Close

なぜ、大型デジタルミニスターなのか?

Source : Effisyn

以前から、デジタル分野の多くの著名人や関係者が、大規模なデジタル省庁の設立に賛成であることを公言していました (La Tribune – 5 mai 2022). なぜ、デジタルの世界が動員され、声を上げようとするのか。ここでは、そのアイデアをいくつか紹介したいと思います。

 

デジタル技術が社会の中心にある

デジタル技術によって、あるいはデジタル技術があったからこそ、私たちのライフスタイルが大きく変化していることは、大局的に見れば明らかです。この20年間に観察された激変を見ると、それは私たちの生活のすべてに影響を与える真の革命であり、それを免れる区画は一つもないと考えることができます。

私たちの職業生活は、まず電子メールの登場によってひっくり返り(もう20年以上も前のことですが…)、社内メモ、そして社外メールにあっという間に取って代わられました。マイクロソフトのパックオフィスは、パワーポイントとともに、会議での情報の見せ方に革命をもたらした(透明性とはおさらばだ……)。その後、企業活動に関連する数多くの文書の非物質化が進み、ビデオ会議の一般化、そして適合するプラットフォームを通じた共同作業の到来となったのです。これらの変化はすべて急速なもので、最初は大きなグループに集中していたとしても、今では小さな構造や組織にも急速に広がっており、パンデミックはこのプロセスに驚異的な勢いを与えているのです.

私たちの行政の世界でも、革命が少し遅れて始まったとはいえ、同じ現象が起きている。デジタル変革にいち早く取り組んだ行政の一つが税務行政です。この変革に完全に成功したのは行政であり、紙の申告書や税務署員とのコミュニケーションの難しさを悔やむ人はほとんどいなくなったと言えるでしょう。このデジタル化は、もちろん多くの組織や行政にも及んでおり、市民と行政の関係(出生証明書の請求、犯罪記録の抽出など)は、ほとんどの場合、容易になりました。 また、非常に大きな変化が見られた分野のひとつが医療で、多くの検査(放射線、生体分析など)の結果が非物質化されています。

デジタル技術が私たちの生活を破壊した最後の分野は、私生活です。これはまず、電子メールとインターネットの民主化によって、私たちと世界との関係や情報へのアクセスが根本的に変わりました。コンピュータの小型化と演算能力、そして何よりスマートフォンによる携帯電話の登場は、私たちと世界との関係を大きく変えました。ソーシャルネットワークの登場と、情報との関係だけでなく、好き嫌いや顔文字で即座に反応する中毒性、パブロフのような満足感 (Psychologies – Sept. 2020). もちろん、デジタルストリーミングプラットフォームによる映画配信メディアの多重化、音楽・映像利用の激変…そして、Air B&BやUberなどの仲介プラットフォームの登場で、プラットフォームというテーマに触れているだけなのですが……。

 

いくつかの結果

デジタル技術がもたらす影響を網羅的にリストアップすることは困難ですが、上記の指摘により、いくつかの顕著な特徴を導き出すことができます。

音楽と映像のような特定の分野が突然変容することへの疑問がある。レンタルビデオ店のような特定の活動が消滅することが逸話的に思えるなら、この分野に投資してきた独立系企業の立場に立って考えてみてほしい (Libération – Juin 2018) … また、アーティストの報酬もあり、全般的に大きな激動となっています。デジタル技術は、経済のあらゆる分野、あらゆる職業を破壊している…。

また、行政手続きの非物質化に伴い、公共サービスへのアクセスも問われます。デジタル技術に抵抗があっても、普通の暮らしができるのか……(これは、公共サービスへのアクセスだけでなく、もっと広い意味での疑問です)。

また、ソーシャルネットワークに関連した論争に戻ることができます。特に、世界中の情報にアクセスできるという利点がありますが、一方で、コンテンツのモデレーションやハラスメントの問題もあります……。結局、覇権主義的な文化の均質化という現象が生み出され、疑問を投げかけているのです。(アルゴリズムも議論を貧困化させ、ユーザーを同質な集団に閉じ込めてしまう)。

しかし、それ以外にも懸念すべき、あるいは少なくとも疑問視すべきテーマはたくさんあります。個人生活、社会生活、職業生活、医療生活の全領域がデジタル化されることで、個人情報を含む大量のデータが生成され、物量が増加するため、保存されるデータの関連性についての疑問が生じなくなるからです。この実践から、2つの疑問が生まれます。それは、このインフォビーイングが環境に与える影響とは何かということです。また、個人情報はどこに保存され、誰がアクセスできるのでしょうか?

これらの基本的な疑問の上に、技術に関する疑問、誰が技術をマスターするのか、どのような関連リスク(経済的、地政学的)があるのか、しかし誰が技術をマスターするのか、別の、あまりつまらない疑問がある(あなたの文章は欠陥がある)… 実際、デジタル環境の複雑化と人的資源の欠如に直面して、我々はすべてのレックス(どのレックス?)をよくマスターしていると確信していますか、関連するサイバーリスクとは何ですか。

 

では、なぜ大規模な省庁?

これまで見てきたような理由から、このデジタル変革は社会のあらゆる側面に影響を及ぼしています。デジタル技術は、もはや他省庁に依存する国家事務局として扱うことはできない。未来を見据える主要国のほとんどがこの選択をしています(首相が省庁のトップを務めるルクセンブルクなどはもちろん、公共サービスのデジタル化で先行したエストニアも……)! RGPDの後のデジタルサービス法(DSA)とデジタル市場法(DMA)の登場は、我々の利益にとって正しい方向への動きであることは認めざるを得ないとしても、我々はヨーロッパだけに判断を委ねるわけにはいかないのです。

すべての省庁のデジタル変革の行動に一貫性を持たせるために、大きな省庁が必要です。この行動は、一貫性を持たせ、行政手続きの真の簡素化に向けて進むように絶対に調整されなければなりません。

この移行を確実にするための適切な手段を持つために、大規模な省庁が必要であり、また、外国のソリューション、特にGafamの参入を避けるための正確な手段を持つようにしなければなりません。

この分野で主権を保証するためには、大きな省庁が必要です。また、デジタル技術は国防の観点からも戦略的であることを忘れてはなりません。そのため、公的な投資を、主権者であるフランスの堅実なデジタル企業や有望な企業に向けなければなりません。

私たちの文化の違いや特異性を守るために必要なことであり、海外のプラットフォームに覇権を委ねるわけにはいかないので、大きな省庁が必要なのです。排除するのではなく、最も不足しているところに多様性を戻すことが重要なのです。

大きな省庁が必要だ。国務大臣でなければ、欧州当局や国際交渉の場で真剣に話を聞いてもらうために必要な重みを持つことができないからだ…」と。

おわりに

ご理解いただいたように、デジタル担当の大きな省が必要ですが、それだけでは不十分です。デジタル担当の優秀な大臣が必要です。農務大臣が(通常)農民の利益を守るように、フランスのデジタルエコシステムの利益を守ることを念頭に置いている、このテーマを知っている大臣だ!」。そして、外国のデジタル大手のために働いたと疑われないような、また、任務終了後10年以内に外国の大グループに加わることを正式に禁止する条項に署名するような、非の打ち所のない政権と内閣も必要でしょう。

レゼコー社が提示したセドリック・オーの後任候補に私が納得できないのは、このためだ。

主権在民の「自覚」が見せかけではなく、現実のものとなることを期待しよう、我が国の未来はそれに懸かっているのだから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top