Close

Les Rendez-vous du numérique、Global Smart RescueのHenri Delattre氏とミーティング。

Source : GSR

グローバル・スマート・レスキューのCEO兼共同設立者であるアンリ・ドラットル氏にインタビューしました。このスタートアップは、天変地異や紛争の際に通信を管理するための興味深い技術的ソリューションを提供する…

[Emmanuel M】:Henriさん、こんにちは。インタビューを引き受けてくださってありがとうございます。グローバル・スマート・レスキューの冒険について話す前に、あなたの経歴を簡単に教えてください。

[Henri Delattre] : 眼鏡店として、平均年商1,000万ユーロの投資用金取引事業(コントワー・ナショナル・ド・ロアのフランチャイズで5つの代理店)を展開したのです。

共同創業者は友人で、2年前にこの若い技術系企業の設立と発展のために私を探してきました。私は、このプロジェクトの可能性と人間的な興味も含めて、この開発期間(終了間近)の初期段階とシードで融資するという選択をすぐに下しました。

[EM] : 具体的には、「グローバル・スマート・レスキュー」というコンセプトで ?

 

[HD] : 自然災害、技術災害、人的災害(紛争)の際、通信手段を失い、現地での出来事が見えなくなることで、人的・物的被害が増加するというのが、私たちの独自の見解です。

当社の特許取得済みソリューションは、ニュースペースとAI(iot衛星を使用)を組み合わせ、現場と救助隊やコマンドなどの間の最小限の通信と物理パラメータの監視を維持するもので、通常のネットワークの停電やホワイトゾーンでも使用できます。

そのため、異常な環境パラメータ(温度や圧力の変化、加速度計など)の変動に対して、人間やオペレーター、あるいは自動で送信するメッセージやアクションによって、警告や遠隔操作を管理します。

そのために、ハードウェアと解析ソフトウェアを組み合わせた「Little Alert Box」を作りました。さらに、現場のニーズを把握してきた経験から、レスキュー、危機管理、ネットワークレジリエンスのための360°ソリューション一式を近々提供する予定です。

 

[EM] : 競合他社は?

[HD] : 逆説的に我々は我々の技術的なレンガの一部に競合他社を持っていますが、いくつかは我々が開発したこの完全なビジョンを統合しているので、我々のシステムは、衛星IoT、ショートメッセージ、テキストまたは256バイトの現在のデータによって動作します。

重くて高価な衛星通信システムか、データ処理にインテリジェンスを持たない単純な端末が、最も近い競合相手です。

付け加えると、人工知能にはデータ収集が必要で、そのためには現場にハードウェアが必要ですが、それは誰もができることではありません。

[EM] : ラベージュ(トゥールーズ近郊)にお住まいとのことですが、その理由は何でしょうか。

[HD] : SICOVALからは、ビジネスインキュベータ「PROLOGUE」の敷地を利用する機会をいただきました。また、BPI(PIA3)、Airbus Développement、ESA BICからも一部資金援助を受けています。

私の企業像では、インキュベーターのオフィスにいるよりも、プロローグが提供するような独立した施設の方がよかったのです.

 

[EM] : グローバル・スマート・レスキューは、社名とは裏腹に、フランス企業(資本金・フランス法)なのですね。その技術はフランスですか?

[HD] : はい、資本的にも法律的にも(SAS)、株主や技術パートナーのカリシオ・ヴィジオン社やT-OPS社も同様です。

とはいえ、ハードウェアには、まだフランスやヨーロッパのものではないものがたくさんあります。

[EM] : デジタル・ソブリン」のコンセプトは、あなたの開発ビジョンにとって重要ですか?

[HD] : もちろんそれは私のDNAであり、ウクライナ戦争以来、フランスの主権、それが不可能な場合はヨーロッパにできるだけ焦点を合わせることの重要性を感じています。そして、これは未来のお客様からの要望、あるいは条件として、より強く表明されるようになりました。とはいえ、これはソリューションの最終的なコストに影響を与えるものであり、私が計画しているのは、多かれ少なかれ様々なソブリンバージョンを提供することです。.

[EM] : 御社の技術を理解する限りでは、デグレードモードでネットワークの運用を維持できるかどうかが問題です。フランスはデジタルインフラにおいて、まだ革新的で主権的であることができるのか?

[HD] : その通りです!革新的な確かに、主権を求める現実はありますが、主要なRIOの場合であっても、プレーヤーの意思決定にはコストが重要な要素になることが多いのです。

また、気候変動や戦争の時代において、デジタルネットワークの耐性を向上させるためにやるべきことはたくさんあります…

[EM] : フランスはデジタルインフラにおいて革新的かつ推進的な役割を果たすことができるのか?

[HD] : フランスはこれからも非常に革新的で、CNESのような素晴らしいインフラがあると思いますが、民間と公共両方の業者の意思決定において、もっとショーヴラン的であるべきだと思うのです。ビジネスでは、米国の積極的な愛国主義をもっと見習うべきでしょう。

[EM] : グローバル・スマート・レスキューに話を戻しますが、主要な数字を教えてください。

[HD] : 工業化以前の状態にするために2年の開発期間(ハードは長い)

会社には10人います。

すでに述べたさまざまな資金提供者の間で、40万ユーロが投資されました。

今月、50,000ユーロで最初の契約が成立しました。

[EM] : 5年後のビジョンは?

[HD] :  異種データのインテリジェントな集約とその収集(ハードウェア)は大きな課題であり、我々はそれに取り組んでいる。 興味のある証拠に、5年間の売上高が1億ユーロを超えると予測している。

[EM] : そろそろインタビューも終わりに近づいてきましたが、結論はいかがでしょうか。?

[HD] :  GSRは設立から2年、世界で2つの大きな危機を経験しましたが、私たちチームと私は、GSRが困難な世界の中で確かな解決策を提供すると確信しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top