Close

トラッキングマーカーに関する問題。

Source : pexels adrienne andersen

ここ数ヶ月、ヨーロッパの#cnilは、#GoogleAlanyticsタグの使用を#rgpdの非準拠として順次非難しており、当然ながら、これは歓迎すべき決定であります。

このように#googleanalaticsを利用する全ての主体が適用される禁止措置は、現実的に問題がないわけではなく、営利・非営利を問わず、多くのウェブサイトがこの決定に従わない可能性があります。しかし、データの保護に不安を抱くエンドユーザーが増えれば、#rgpdに違反した企業が受ける罰則を考えると、事態は急速に変化する可能性があります。

しかし、欧州の#CNILは、疑問を投げかけるタグ付けの使い方を知っていても、この実践のある側面は考慮されていないようです…。

実際、Google、Facebook、Tik-Tok、その他アメリカや中国の大手デジタル企業のソーシャルネットワークはAPI(Application Programming Interface)を提供しており、例えば、第三者のサイトやプラットフォーム(例えば、サイトのページにYouTube APIを挿入した場合)で動画を再生することが可能です。ただし、これらのAPIには、#googleanalyticesとは異なり、提供者のプラットフォーム(Google、Facebookなど)のみを対象としたタグもあり、タグ付き動画を視聴した場合、例えば、このタグ付き動画を視聴した際に使用したコンピューターのIPアドレス、識別子、ブラウザの種類、OSの種類などの個人データを取得し、これに視聴した動画の種類を付加することが可能です。これにより、例えば、テーマによっては、政治的、食事的、性的指向を知ることができます。

フランスのデータ保護当局であるCNILがこの部分を調査し、デジタル大手に我々のデータを恥ずかしげもなく流用するのをやめるよう喚起してくれれば、私の視点からは面白いのですが! また、ChromeやEdge Safari、あるいはBraveのようなブラウザの使用は、トラッキングの観点からどのようなことを意味するのか、理解したいと思います。後者は、データを守るブラウザという謳い文句とは裏腹に、検証のためにGoogleのタグを使っていると言われています…。

アメリカのインターネット大手の覇権は非常に心配で、データの安全性や主権だけでなく、影響力にも問題があるからです。私たちのインターネット閲覧が影響を受けたり、指示されたりしないようにするにはどうしたらよいでしょうか?このようなデジタルパワーが世論を形成しないようにするには、どうすればよいのでしょうか。

Googleのように、欧米で約65%のシェアを持ち(Leptidigital社)、様々なデータセンターで多数のサイトをホストしているプレイヤーが、ネット上での私たちの活動を正確に把握できないと信じられるでしょうか。どのような活動の痕跡を、どのような目的で捕らえるのか。

何百万人、何十億人という人々の情報が蓄積されることを想像すると、それをどのように利用するのだろうと考えるのは当然です。特に、こうしたアメリカの大きなグループのリーダーたちのトランスヒューマニスト的傾向を知っていると、中国側に蓄積されるデータの危険性は言うまでもありませんが、中国政府が示す全体主義を考えると、それに劣らず恐ろしいことなのです

私企業でありながら、アメリカの利益と優位性(少なくとも数字上)のために働くこれらの企業の準独占的覇権がもたらす反民主主義的リスクを、個人として、また集団として無視することができるだろうか……。

一市民として、これらの問題を取り上げるべき時が来ていると思いませんか?私たちのデータ保護のためのこの戦いは、絶え間ない戦いのままですが、危機に瀕していることを考えると、戦う価値のある戦いなのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top