Close

ALERT – ウクライナ:ロシアが主導するデジタル戦争は、VSE、中小企業、産業だけでなく、私たちの町役場やその他の機関も麻痺させる可能性があります。

Ukrainian army soldiers ride a tank on a road near where pro-Russian separatists fired heavy artillery, on the outskirts of the key southeastern port city of Mariupol, on September 5, 2014. Ukraine and pro-Russian rebels agreed on September 5 on ceasefire aimed at halting nearly five months of war that plunged relations between Russia and the West into their worst crisis since the Cold War. AFP PHOTO/PHILIPPE DESMAZES

戦争はヨーロッパの玄関口にある。ロシアは、印象的な通常軍だけでなく、大規模なサイバー攻撃と数週間から数ヶ月前にウクライナの情報アーキテクチャに仕込まれた休止状態の攻撃要素でウクライナを攻撃してきたのです。

目的は、すべてのデータを破壊することです(#wiper)。これらの攻撃が仮想世界で行われた場合、現実世界にも大きな影響を及ぼし、通信手段の破壊、行政からのデータ(市民権など)の喪失などが発生します。

ウクライナ戦線の開戦以来、ロシアのサイバー戦闘員が欧州やフランスを標的にしています!心の準備が急務です。攻撃は日々、指数関数的に増加している!

私たちの会社や組織のほぼ92%は、このようなシナリオに対して準備ができていないのです。すぐにでも行動しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top