Close

今後の経済・食糧危機、ショートサーキットの好機到来?

Source: actualité.com

パンデミックに続くウクライナ危機で、我が国はとりわけ食糧供給の面で危機に瀕しています。さらに、多くの国で気候変動が重なり、食糧価格の未曾有の高騰を増幅させる可能性があります(MSN).

このことがデジタル技術やデジタル主権とどのような関係があるのか、というのがご質問の趣旨です。これからですが、それについては、記事の最後までご覧ください.

 

食品に与える影響?

 

世界の小麦の9%近くを輸出するウクライナは、紛争で揺らいでいるため、在庫を輸出し、次の作物を生産する能力が激減しています。そして、世界の小麦輸出の19.5%を占めるロシアは、自国の利益に応じて貿易相手国を選ぶだろう (Le Courrier International). 

残念ながら、気候変動の影響を受ける米国やカナダなどの他の輸出国によって供給不足が補われることはないだろう。

その結果、先ほど述べた供給量の減少と需要の増加のギャップが拡大し、市場に強い緊張が走ることが予想されます。

しかし、課題はそれだけにとどまらず、原油価格の上昇に伴うエネルギーコストやアルミ・プラスチックなどの原材料の高騰は、食品業界のバリューチェーン全体に深刻な影響を与えることになります。

したがって、今後数週間から数ヶ月の見通しは、かなり暗いものとなっています。どんな答えが見つかるのでしょうか。

 

検討すべきいくつかのアイデア

 

したがって、多くのフランス人家庭の関心は購買力に集中し、食料や暖房といった基本的なニーズの充足に優先順位を置き換える必要があると思われます。機械的には、この2つの重要な予算項目が爆発的に増加すれば、他の消費財に割り当てられる割合は自動的に減少し、それが経済全体にもたらすリスクもある。

食費に影響を与えるためには、ショートサーキットという解決策があるのかもしれません。実際、生産者から直接購入することで、中間業者によるコストアップを回避することができ、あとは原材料にかかる余分なコストのみを吸収すればよいのです。

このやり方は、他の分野にも適用できるのでしょうか?エネルギーコストの爆発的な上昇に伴うコストを、このように削減することができるのでしょうか。例えば、アジアに産業を完全に移転させても採算が合うのか。この危機を真のチャンスととらえるべきではないだろうか。

非局在化というパラダイムを見直す必要がある。多くの消費財の生産拠点を移し、新しい技術のおかげでモデルを見直すことを考える必要があるのです 工場が世界中に点在し、生産要素が世界中を何度も移動し、最終的に消費者の手に渡るという現在のモデルは、栄光の時代もありましたが、わずかな深刻な危機(健康、政治)にも蝕まれることが目に見えています。エネルギーコストは指数関数的に上昇しており、最終製品のコストにしか反映されません。12カ月前に3000ユーロでヨーロッパの港に届けられた海上コンテナは、今では17000ユーロもします。(ウクライナ危機以前の数値)。これらの異なる要素は、消費社会が築かれた多くの教訓に疑問を投げかけるものです。

 

その中で、デジタル技術はどのような位置づけにあるのでしょうか。

 

ショートサーキットの強化で

デジタル技術が果たすべき役割は、これからの激変に不可欠なものだと私は考えています。こうしたショートサーキットの設定にデジタルプレーヤーを選択することも、勝利への近道となるのです。

どんな選び方をしているのか?

まず、個人情報を尊重するプラットフォームを選びましょう。これにより、お客様のデータがデジタル大企業、特に環境にやさしくない産業アプローチをとる米国の大企業に売却されるのを防ぐことができます。

ダンピングするアジアのプレーヤーではなく、地元の起業家や独立系を尊重するマーケットプレイスを選ぼう…地元に根ざしたプレーヤーを優遇することを目的とし、何よりもインターネットユーザーを虜にするのではなく、周囲の様々なプレーヤーに対して好奇心を発揮してもらうことを精神としているプレーヤーもいるのです。

これはユートピアではないか、と反論されるかもしれません。いやいや、そんなネットワークが少なくとも1つ存在することは知っています。しかし、その内容の豊かさと価値、そしてプロジェクトの背後にある倫理観は、あなたがこのプロジェクトに関心を持つことを緊急の課題としているのです。

産業移転に際して

もうひとつは、長期的な取り組みとして、新しい技術に照らし合わせて、さまざまな産業を移転させるというものです。これはどういうことかというと

まず、製品のハイパーカスタマイズが進む中で、大量生産モデルのままでいいのか。

エコロジーへの挑戦、つまり資源節約の必要性に直面したとき、古典的な産業モデルはまだ適切なのでしょうか?私の考えでは、答えは明らかにノーです。

でも、それならどんな未来を発明できるのでしょう?今回もデジタル技術が活躍することでしょう。この変革には、人工知能と3Dプリンターという2つの柱が必要だと私は考えています。前者は、天然資源をほとんど消費しない耐性部品の製造のための最適な産業プロセスの設計を可能にし、後者は、これらの部品の物理的生産を可能にするものです。この2つのデジタル技術の進歩により、あらゆる消費財の生産が最適化されることが期待されます。ショートサーキットとどう関係があるのですか?最初の反射的な反応とは逆に、明らかな関連性があります。3D技術のおかげで現地生産ユニットを作ることで、生産の一部を移転し、適切な量を生産することが可能になります。

この変革の影響は、想像を絶するほど大規模な社会的・経済的影響をもたらすでしょう。付加価値は、もはや生産ツールではなく、商品の製造に必要なデジタルモデルを提案する能力にあると言えるでしょう。

この部分については、短期間ではありませんが、予想以上に早く変化する可能性があることに同意します。エネルギーが安価で豊富だった時代(ただし汚染されていた)は終焉を迎えつつあり、このことは私たちの社会と経済に再構築の影響を与えるに違いない。

 

結論

 

この2年間、私たちは悲惨な出来事に直面し、多くの確信を揺るがされました。私たちは、このような困難な時期を、根本的な、しかし必要な変革を行う機会としてとらえることができるのです。デジタル技術を利用してショートサーキットを推進することは可能であり、地産地消の利点があるため、大きな雇用創出による経済への好影響が期待されます。

これらの変革は、正しく実行されれば、私たちをより社会的、環境的に責任のある、新しい繁栄の時代へと導いてくれることでしょう。そして、この変革は、コントロールされた主権的なデジタル経済によってのみ達成されるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top