Close

デジタル編集部 – 2022年12月21日

edito

デジタル編集部 - 2022年12月21日

クリスマス休暇の時期がやってきました。まず最初に、メリークリスマス、そして楽しいホリデーシーズンをお過ごしください。2022年最後の社説は、デジタルに対する評価と、私たちが主権を取り戻すという意味で提案します。
まず、2022年は産業・デジタル主権省が誕生しました これは、主権を求める私たちの戦いに有利な最初のポジティブな兆候です。
この1年間は、フランスのさまざまなデジタルアクターが、ある団体を通じて、あるいはより個人的な方法で、行動を起こしたことに象徴されます。
行政機関におけるO365Google Digital Workplaceソリューションの使用禁止に関する発表が行われましたが、これは、この問題の最前線にいる国会議員Philippe Latombeの動員により、教育省によるこの意味での発表とともに具体化したものです。
Numpost (Docapost – Outscale – Bouygues)
という、真の主権者と信頼されるクラウドの設立が発表されましたが、これは正しい方向への新しい一歩と言えるでしょう。
CCI
への公開書簡を発表し、2023年におそらく何が出てくるか
しかし、まだ重大な警告点があります。
米国商工会議所は、米国のスケーラーが特定の市場から事実上排除された場合、欧州に報復措置を取ると脅している
アーシュラ・ヴァン・デル・ライエンはアメリカのガスと引き換えに我々のデータを売り渡した、これは深刻な問題として注視されるべきだろう。
2022
年がデジタル主権の分野での進展を期待させるものであるならば、警戒を緩めず、戦いを続けることが肝要です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top