Close

技術システムのアクセラレーターとしてのデジタル技術?

Source : Pixabay

マークする読み物があります。この夏、ジャック・エルールの哲学的・社会学的論考である『技術者制度』を読みました。 彼が予見したに過ぎない社会の進化やデジタル技術の影響について考えるきっかけになると思いますので、ぜひ読んでみてください。この本は魅力的で、私たちが生きている世界について問いかけてきます。そして、それがデジタル技術とどのような関係があるのかとお考えでしたら、私は彼のメッセージに対する私の理解を共有しようと思います。

 

テクニシャン制度

まず、ジャック・エルールの「技術システム」の定義から理解したことは、以下の通りです。

テクノロジーはテクノシステムの構成要素の一つであるが、この概念はあまりにも限定的であるため、テクニックについて話さなければならない(テクニックは必ずしもテクノロジーと結びついているわけではなく、人事テクニック、マネジメントテクニックなどでもよい)。技術システムは、人間が数千年にわたり進化してきた自然システムに取って代わるものです。自然システムは、迷信や宗教などの信念体系を伴って、人間に制限を課し、特に共同体意識を伴う倫理的・道徳的な制限を課していました。.

ジャック・エルールは「テクニシャン・システム」と呼んでいるが、これはシステムが自分だけを必要とし、自己増殖するものであり、人間はもはやその発展に何の影響力も持たないからである。生命の複雑さは、どちらかの技術で処理される小さな断片の連続に要約されます。これらの技術によって逆効果や損害が発生した場合、最初に使用した技術によって引き起こされた問題を解決するために、他の技術に避難するのである。このセグメンテーションは、人事手法、経営手法など、あらゆるレベルで見出すことができます。

同時に、技術・テクノロジーの永続的な進化の動きもあり、それは進歩であると考えなければならない。この「進歩」は、新しい知識を探求し、新しい技術的可能性を開発し、そこから新しい技術や技法を直接的に導き出す研究開発から生まれる。人間は、研究とその技術的応用を切り離すことで、すべてをマスターしたと、いまだに信じたいのだ。研究は悪いものでも良いものでもなく、倫理的な配慮を必要としないのは事実であり、この点は研究結果の利用の良し悪しに留保される… しかし、そのようなことはありません。なぜなら、ある技術や技法が使えるようになると、それが使われるようになるからです(例:核爆弾の研究、最初は原子や原子力の基礎研究…)。

技術システムを自給自足的なシステムと定義することができるもう一つの観察は、進行がグローバルな方法で連続的であることで、ある方向が一過性または決定的に放棄されることがあっても、それはある次元でのことで、他の次元は進行し続ける。このように、ある分野、例えば自動車で進化できなくなったら、その分野で培った技術を航空や宇宙など他の分野に応用していくのです。そして、各セクターが他のセクターを養うことができる逆ループができる…)

技術システムの成長を加速させた最後の要素は、コンピュータの出現で、作業の自動化がどんどん進んだことだ。デジタル変革、そして人工知能や量子コンピューティングの基盤の出現は、この加速の兆しです。

先進国社会の政治組織にまで影響を及ぼす「進歩」への強制的な行進が、人類にとって有用であるかどうか、いまだに疑問に思っているのだろうか。いや、もちろん、一方には進歩的な人たちがいて、他方には理性の領域から外れることしかできない人たちがいるわけですが.

デジタルの果たすべき役割とは ?

ジャック・エルールは、1970年代の終わり頃、コンピュータ技術が黎明期にあり、人間が行っていた多くの仕事を単純化し、自動化するという約束に満ちていた当時、この革命に危険がないわけではないことを感じ取っていた。彼はすでに、複雑な活動を、結果を得るための複数のプロセスに細分化することを予見していたのだ。このような技術的な組織に内在するリスクは、タスクがますます専門化し、より全体的なアプローチが損なわれることである。その結果、人間のアクターが過度に専門化し、プロセス全体を見渡すことができなくなり、仕事の意味の喪失を加速させることになる。このことは、少なくとも部分的には、仕事の世界でますます観察されるようになっている離職を説明するものである.

