Close

Les RDV Santé et Numérique: HCS PharmaのNathalieとGrégoire Maubonにインタビューしました。

独自の3次元細胞培養モデルを提供する革新的なバイオベンチャー、HCSファーマのCEO兼CSO、Nathalie MaubonとCDO、Grégory Maubonにインタビューしました。フランスのリールにある会社で、台湾のNHRIインキュベータに入りました。

[Emmanuel Mawet] : フランスの革新的なスタートアップ企業のCEOであるナタリーさん、HCSファーマについてお話いただく前に、ご自身の経歴について簡単に教えてください。

[Nathalie Maubon] : 私は、がん、分子生物学、細胞生物学の基礎研究で博士号を取得し、その後、バイオテクノロジー企業である製薬会社で12年間働きました。私は、大規模な分子ライブラリーをテストするために、新しいin vitroモデルの開発、小型化、ロボットプラットフォーム上での工業化を担当しました。並行して、新薬のヒット研究から臨床薬候補までの研究プロジェクトのメンバーや研究プロジェクトリーダーを担当しました.

[EM] : HCSファーマアドベンチャーに参加する原動力は何だったのでしょうか?

[NM] : HCSファーマは、次の3つの観点から創られました。

  1. 工業化と医学の進歩により、世界の人々の平均寿命はこの30年間で大きく伸びました。残念ながら、がんやアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患のような、いわゆる複合疾患も著しく増加しています。そして、これらの病気に対して現在使用できる薬は、まだあまり有効ではありません。そのため、この種の病気に対する新しい治療法(新薬、細胞治療など)を見つける努力を強化する必要があります。
  2. 製薬業界は、現在の創薬プロセスではイノベーションを起こせません。ヒトで試験される医薬品候補は、ヒトで起こることを予測できない過度に単純化されたin vitroまたは動物モデルからの結果に基づいて選択されます。その結果、医薬品候補の90%がヒトの臨床段階で失敗し、腫瘍分野では97%が失敗しています。
  3. このようなイノベーションの欠如により、製薬会社は研究センターを閉鎖しており、その結果、体外試験の産業化のための訓練を受けていない学術研究にリスクが移されている。

そこで、新薬の研究プロセスを変え、より効果的な治療法を獲得することを目的に、HCSファーマを設立しました。

[EM] : HCSファーマの歴史と活動内容?

[NM] : 私は民間企業出身で、CROとしてHCSファーマを設立しました。細胞イメージングを専門としています。2次元培養による古典的な試験管内試験から始め、すぐに別のスタートアップ企業であるセレニスと提携しました。セレニスは、あらゆる種類の臓器の細胞外マトリックスを再現できる3次元培養技術「BIOMIMESYSテクノロジー」を開発していたのです。セレニスはBIOMIMESYSの技術を用いた細胞培養製品を開発し、HCSファーマ内ではBIOMIMESYS製品に基づく細胞モデルの開発・検証を行いました。残念ながらセレニスは2017年に倒産してしまい、私たちは特許を買い戻し、HCSファーマの中で技術を内製化しました。その後、BIOMIMESYS製品の開発において、私たちのビジネスモデルは変化しています。この技術は破壊的な技術であるため、従来よりも多くの資金と人材が必要です。このBIOMIMESYSの技術に基づいた製品開発を行うとともに、社内では、単独または他のバイオテクノロジー企業や製薬企業と共同で新薬/細胞治療法の研究に活用しています。

[EM] : Biomimesys®がもたらす真のブレークスルーと顧客にとっての付加価値とは?

[NM] : BIOMIMESYS®は、あらゆる種類の臓器の環境を忠実に再現する唯一の技術であり、細胞外マトリックス(ECM)とも呼ばれます。臓器や組織は、接着タンパク質によって固体足場に接着された細胞から作られます。3次元細胞培養システムは現在、コンパクトな細胞集合体を形成するマトリックスフリー、接着タンパク質を含まないプラスチック状の固体足場(これもプラスチックの空洞に細胞集合体ができる)、固体構造を持たないハイドロゲルの3種類がある。BIOMIMESYSの作成プロセスでは、接着タンパク質をグラフト化したECMの固体構造要素からハイドロゲルを作成し、そのハイドロゲルの状態を物理プロセスで固体構造に変化させる。状態変化過程の組成や修飾を操作できるため、生体内のECMと同じ化学的、物理的、生物学的特性を持つマトリクスを特定の方法で再現することができる.

