Close

フィリップ・ラトンブ議員によるプレスリリース:「HDHあるいはそれを取り除く方法について

Source: Assemblée Nationale

健康データハブ(HDH)に対するCNILからの認可申請を取り下げることで、政府は正しい方向への小さな小さな一歩を踏み出している。それは、最終的にこのガス工場のプラグを抜くことからなることを私が望むものだ。

不親切を承知で言えば、「動かないものに営業許可を出して、何の役に立つのか」と言いたくなる。高いところ、行政の中では、もちろん自虐的なことは避けて、「いいとこ取りで再出発する」ことを想定しています。こういうことを、モリエールならなんと颯爽と言うのだろう。もっとくだけた言い方をすれば、「ビデ」と呼ぶのです

健康データへの容易かつ統一的で透明性のある安全なアクセスを可能にし、患者のケアの質とサポートを向上させる」という当初の目的を批判する人はいないでしょう。健康データの大量活用は、研究にとって不可欠なツールであることは間違いありません。

なんてもったいないことをするんだ CNILの認可がなければ、HDHは完全かつ通常の方法で機能することはできません。ですから、パイロットプロジェクトは、非常に限定的で、非常に管理されたものでなければなりません。フランスを健康データ解析のリーダーにしたい」という野望は、2年以上の歳月を経て、ようやくここまでたどり着いた。マイクロソフトという不幸な選択からHDHの機能不全に至るまで、推進者たちは自らを疑う謙虚さを持たず、否定に固執し、代替案を検討しようとせず、戦略的、技術的な誤りを積み重ねてきた。

それは、他の多くのオブザーバーとともに、特に私が半年以上前に発表したデジタル主権に関する報告書の中で、この論争にページを割いて警鐘を鳴らしてきたことがなかったからではありません。しかし、西データハブやAPHPデータウェアハウスなど、すでに運用されており、CNILの期待やフランス国民の利益に合致する主権的かつ機能的な国家ソリューションが存在します。これを利用して、フランスのクラウドエコシステムを信頼するために…入札に招待したらどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top