Close

Effisyn SDSミーティング – B2CloudのCatherine Nohra Chinaにインタビューしました。

クラウドコンピューティングのコンサルティングと監査を専門とするデジタル・プログラミングとサービスの会社、B2Cloudの社長兼創設者であるCatherine Nohra-Chinaにインタビューしました。

[Emmanuel M]: カトリーヌさん、こんにちは。まず、この交流を受け入れてくださってありがとうございます。まず最初に、あなたのキャリアについて簡単に説明してください。

[Catherine Nohra-China]: 私は20年以上前にネットワークの世界に入り、フランス、英国、米国でコンサルタントとして活躍し、その後、大手ITグループの中で経験を積み、自分の会社を作りました。

[EM]: B2Cloudビジネスベンチャーについて教えてください。

[CNC]: はい、もちろんです。B2CLOUDは2012年に設立され、パリのスタートアップ・コンテストで優勝した後、レンヌの公共テクノロジーパークAtalanteでインキュベートされました。(これはFrenchTechのずっと前のことです!)。

テクノロジーパークでインキュベートされたことで、営業、財務、法務の継続的なトレーニング、研究開発や知的財産に対するイノベーション支援、パートナーシップの強化、輸出支援など、反復的かつ非常に現実的なアプローチで、最初から穏やかに発展することができました。2015年には、テクノポールが授与する「Act for the World」賞のおかげで、マネージャーとしてRSB -Rennes School of business-のeMBAコースに参加し、国際金融とイノベーションマネジメントのトレーニングを修了することができました。経営全般をマスターすることは、起業家としての冒険を成功させるための重要なポイントなのです

[EM]: B2Cloudの主要な数字を教えてください。

[CNC]: 数字の話になりますが、私たちにとって重要なことは、決して日和見主義的な融資を行わないことです。このため、有利子負債/自己資本比率(資産の調達に必要な資本と負債の割合)は非常に良好であり、独立性を保つことができます。私たちは6人の小さな自己資金によるチームで、特許を持ち、2021年までに売上高を+2500%成長させることを目指しています。

[EM]: 今後5年間で、市場はどのように進化するとお考えですか?多角化の計画はありますか?

[CNC]: 私は、起業家としての経験から、予測は本質的に不確実であることを学んでいるので、危険な予測をしないように注意します。新しい人と出会い、チャンスをつかむことで、歴史は日々作られています。とはいえ、クラウド市場は今後ますますネットワークにフォーカスしていくことになると思います。私たちは、クラウドがネットワークであることを間違って忘れてしまっているのです 純粋なクラウドプレーヤー(ハイパースケーラー)以外にも、フランスやヨーロッパでは市場の強力な統合が進み、通信事業者(エッジコンピューティング)にも恩恵が及ぶでしょう。コンサルティング会社、SaaS型B2Bレコメンデーションプラットフォーム、イノベーションの3つのビジネスモデルで事業を展開しているため、多角化プロジェクトについては、すでにこのような状況になっています。

[EM]: ご存知のように、私の趣味はデジタル主権です。このテーマに対して、あなたはどのような位置づけになるのでしょうか。

 

 

 

[CNC]: すべては、デジタル主権というテーマにどうアプローチするかによるのです。現実的なアプローチ(私はこのアプローチが好きです!)では、デジタル主権を達成するためには、コンピタンスを完全にコントロールする必要があります。主権という概念には、「上」という意味のsuperusという概念があることを忘れてはならない。

私たちの専門分野であるクラウドコンピューティングを例にとって説明しましょう。フランスは、アメリカや北欧、ドイツに比べ、発展がかなり遅れています。私たちは毎日、この光景を見ています。その証拠に、フランスの大手クラウドプレーヤーと米国のハイパースケーラーが、パブリッククラウドやPaaSのサービス提供を強化するために提携を結んでいる例が多く見られます。

一方、サイバーセキュリティやAI、量子の分野では、フランスは世界最高の技術を持っているので、この「スーパーウス」のデジタル主権を担う手段を持っています。したがって、戦略や安全保障に関連する限り、われわれがアクセスでき、利益を得ることができる主権の領域と、われわれがリーダーシップを持たない、それほど重要ではない領域に対する「協力的」アプローチとの間で、適切なバランスを見つける必要があるのである。

[EM]: 御社の人生における重要なテーマですか?