この新しい環境で効果を発揮するためには、より多くの科学者や技術者を育成する必要があります。教育システム全体がこの目的に向かっていなければならない。かつて「人文科学」と呼ばれていたものは、もはや何の興味もないのだから……。

デジタル技術はこのような傾向をさらに強め、活動はますます多くの専門的なタスクに細分化され、これらのタスクを実行しなければならない人々は考えることを要求されなくなりました。

ジャック・エルールが描いたように、私たちは次第に自分の仕事に関心を持たなくなるパフォーマーに過ぎなくなる運命にあるのです。その結果、「意味」の追求が復活し、離職に追い込まれる人が出てくるのです。

このような仕事への関心の薄さを補うために、テクノシステムは、システムそのものが人々にもたらす内的緊張を和らげる解決策を提供しようとしている。技術システムが生み出す空白を埋めるために、余暇活動や消費者の欲望が提案されているのです。

しかし、ここでも組織で観察される欠点は、余暇でさえもパフォーマンスが合言葉である私たちの個人生活にも見受けられるのです。

デジタル技術は、私たちの日常生活、当局との関係、健康管理、そしてもちろん職業生活にも大きなメリットをもたらしますが、それでも私たちは自問自答を続けなければならないのです。

このように、例えば行政との関係で多くの業務を自動化することで、通常のニーズの80%はカバーできると思いますが、残りの20%はどうでしょうか。コンピュータに詳しくない人は、傍流に追いやるべきでしょうか?自動化には、人間のスタッフの数を減らすことが必要なのでしょうか?CSRへの影響は?

こうした正当な疑問に加えて、こうした技術・テクノロジーの発展が導く社会への懸念も現実のものとなっています。そして、(自己)監視の社会、プライベートな空間が存在しない社会への移行を避けることはできないのでしょうか。気候変動という非常事態に直面したとき、健康パスの次は、エコロジー・パスで、交通手段を使うか使わないかを決めるのだろうか?食品を購入する際に、あれこれと制限をかけること?

そして、あなたのデータはどのように収集され、誰が所有しているのかという関連したトピックもあります。州?デジタルアクターに?そして、何のために?このことは、デジタル主権、つまり技術的な主権(ハードウェアやソフトウェア)だけでなく、自分のデータに対する個人の主権という重要な問題に立ち戻ることになる。私たちは、これらのテーマだけでなく、他の多くのテーマについても、主権を失うことの危険性をはっきりと理解することができます。

もう一つの懸念材料は、私たちの生活を「脱物質化」とまでは言わないまでも、バーチャル化したいという願望です。このような理由から、約束されたメタバースの到来は、かなり心配なものに思えるのですが、私の考えでは、2つの大きな問題があります。まず、クラシックRSですでに観察できる中毒性。そして、私たちの心の操作、現実や環境から切り離された個人への没入型バーチャルの影響はどうなるのか、さらに一般的な問題として、私たちの知る人間社会にどんな影響を与えるのかという疑問があります。人間は自然環境から完全に切り離され、技術システムの歯車のひとつになるようにできているのだろうか。しかし、これはすでに私たちが無意識のうちに歩んでいる道ではないでしょうか?

 

展望とは?

私はどちらかというと、科学技術の進歩と、それがもたらす真の進歩を支持する立場です。しかし、これらの開発が私たちだけでなく、社会や自然環境に与える影響についての考察を省くことはできないのでしょうか。政界が「進歩」陣営を演じているのを見ると、それは他の形のビジョンに対する理性のそれであろう、そう、私は心配になり、ジャック・エルールが正しくないのかと思うしかない、技術システムは自律的で自己満足に陥り、人間が技術によって形作られたこの新しい世界で持つべき能力の場所の選択だけを残しているのだ。これが、私たちが生きたい、子どもたちに残したい世界なのでしょうか。他の選択肢はないのか?今のところ、デジタル技術は技術システムの成長を加速させる無制限な(?あらゆる進歩が禁止され、衰退主義と人間が環境の毒であるという確信だけが残る曖昧主義的な選択肢に陥らないために、どのような道を選べばよいのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top