Close

デジタルは選挙の争点になりつつあるのか?

ご存知のように、エフィシンSDSでは、今後5年間はデジタル技術が大きな課題であると確信しています。そして、実は、私たちの立場からすると、このテーマは大統領候補が正面から取り組むべきものなのです。もちろん、経済的、技術的な面だけでなく、世界との関係や民主主義、そしてもちろん文化的なレベルにおいても、この分野での我々の主権というテーマを取り上げずにデジタルについて語ることは間違いである。.

 

デジタル、候補者の間で戦々恐々?

 

このテーマでボールを開いた最初の人は、彼がデジタル(20mnから)に対処し、大統領選挙に専用のC dans l’airのセット上の介入中にJLメランションでした。取り組んできたことを示し(Proposals)、デジタル主権の首尾一貫したビジョンを提案した。

デジタル問題、主権、そして自身のビジョンについて非常に明確なビジョンを示した2人目の候補者は、選挙戦に参加した最後の候補者、Objectif FranceのRafik Smatiで、彼が快く応じてくれたインタビュー(Presidentielle 2022 – Les Rendez-vous du Numérique)で語ってくれました。この候補者は民間出身で、デジタルアントレプレナーであるという経歴を通じて、そのビジョンに一定の重みを持たせています。このデジタルのビジョンは、いくつかの大きなまとまったテーマ、「人工知能」「デジタル」「ユーバー化」に分かれています。

デジタルに関する体系的なプログラム(Proposals)を構築し、このテーマについて発信してきた3人目の候補者は、保守右派のエリック・ゼムール候補である。彼の提案は、暗号通貨ストレージの世界的リーダーであるLedger社(Les Echos – 26 Jan 22)のパリ事務所で長いインタビューを受けた後、2月14日(月)に報道機関に発表されました(Les Echos – 14 Feb 22)。

つまり、3人の候補者は、よく考えられたデジタルアジェンダを構築しているだけでなく、それに基づいてコミュニケーションをとり、問題となっている問題の重要性を示しているのです。

 

その他はどうでしょうか?

 

他の主要な候補者は、PCFのように提案が存在するとしても、まだ誰も公表していない。残念ながら、LR、PS、EELVのプログラムには、デジタル技術の重要性を別個の問題として意識しているものは見当たりませんでした。扱っていないとは言いませんが、せいぜい他のテーマの小見出し程度にしか考えていません。結論から言えば、このテーマの重要性と、それがもたらす経済的、技術的、安全保障的、文化的、そして環境的側面への横断的な影響を全く考慮していないということである。

これらの問題に関して興味深いビジョンを持っていても、残念ながらメディアへの露出が少なく、ネット上にも存在しない小さな候補者が無数にいます。

 

デジタルに関する政府の実績と候補者のビジョン?

 

主役である候補者でない現大統領を忘れている、と言われそうですが。いや、忘れているわけではないし、特に前任のデジタルワールド担当国務長官の庇護のもと、彼のデジタルワールドに対するビジョンや、彼が実行した政策については、決して甘く見ることはできない。

事実として、今、政府がデジタル主権を言うなら、その行動はどうなのか。

不調:

  • 2019年末~2020年初頭、クラウド事業者としてMicrosoftを選択し、入札を行わずにHealth Data Hubを構築する。ちなみに、この場合、フランスのすべての健康データをアメリカの法律の適用を受ける事業者に預けることになります。
  • 2020年6月、危機のさなか、BPIは国家保証ローン申請企業のデータ(重要な経済情報を含む)をAWS(アマゾン)に保存することを決定し、再びアメリカの権利対象企業に…。
  • パランティア社(特にビッグデータに特化)がAPHPとの契約獲得に失敗した件
  • 2021年10月、タレス(機密・戦略防衛分野の大手企業)とグーグルの提携が発表された
  • 2022年初頭、公共企業であるSNCFは、インフラの大部分を再びAWSに切り替えることを決定した…何百万人ものユーザーのデータなどクソ食らえだ。
  • 2021年中の「トラステッド・クラウド」構想にも触れておこう。オレンジとキャップジェミニが、アメリカの技術をベースにしたクラウドを運用し、アメリカの法律の治外法権に関連する法的リスクを「排除」するソリューションを無償で構築しようというものです。この使命を果たすことができる、フランスの真面目なクラウドプレーヤーに声をかけてみてはどうでしょうか ?
  • 国務長官がGoogleのロゴ入りTシャツを着てパレードした逸話は、ここでは触れないことにしよう……。

良好な記録:

  • DIRNUMは、クラウドセンター戦略にそぐわないとして、Office 365の導入を禁止しています。

このように、この記録は、将来の候補者や現大統領が、実際に主権のために何をするのかという位置づけに、あまり期待を持たせてはいない。

 

結論

 

デジタルに対する意識はそこそこある。現在、3名の候補者を中心に、真剣かつ興味深い提案がなされています。今こそ、すべての候補者がこの問題に取り組むべき時です。

ラフィク・スマティとの最初の出会いを経て、私たちは、大小を問わず他の候補者たちにも、自らのビジョンを示し、それを多くの人々と共有する機会を与えたいと切望しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top