[EM] : 御社のBiomimesys®テクノロジーは、フランスBPI社よりDeepTechとして認定されています。

[NM] : インパクトは主に視認性の向上です。また、私たちは、高い資金ニーズ、マルチマーケットの可能性、破壊的なシステムの販売の難しさなど、同じ制約、同じ問題を抱えるディープテック起業家のコミュニティの一員でもあるのです…

[EM] : この躍進の背景には、医薬・科学分野でますます重要な役割を果たすデジタル技術もあると言えるでしょうか。

[NM] : そう、何十万という化合物を生化学的な試験で調べることは、1つの分子を調べれば数値で結果が出るので、まだ比較的簡単だったのです。分子の検査は、2次元の細胞検査で細胞イメージングを行い、その画像を解析して数値化するため、検査した分子が1~数枚の画像で、10~100枚の数値が得られることもある。しかし、BIOMIMESYS®で再現したミニ組織や臓器で分子を調べる場合、3D画像を重ね、2枚の画像の隙間を埋めて対象物を再構成し、解析して定量化する必要があり、しかも同じ分子のライブラリーを高速で検査する必要があります。そのため、デジタル技術はファーマの中心的な存在となっています。

[EM] : あなたのようなプロジェクトを遂行するためには、どのようなデジタルビルディングブロックが必要なのでしょうか?

[Grégory Maubon] : BIOMIMESYSで再構成した組織に対する分子ライブラリの効果を解析するために、ビッグデータ、画像スタック再構成によるオブジェクト解析、機械学習・ディープラーニング・AIによるデータ解析を行います。

[EM] : 特に人工皮膚の再建のために、3Dプリント技術を開発しているバイオテクノロジー企業が多くあります。御社のBiomimesys®テクノロジーとの違いや共通点は何ですか? 収束するポイントはありますか?

[NM] : バイオプリンターやバイオインクを開発する企業、例えばCellink、細胞サービスや治療を行う企業、例えばボルドーのPoetisは皮膚や肝臓の再建を、Organovoは肝臓の再建を行っています。私が思うに、バイオプリントにはいくつかの問題点があります。第一の問題は、細胞のプリントに時間がかかることで、マイクロティッシュを作ることはできても、オルガノボがやろうとしているような高速化や完全な臓器再現には使えない。2つ目の大きな問題は、固体構造を持たないハイドロゲルであるバイオインクを使用することである。このハイドロゲルは細胞を包み込み、ガスや栄養の交換を減少させます。自然はうまくできているもので、BIOMIMESYSに入れると細胞が自己組織化します。例えば、BIOMIMESYS®で幹細胞を分化させると、すべての機能的な肝細胞で構成された完全なオルガノイドを得ることが可能になった。 一方、バイオミメシスは100μm程度と非常に多孔質であるため、構造体の中心で細胞が死滅することなく、大きな構造体を作ることが可能です。

[EM] : HCSファーマは、リールとレンヌの2つの拠点を持ち、フランス法に基づき、フランスで誕生しました。資本金の構成もフランス企業なのか? ?

[NM] : 今のところ、そうですね。しかし、このような破壊的技術の資金調達は難しく、資金ニーズは相当なものである.

[EM] : 健康危機は、健康分野におけるフランスの主要な産業依存度を浮き彫りにしました。産業主権の側面について、どのようにお考えでしょうか。HCSファーマは、この主権にどのように貢献しているのでしょうか。

[NM] : これはフランス政府の悲願であり、欧州もEICで支援していますが、財源がないと私は思っています。私たちが数十万ユーロの資金調達に苦労している間に、米国ではスタートアップ企業が数百万ユーロを調達しているのです。フランスでは、シードステージ以降、開発資金を調達することが非常に困難です。EICでは、ディープテックのスタートアップ企業は最大1,500万ユーロの資金調達が可能ですが、スタートアップのタイミングにそぐわない3段階の長いプロセスで、まだ十分とは言えません。私は、このBIOMIMESYSの技術をフランスで維持できればと思っていますが、資金調達の問題を考えると、多くのスタートアップ企業と同様に、事業を立ち上げるだけでも、アメリカやアジアへの移住が義務づけられることは間違いないでしょう。

[EM] : ライフサイエンス分野も含め、ITツールやクラウド化は必須となっています。会社の役員として、データをめぐるセキュリティの問題を認識していますか?

