4人のリーディング・プレイヤーの一人になることです.

[EM] : 2020年、2021年は極めて重要な年であり、パンデミックによって脱工業化を意識させられました。あなたのビジョンとは?

[MF] : これは非常に良い質問で、私もよく自問自答するところです。私たちは、このような問題に対する環境、あるいはトロピズムの中で活動しているのです。そのため、私たちはこうした主権、特にデジタル主権の問題に没頭しています。私が自問するのは、こうした問題が誰の心にもますます存在するようになったという印象が良いものであるかどうかということです。そして、そのことに確信が持てない。しかし、私たち国民は、特にデジタル主権について問題意識を持ち、文化を身につけ始めていると信じたい。

[EM] : 政府は主権やデジタル主権を口にしますが、その言葉通りの決定がなされていないことがわかります(マイクロソフトのData Hub Santé、AWSのBPI、アリババのオリンピック2024、「信頼できる」クラウド、Thales-Google連合など)あなたはどのように感じますか?

[MF] : 私たちがプレイフランスの集団の中で頻繁に提起している問題であり、この内部関係者の輪の中で誰もが反発していると言わざるを得ない問題に、あなたは指をくわえて見ているのです。

信頼できるクラウド」を提唱するこれらの官民のプレーヤーは、ほんの少し前まではBruno Le Maireのようにデジタル主権を推進していました。少し苛立つのは、現実には彼らが多くのアクロバットを行い、最終的に問題を避けていることが分かることです。その象徴的な例が、トラステッド・クラウドのコンセプトです。また、アメリカのソリューションをスルーして、バックドアがないことに賭ける(これは確実ではない)のは、物事を十分に真剣に考えていないことを示唆します。特に公式表示との関係では、本当に政治の世界にいるようで、この表示と、その後「信頼の雲」などの名で着飾る行為とのギャップに注目するしかないのです。

[EM] : Yann Léchelle氏(Scaleway)が特に言及している、信頼できるクラウドを定義するための5つの基準についてどう思いますか。

[MF] : LinkedIn経由で発見したことを隠しているわけではありませんが、実はこの定義が、あえて最低条件を定義した唯一のものであることに同意しています。そして、この5つのポイントはすべて、私にとって非常に関連性が高いように思われます。

[EM] : ヘルスデータハブ事件は2020年の始まりを象徴するものであり、PlayFranceDigitalという集団が誕生しましたが、ご自身はどのように捉え、この取り組みにどのような思いを抱いていますか?

[MF] : 貢献度の評価は難しいが、私は4月9日の呼びかけでこの運動に参加した。Inspeereのデジタルへのアプローチは、このムーブメントの中に私たちを見いだすことになったのです。この集合体は、私が感じていたことを拡散的に言葉にすることができました。同じことを言うその道の専門家に、複数の問題点を指摘することができたのです。この運動の美徳は、疑問を議論に持ち込むためのすべての正当性を持っていることです。

[EM] : あなたにとって、デジタル主権の3~5大課題は何ですか?

[MF] : 国運をリードする力があるかどうかということで、ナショナリストという意味ではないのですが、私はそうです。しかし、私の家族や友人がフランスに住んでいるという意味で、彼らには未来があり、それと同じくらい良い未来があることを望んでいるのです。デジタル主権の問題は、人々が自分自身で決定できるようにするための一部であり、重要だと思います。もちろん、文化的な側面もあります。というのも、データに対する考え方は大西洋の両側でまったく異なるからです。

[EM] : アメリカのソーシャルネットワークの世界的な覇権は、我々の文化や民主主義に対する脅威なのだろうか?

[MF] : はい、もちろんです。疑問を持つことが重要で、ソーシャルネットワークが作り出すこうした領域では、認知バイアスに流される危険性が重要です。しかし、より直接的に経済に触れるテーマもあり、それを見ることができます。グーグル、マイクロソフト、アマゾンといったプレイヤーは、超ドミナントなポジションにいるため、一種のダンピングによって、フランスを含む多くのプレイヤーにとって参入障壁となるだろうが、それだけにとどまらない。ここで、政治家が自問自答しなければならないのは、どうすれば教会を村の真ん中に戻せるか、ということだ。規制当局が独占禁止法の執行を自問し始めた米国からのアクションということもあり得るだろう。

[EM] : 環境責任をどのようにデジタル世界に統合するか?

