Close

国家デジタル担当官セドリック・オーが政界を去る、デジタル主権に朗報?

Source : Les Echos

数日前、口うるさい噂が当事者自身によって確認された(Le point 8 March 22)。セドリック・オーは政治家を辞めて民間企業に入るというのだ。そして、Le Point誌が報じたように、アクセル・ルメール、フルール・ペラン、ナタリー・コシウスコ=モリゼ、エリック・ベッソンといった多くの先達に加わることになるのです。どの業界団体に所属するのか、興味深いところだ…。

 

デジタル主権に関する記録は?

 

現実的には、現政権で最も無駄で有害なアプローチをデジタル技術に適用している…政府のデジタル政策をその象徴的な行動で要約するならば:

  • 健康データハブ(Plateforme de données de santé ふつつかながら, が、英語の方がシックリきますよね?)に #microsoft が選ばれました。
  • BPIでPGE(Prêt Garanti par l’Etat)を使用している企業のファイルをホストするために#aws(#amazon)を選択しました。最も革新的な企業に関する機密情報が外国(アメリカ)企業に公開されているところ。.
  • 国が株主であると同時に主要債権者でもある公営企業であるSNCFが、インフラの全部または一部を#awsに移行するという選択…あるいはここにフランス人のデータがある、自分で助けろ、そのために金を払っているんだ.
  • Telegramというロシア発のアプリケーションを経由しているようですが、セキュリティが不十分です(サーバー上ではすべて平文です…)平時には失態と思われますが、地政学的状況を考えるとこれはもはや過ちと言えるでしょう.
  • デジタル秘書がGoogleのロゴ入りTシャツを着ています…
  • 信頼できるクラウドとは名ばかりで、アメリカ人がフランスで市場を獲得し続けられるようにするための、哀れな試みについてだけ言及します。

しかし、デジタル主権を大切にする意識は高まっているようです。いくつかの施策は正しい方向に向かっている:

  • Dirnumが我々の行政機関にO365を導入することを禁止したため、我々のフランスのデジタルアクターは直ちにプレスリリースで反応し、フランスに重大な代替手段が存在することを示しました。
  • フィリップ・ラトンブ副社長は、政府関係者にデジタル領域でも主権を取り戻す必要性を認識させようと努力しています(1217日、21日付インタビュー)。
  • すべてのデータをクラウドではなくフランスでホスティングする「Espace Santé」の登場(22年3月8日付インタビュー記事

このように、結果はまちまちで、ついシビアに判断してしまいがちです。

 

この出発はどのような問いを投げかけるのでしょうか。

 

貸借対照表については、前述のとおり、新たな質問事項はありません。その一方で、どの会社に入るのか、という問題も出てくる。民間企業への就職は、アクセル・ルメールのようにフランス企業や公認団体に入るのか、フルール・ペレランのように投資ファンド(韓国投資)に入るのか、ナタリー・コシウスコ=モリゼのように米国での活動のためにフランス企業に入って、最後はフランスの投資ファンドで働くのか。それとも、情報通の間で囁かれているように、これまでの多くの高級公務員のように、アメリカの大手デジタル企業(Numérama)に入社するという選択なのだろうか。

もしそうであれば、Haute Autorité pour la Transparence de la Vie Publique が必要な措置と制裁を行うことが望まれます。この会社の選択、特に新興企業であれば、投資資金がどうなるかということも同様に重要であろう。実際、国務長官のアドレス帳や、特定の政治的決定の将来の実施に関する彼の知識が、国益やフランスのデジタルアクターに対して利用されないようにすることが必要である.

 

結論

 

しかし、政府の政策の功績は、まだ別のアクター、つまりフランスの上級管理職とその縁故採用による不透明なつながり、そして彼らが特にアメリカ企業のために働く可能性があることですが、中国も捨てたものではありません…」と。

この事件は、2つのレベルで存在するフランスの悪を象徴している。

まず、「パンタグラフ」の実践が改革ではなく抑制を必要とする行政(一般的な意味で)において。論理的に考えれば、公務員を辞めたいときは、再任用する以外には、前の通過点から得られる利点(年功、等級など)をすべて失っては戻れない。

それから、政府機関や機密性の高い委員会に所属していた政治家が、国を問わず外国の経済的利益のために働くことはできないはずです(例えば、フィヨン氏がロシア企業のために働くことができたのは衝撃的です)。競業避止義務は、明らかに民間企業にしか適用されませんが……。

彼が着任する会社の選択は、非常に興味深い指標となり、我々の支配的エリートが持つ共通の利益に対するビジョンについて多くを語るだろう……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top