Close

ヨーロッパはアメリカのガスと引き換えに我々のデータを売り渡すことを決定しているのだろうか?

Source: Pixabay

下品な言葉でショックを与えるかもしれないが、この記事は本当に暴言だ! 私は何年も前から、私たちの主権、特にデジタル主権を積極的に擁護してきたので、私をフォローしてくれている読者にとっては、これは驚くべきことではないのです。この次元を考慮に入れるべき論理的な理由を繰り返すつもりはない。

私が怒っているのは、ウルスラ・フォン・デル・ライエンに代表されるような無関心なヨーロッパの技術者たちが、ヨーロッパ市民のデータをこっそり米国に売り渡すことを、またしてもあっけなく行ってしまったことです.

 

事実関係

 

ウクライナ危機は、思いもよらない影響を及ぼしています。

ドイツの「パートナー」が脱原発という政治思想的な選択をしたことで、化石燃料である石炭とガスへの依存度が高まり、ロシアのガスへの依存が不可欠になったことを忘れてはならない。

ウクライナ危機ですべてがひっくり返り、この依存体質に耐えられなくなり、ドイツの「友人」たちはアメリカの液化ガスを必要としているのです。

アメリカ人は喜んでドイツ人に手を差し伸べ、ガスのバルブを開けてあげると言った。見返りは?ロシアを懲らしめる満足感?確かに。音とつまずきのドル?もちろん、それだけではなく、何よりも私たちのデータが重要です。

フィリップ・ラトンブ副社長やフランスのデジタルアクターたちとの素晴らしいインタビューの中でも触れましたが、フランスやヨーロッパの企業が成長し、アメリカのソリューションに代わる確固たる存在になるためには、3年から4年の猶予が必要でした (Les Rendez-vous du Numérique Mars 2022)。

この可能性は、ドイツの利益のために欧州とフランスのデジタル産業を犠牲にしたUrsula Von der Leyenによって無に帰してしまった。なぜなら、この分野は、フランスの優秀性が空虚な言葉ではなく、世界のリーダー、少なくともヨーロッパのリーダーを築くことができる稀有な産業分野の1つだと思えるからです。どんな犠牲を払ってでも、ドイツ経済に影を落としてはいけないと考えるのは、小さな一歩だが、私はそうはいかない…。

さらに心配なのは、政治指導者たちの耳を塞ぐような沈黙である。デジタル技術担当の国務長官セドリック・オーは、おそらくアメリカの会社で民間企業への再転職の準備に忙しいだろう (Effisyn SDS)? 大統領に関しては、あまり良くはないですね、主権と言いましたか?すみません、時間がありません、世界平和を守らなければなりません。.

 

プライバシーシールド-2 何をすべきか?

 

これは現時点では答えにくい質問だ。もし確認されれば、我々は対応しなければならないし、そうでなければ悲惨な結果を招くだろう。

実際、#SafeHarborの無効化(CJEU判決#schremmI)、そして#PrivacyShieldの無効化(CJEU判決#schremmII)につながった理由が消滅したとは考えにくいです。この前回の無効化以降、米国の法律が大きく変わった形跡はない。

問題の本質は、米国の法律が人々の個人情報に対して全く同じ保護を提供しないことです。フランスやヨーロッパでは、あなたのデータはあなたのものですが、アメリカでは、#gafamのように、データを収集する人のものです。この点は、どのバージョンの#PrivacyShieldでも、先験的に解決されることはないでしょう。

もしこの(先験的に確かな)情報が確認されれば、私たちフランスとヨーロッパのデジタルアクターは、#schremmIII の#CJEU の裁定に迅速に到達できるよう、動員しなければならないだろう。

それと並行して、この決定がどのようになされたのか、議論の権限は何だったのか、すべての欧州のパートナーが関与していたのか、などを理解するために、欧州レベルでの調査を要求することも賢明でしょう。この合意でウルスラ・フォン・デア・ライエンはどのような役割を果たしたのか、彼女はドイツの利益のためにヨーロッパの利益を犠牲にしたのか。

 

結論

 

この決定はマスコミの目を潜り抜けましたが、フランスの多くのデジタルアクターが反応しました。ほとんどの人が幻滅し、このニュースを打撃というか、背中を刺されたように受け取っている。

私は、我々の政治指導者たちが、デジタル産業が我々の将来の経済にとって何を意味するのかを理解していないこと、そして、彼らがアメリカ帝国主義に完全に服従していることを恐れているのです。

万が一、現在のエリゼ会長が再選されなかったとしても、事態が大きく変わるとは思えないし、確信も持てない。

しかし、戦いは続く。アメリカの技術に従うというモデルを変える必要性をユーザーが最終的に理解すれば、私たちはデジタルな独立を獲得することに成功するのだ。その道のりは長く険しい。リーダーたちの怠慢を前に、デジタル分野でも他の場所でも、私的領域でも職業領域でも、市民が消費者役に変身することが重要だと思われる。

もし、多くの企業で、経営者やバイヤーが、地政学的リスクだけでなく、社会的・環境的インパクトも考慮して、主権や技術的独立性を基準にデジタルを選択すれば、現在アメリカの技術に臣従しているフランスのデジタルランドスケープを描き直すことができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top