[GM] : 創業当初から、私たちはITサービスのハイブリッドビジョンを戦略の基本としてきました。私たちのツールの一部は、その開発とスケーリングを容易にするために、クラウド上でホストされています。第二部は、セキュリティとデータ量の関係から当社敷地内に設置されています。私たちはインフラのセキュリティを非常に重視しています。なぜなら、私たちのデータもお客様のデータもすでに保護されているからです。セキュリティの問題は、あくまでも技術の問題であることを明確にしておきたいと思います。今日、ソーシャルエンジニアリングが最大の危険であることから、「コンピューターセキュリティのジェスチャー」を全員が意識するよう、定期的に社内教育を行っています.

[EM] : アメリカの技術的ソリューションを選択すると、その法律の治外法権により、リスクを負うことになることをご存知ですか?そして、この武器を「経済戦争」の文脈ですでに使っていること。?

[GM] : 私たちはこの問題をよく認識しており、現在行われている欧州共同体の対米交渉に遅れをとらないようにしています。私たちのITニーズには、できるだけヨーロッパのソリューションを使うようにしていますが、私たちのような中小企業にとって適切なソリューションを見つけるのは難しいこともあります。幸いなことに、Dolibarr ERPやCryptPadコ・クリエイション・ツールのような可能性はどんどん広がっていますし、Euclidiaのようなオファーを構造化する取り組みも期待されています。

[EM] : デジタル主権は、ビジネスリーダーにとって重要な次元だと思いますか?

[GM] : HCSファーマでは、技術的主権とデジタル的主権が非常に重要な次元にあります。がんや神経変性疾患など、今世紀の疾患に対する効果的な治療法を見つけるためには、BIOMIMESYSのような破壊的技術を用いたハイスループット・スクリーニングに使用する関連細胞モデルの再構成から、デジタルツールを用いた画像やデータの解析まで、あらゆるレベルでイノベーションを起こす必要があります。

一方、デジタル主権という概念は、従業員20人以下の企業にとっては二の次に見えるかもしれませんが、実は基本的な戦略課題なのです。今日、デジタル技術は、その規模にかかわらず、すべての企業の中核をなしています。しかし、残念ながら、スキルや時間、リソースが不足しているため、適切なツールを導入することが最も困難なのは小規模な企業です。私たちは、デジタル技術に関わるすべての決定において、「インフォームド・チョイス」(まさに主権の原理)を心がけ、このコンセプトを非常に大切にしています。時には、先に述べたように複雑で、現実主義を適用しなければならないこともあり、それはコストの問題とリンクしていることが多いのです しかし、やはりこの弱点に惑わされることなく、早く選択する力を取り戻そうと取り組んでいます.

[EM] : HCSファーマに話を戻しますが、今後5年間の抱負をお聞かせください。

[NM] : BIOMIMESYSの技術を国際的に認知させ、そのために米国やアジアに新たな拠点を設けて国際的に展開できるようにすること、がんや神経変性疾患に対して現在市販されているものよりはるかに有効な新薬候補を見出すために、BIOMIMESYSを社内用として研究開発を継続することが野望であり、そのためには、BIOMIMESYSの技術革新が不可欠です。アジアでは、細胞治療や再生医療の技術開発にも取り組みたい.

[EM] : そろそろインタビューも終わりに近づいてきましたが、結論はいかがでしょうか。

[NM] : 私の結論は、フランスの再工業化が重要であり、バイオミメシスのような破壊的技術によってそれを行うことは、技術主権に向かう素晴らしいアイデアであるということです。フランスだけでなく、ヨーロッパでも物事は正しい方向に進んでいると思います。しかし、こうした変化をより速く進め、資金を増やす必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top