Close

デジタル・ソブリン デジタル部門における利益相反に関する公開書簡

翻訳

オープンレター
国会議員・政府関係者の皆様へ
利益相反とデジタル主権

レディース&ジェントルマン


米国のデジタル大手が執拗に政権中枢や政治権力の中枢に入り込むことで、我が国は以下のような歴史的危機に陥っている。
– 利益相反
– 三権分立の軽視
– 雇用を脅かす存在
– フランス人のデータをインフォームドコンセントなしに使用すること
– 地政学的な独立性の喪失
その結果、私たちは次のことを要求します。
– 政治家スタッフ、国家公務員、デジタル産業間の利害関係の透明性に関する法律の提案を次の国会の議題にすること。
– あるいは、より一般的には、現行法(Loi sapin IIとLoi sur la transparerence de la vie publique)を改正することです。
この新たな施策は、透明性・健康法の規定に基づき、以下の点を含むものとすることを提案する。
– 機関ウェブサイト「デジタル・トランスペアレンシー」の作成
– デジタルエコノミーにおけるアクターは、行政、国会、行政のメンバー全体の利益のために生み出された報酬や利益の形態を、国民と当局に知らせなければならないだろう。
– そのような支払いや給付には上限が設けられる(あるいは禁止される?)
– この新しい法的枠組みは、関係する組織の売上高の2〜4%の補償を含む、刑事または民事訴訟につながる制裁を伴う可能性があります。
– 国家機関(行政および議会)のすべてのメンバーおよび職員は、フランス国家に対する任務終了後、少なくとも5年間は、外国企業への就任やサービスの提供が不可能になります。
私たちは、政府によって運ばれ、国会での議論の間にサポートされるべき法的枠組みの精緻化と修正に貢献する用意があります。
この書簡に好意的で迅速な回答が得られることを願い、国会および政府の諸氏におかれましては、最高の配慮を表明されますようお願いいたします。

 

 

 

Emmanuel Mawet                   

Effisyn-SDS (真のデジタル主権を提唱する情報サイト)

共同署名者 : Alain Garnier (Jamespot), Michel Lecomte (Smartrezo), Gaëlle Laborie (AssoTVlocale), David Fayon (Conseiller de F2R2 et de Titan Datacenter), Marc Olivier (HIAsecure), Frans-Imber-vier (UBcom), Raphaël Richard (Neodia), Raynald Waters (eMana), Michaël Ferrec (Inspeere), Henri Delattre (Global Smart Rescue), Eric Arbaretaz (Nation Data Center), Jean-Roch Cousinier (KloudIci)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top