[MF] : 大きな疑問です。答えはいろいろあるが、デジタル地獄を大調査したジャーナリスト、ピトロン氏の著書「クリックの果てへの旅」は、あまりお勧めできない。私たちがバーチャルと結びつけているデジタルは、実は非常に大規模なインフラを持つ物質的なもの(データセンター、コンピュータ、ネットワークなど)であることを、彼は非常にうまく説明しています。さらに、デジタル技術は、人類が世界最大のインフラを構築していることを意味します…これは、多くのCO2を排出し、希少な資源を利用する必要性を意味します…現在のオールクラウドビジョンでは、私たちはたった一つのツールしか持っていません。ハンマーが1つしかないために、すべての問題を釘として見てしまうようなものです。これは、私たちInspeereが掲げるビジョンとは全く異なるものです。もうひとつはセキュリティの問題で、すべてを集中的に管理することは、必ずしも自分たちを守るための正しい解決策ではありません。

[EM] : ファイバーの登場と発展により、より分散化されたソリューションを想定することが可能になるのではないでしょうか。例えば、Inspeereはそのようなソリューションの1つとはなりえません。

[MF] : 実は、当初はBtoC志向だったのですが、資本の都合でBtoBに傾倒していったのです。 インターネットボックスを持っている人は、関連するストレージがある限り、誰でも「プライベートNAS」を持っていることになります。オペレーターは、私たちのソリューションをユーザーのサブスクリプションの一部として提供することも十分に可能です。これは、私たちのトピックの一つです.

[EM] : 今後2〜3年の大きな技術トレンドとして、どのようなものがあるとお考えでしょうか。

[MF] : 私が思うに、3つのトレンドは、人々がなんと言おうと、この危機のおかげで主要プレーヤーが強くなったということです。この危機的状況下で、デジタル技術はより大規模かつ急速に利用されるようになり、既製のソリューションやコンプレッサーロールマーケティングは、たとえそれがベストではないとしても、人々が最初に思い浮かべるものとなっています。残念ながら、この傾向は続き、私たちのデジタル主権が損なわれることになるでしょう。これと並行して、PlayFrance Digitalの集団のような抵抗勢力も根強く存在することでしょう。そして、「Gaia-X」のような取り組みが壁になってしまうことも目に見えています。なぜなら、主権を守るためのこれらの取り組みが、GAFAMに浸透してしまったからです。しかし、サイバーセキュリティの側面から、主に推進する側にメリットがあるオールクラウドという概念に疑問を投げかける動きも出てきている。そして、特に見本市では、その波紋を感じることができます。

[EM] : クラウドで遅れをとっているフランスやヨーロッパは、関連するプレーヤーがいるにもかかわらず、この新しいトレンドに乗り遅れる危険性はないのでしょうか??

[MF] : 私も全く同感で、このために私たちは戦っているのです。もし政府が、クラウドでアメリカ人よりもうまくできないと言うのなら、違う方法で問題に対処しようじゃないか。そして、それが私たちInspeereが提案するアプローチなのです。クラウド、AIというマーケティングの言葉の裏側で、私たちが常に浸っているのは、少し理性的になって、「いや、これはすべての答えではない」と冷静に分析できる瞬間でもあるのです。.

[EM] : インタビューも終わりに近づいてきました。このようなやりとりをさせていただき、ありがとうございました。結論はどうなるのか ?

[MF] : どうもありがとうございました。私の結論は、フランスでは重要な選挙期間に突入しているということです。したがって、デジタル主権の問題を完全に認識していなくても、私たちの話を聞いているすべての人に、これがどのように扱われるのかに注意を払うよう呼びかけなければなりません。社会の根幹に関わることなので、気を引き締めていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top