Close

2022年1月31日 プレスリリース – Philippe Latombe

Source: Assemblée Nationale

世界は今、歴史上かつてない科学技術革命を体験しています。この革命は、コンピュータサイエンス、物理学、化学、生命科学、地球科学など、あらゆる科学と技術、そして何よりも、これらすべての専門分野に不可欠で横断的な基盤である数学に基づくものである。共和国大統領によって提示された「フランス2030計画」の戦略的課題のうち、ほとんどが高いレベルの技術的・科学的資格を必要とするものです。

私が報告者を務めたデジタル主権に関するミッションでは、我が国の科学技術の不足が、トピックの周辺であったため偶発的にではあるが、複数のスピーカーから言及され、大きな話題となった。それ以来、私が経済界の人々と議論してきた中で、このテーマはまるでライトモチーフのように出てきた。

再工業化、確かにそうですね。しかし、どんな人材で?始める前から、すでに多くの分野や資格のレベルで技能不足が発生しています。Observatoire paritaire des métiers du numérique et de l’ingénierie の調査によると、フランスでは5000人のエンジニアが不足しているとのことです。

しかし、近年のリセとバカロレアの改革は、人文科学の地位回復を目指したものであったが、数学と科学科目が不利になるように行われ、新たな不均衡を生み出してしまったのである。同時に、フランスは初等・中等教育の国際ランキング(PisaとTimss)において、毎年少しずつ順位を下げている。フランスの若者は、数学に対する拒否反応とまではいかないまでも、明らかに興味を失っていることがわかる.

2018年、ヴィラーニ=トロシアン使節団は、こうした困難を緩和するために数学教育に関する21の施策を提案したが、公教育数学教師協会(Association des Professeurs de Mathématiques de l’Enseignement Public)が非難するように、数学計画の実施に割り当てられたリソースは課題に応えられない状態である。

フランス情報学会(Société Informatique de France)は、科学教育を国家の大義とすることを訴えて、「国家の未来は、何よりも、起こっている大きな変化に対応した訓練を若者に与えることによって築かれる」と述べています。そこで、先週の土曜日、ミシェル・ブランカー文部大臣に質問書を提出し、現代の経済的・社会的課題に対応し、わが国の大志に不可欠なスキルを身につけるために、どのような訓練を想定しているのか質問したところです。特に教育に関しては、政策の効果を確認するのに数年待たねばならないのは明らかであるため、時間が重要なのだ.

Philippe Latombe

ヴァンデ議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top