 [CNC]: これ自体が目的ではありません。私たちのモットーは、お客様のセキュリティと信頼性の期待に応える最高のクラウド・コンピューティング・ソリューションとサービスを使用し、お客様にお勧めすることです。要するに、1つのカゴに全部の卵を入れるのではなく、技術的なロックインを避けるべきだということです。

私たちは、フランスを含むヨーロッパの解決策を可能な限り支持します。 しかし、もしヨーロッパ以外のソリューションが、同じレベルのコンプライアンス(RGPD、認証など)で、より優れたレベルのセキュリティと信頼性を提供するなら、我々は躊躇なくそれを使用し、推薦することができます。

[EM]: これはお客様の悩みでしょうか?

[CNC]: 明らかに違う。 お客様の関心事はセキュリティです。コスト・セキュリティ比の高いソリューションの選び方・使い方.

[EM]: このテーマは、特にPlayFranceDigitalという集団を通じて、力強く浮かび上がってきたものです。この集団は、路線を動かすことに成功したと思いますか?これらの問題に関して、政治家の真の認識を生み出す。

[CNC]: 路線を変更するのは政治家ではなく、市場、つまり企業次第なのです。これは強制的な行動によって行われなければならない。フランス(およびヨーロッパ)のサプライヤーが、付加価値の高いグローバルなデジタルソリューションを提供できれば、ユーザーは間違いなくそれを利用するでしょう。Apple musicを大きく引き離して音楽ストリーミング市場を席巻したスウェーデンのSpotifyを例にとると.

[EM]: クラウドコンピューティングの専門家から見て、米国の大手企業だけが必要な性能と機能を備えているという政府の立場をどう思うか.

 

 

[CNC]: 非常に現実的な話であり、私たちの市場での経験からも、これは一部事実です。アメリカはクラウドでかなりリードしています。彼らは、PaaS、IPaaS、セキュリティに長い間多額の投資をしており、世界中にデータセンターの強力なネットワークを持っています。しかし、それだけではありません。 したがって、データ主権に対する首尾一貫したアプローチにおいて、セキュリティとイノベーションの基盤として、最も機密性が高く戦略的な活動領域に対して、標準的で信頼できるインフラを提供できる欧州のCSPと事業者が果たすべきカードがあるのです.

[EM]: OVHCloud、Outscale、Scalewayといったフランスのプレーヤーは、本当に失格なのか、それとも十分に強調されていない資産を持っているのか?

[CNC]: 彼らは強力な資産を保有しているが、アプローチがまだ技術的で、ビジネスや市場投入までの時間を十分に考慮していない(開発サイクルが米国と比較して長すぎる)。市場でプールの地位を取り戻すには、競争力を維持しながら、付加価値の高いPaaSサービスやセキュリティ管理に大規模な投資を行う必要があります。真のチャレンジ!

[EM]: MAGAFのパワーに対抗する一つのアイデアとして、群れで狩りをする習慣を作り、互いに依存し合いながら、主権的な解決策のエコシステムを構築することでしょう。こんなことが可能なのか?

[CNC]: お互いに協力し合うことは、確かに良いスタートとなるでしょう。実は、フランスで本当にブレーキになっているのは文化的なものなのです。アメリカ人にとって(ちなみに中国人にとっても)、本当の強さはビジネスとパートナーシップにあり、エコシステムを成長させ、マーケットシェアを獲得することなのです。あまいものはなまえ…

[EM]: その場合、成功のために必要な要素は何でしょうか?

[CNC]: 適応、協働、共有…ビジネスのあり方を改革する.

[EM]: 生活の中でデジタル技術の重要性が増しているが、メタバーズの登場をどう思うか?

[CNC]: コンピュータの歴史は、永遠のリスタート。2000年代のセカンドライフのような架空の仮想世界を思い出しますね。あまり成功とは言えない。その後、変わったのは健康危機で、不安を感じないデジタルの世界に新たに引きこもる危険性があることです。私はあまり好きではありません。リアルな交流の方が好き.

[EM]: その他にも、量子コンピュータなどのイノベーションが控えています。いかがでしょうか?フランスは参加するのか?

[CNC]: フランスには世界最高の研究者や専門家がいますが、アメリカや中国と競争するためには、必要な資金的なマナが必要なのです。クラウドの戦いで、アドホックな戦略の欠如から「ほぼ」敗北したとしたら、量子で同じ過ちを犯してはならない。

[EM]: このインタビューも終わりに近づいています。質の高い回答をありがとうございました。結論と展望をお聞かせください?

[CNC]: 私は、フランスとヨーロッパのデジタル技術の将来について、非常に楽観的であり続けています。私たちにはスキルもあり、多様で多彩なエコシステムもあり、まだまだ多くのイノベーションを提供することができます。あとは、お互いの差別化要素を生かし、協力し合うことを学べばいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top