Close

ロシア・ウクライナ戦争とデジタル・ソブリンに関する問題提起

Source : Pixabay

ヨーロッパの門前で起こったこの戦争に象徴される歴史の悲劇的な再来は、決して私たちに疑問を投げかけ、自由貿易のグローバリズムの根幹に必然的に疑問を投げかける。エネルギーはロシアのガスに依存し、軍事と安全保障は米国に依存し、米国はこの状態を巧みに維持しています。

この記事の目的は、この危機の経済的、軍事的側面を扱うことではなく、我々のデジタル的独立、いや、デジタル的主権に焦点を当てることである!

なぜNord Streamの妨害工作が懸念されるのか?

最近の出来事で、事態が想像以上に切迫していると思われるのは、ガスパイプライン「ノルドストリーム2」の国家的行為者による妨害行為である(ロシアかアメリカか)…。実際、ウクライナを通じて対立する米国とロシアという2つの勢力は、海中に新たな戦線を開く技術的手段を持っている。

これらのデータ交換経路を監視したとしても、同種の攻撃に対して完全に脆弱なインターネット・インフラ(海底ケーブル)が残されていることは明らかである。懸念を超えて、これらの出来事は私たちに経済やデジタルの発展について再考を迫っています。デジタルトランスフォーメーションが第4次産業革命であることは、すべての経済関係者が認めるところであり、これは本質的な反省点です。

現在のデジタルへの取り組みで、修正・変更すべき点は何でしょうか?私の考えでは、クラウドに関してはパラダイムを変える必要があり、特にアメリカのデジタル大手がほとんど同じプレーヤーであるというマニアックさが必要だと思うのです。実際、クラウドプレーヤーが一握りの主にアメリカの企業に集中していることは、アメリカの域外適用法の文脈だけでなく、疑問を投げかけている。また、大きな利益を得るためには、こうした攻撃を1~2人のプレーヤーに集中させることが容易であるため、セキュリティ上の問題もある。さらに、最新のTeams(NetCost)のセキュリティ上の欠陥は、セキュリティトークン(パスワード/ログインを簡略化する)を明確に見ることを可能にし(?)、これらのアクターは、より小さなアクターや社内のITサービスよりも重大な欠陥から保護されていないことを示しています。

もう一点は、インターネットの原点である分散化、ネットワークノードでの運用とは異なり、クラウドはインターネット全体を集中化、負担化し、その耐障害性を著しく損なっていることだと思います。実際、大陸を結ぶ重要なケーブル数本が水中攻撃を受けたとしたら、その経済効果はどの程度になるのだろうか。フランスで発生した都市間光ファイバーケーブル(エフィシンSDS)に対する悪意ある妨害行為が、どのような影響を及ぼすかを考えると、最悪の事態が予想されます。

どのような影響が考えられるか?

デジタル技術はどこにでもあるため、このような妨害行為が行われた場合、連鎖的に障害が発生し、すべての経済活動に影響を及ぼすことは容易に想像がつくと思います。銀行・金融システムの障害、航空・列車運行管理情報システムの障害、サプライチェーンやインターネット商取引の崩壊など(ブラックアウト)

このように、多くの大手企業がサービス継続のための対策を講じたにもかかわらず、その結果は甚大なものとなる可能性がありますが、果たしてそれだけでは災害を免れることはできないのでしょうか。

それを確認した上で、どのようなアクションを起こすべきでしょうか。

国の責任で行う施策もある。これはセキュリティ的なもので、これらの重要なアーキテクチャの監視を強化するものです。しかし、課題の規模を考えれば、「カーペットに穴が開く」ことは十二分にあり得ることで、十分に意志を持った状態であれば、いずれその欠点を見つけることができるだろう。また、情報通信システムのアーキテクチャに一定の方向性を与えることは、フランス国家の責任であろう。地域のプレーヤーに有利な政策を実施し、システムが集中せず、ネットワーク化されていれば、よりレジリエントなアーキテクチャを想定することが可能になる。エネルギー分野、特に再生可能エネルギーに関連して導入されているグリッドの原則は、私たちの国のネットワーク構造にも相当するものを見出すことができるだろう。

そして、各企業がとるべき対策があります。大西洋のリンクに依存しないサプライヤーとの強固なバックアップ手順を導入すること、など。また、単一のサプライヤーへの依存に伴うリスクを回避する、いわゆるマルチクラウドアーキテクチャへの移行を検討することもできます。これらの対策は、純粋にサイバーセキュリティの面でも有効です。この分野の弱さは、このままではいけないと思います。

長期的には、インターネットの基本に立ち返り、国家と産業の両面から分散化によるレジリエンスを高めていくべきではないでしょうか。そして、スケーラでクラウド全体を狙うのではなく、情報システムの内部化された部分に戻って、KloudIciのような分散型のアーキテクチャを設計したクラウドプレーヤーを選択するのですか。なぜなら、この変革に必要なスキルを多くの企業が身につける必要があるからです。このスキルは、過剰なアウトソーシングの間に失われがちだと私は思います。さらに、こうした内部化とアウトソーシングのハイブリッドな利用は、リソースの再内部化によって、企業がサプライヤーをよりよくコントロールし、管理する能力を強化することが想像できます。

危機を乗り越えた希望?

しかし、この危機の関心は、作業を振り出しに戻し、より回復力があり、環境と社会問題の両面でより責任のある新しい解決策をもたらすことでもあります…この危機が提起した疑問は、地政学と結びついたリスクに対するシステム的アプローチを可能にするはずです。企業は世界の外で生きているわけではなく、Excelのスプレッドシートや財務評価でまとめられない複雑な世界です。この危機的な状況下で、健全な意識改革が行われることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top