Close

10月15日、22日付社説

10月15日、22日付社説

フランス国家の高官たちが、フランスのデジタルアクターを断罪してやまないことに絶望を覚えるのである。すでに2020年4月には、その名の通りフランスの健康データのプラットフォームである「健康データハブ」の異常な選択が、特に「#playfrancedigital」という集団の創設によって、フランスのデジタルアクターの反発を招いていた。その時すでに、「フランスのプレーヤーには、サービスを提供する能力がない」という誤った理由を聞いていたのだが……。

そして10月8日、#anssiのディレクターであるGuillaume Poupardは、フランスのプレーヤーは#gafamsのタスクに対応していない、これが絶対的な主権を語ることができない理由の一つであり、信頼できるクラウドについてであると述べた…特にクラウドについての主権という希望を葬る、かなり直接的な方法である。(La Tribune de 8 oct. 22).

というのも、我が国の公務員は我が国のデジタルプレーヤーを否定し続けていますが、不思議なことに、アメリカ人はこの意見を共有していないようで、我が国の新興企業やVSEを常に買い漁っているのです。このため、技術や特許が失われ、フランス経済に悪影響を与えているのです

そろそろソフトを変えてもいいんじゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top