Close

主権型プライベートクラウドを目指すCozy Cloudの共同創業者、Benjamin Andréにインタビュー。

Source : Cozy

 

Benjamin Andréは、彼の非常に素晴らしい個人的な主権クラウドアプリケーションについて話してくれるでしょう(コージークラウド)。また、デジタル主権というテーマに対する立場や、現在の取り組みに対する印象についてもお話いただく予定です……

 

[Emmanuel M] : コージー・クラウドのユーザーである私がインタビューに応じることができて、とても光栄です?

[Benjamin André] : この冒険を要約することは不可能です。激しく、予測不可能で、エキサイティング。毎年、様々な驚き(新しい規制、健康危機、データスキャンダルなど)がありますが、変わらないことが1つあります。それは、ユーザーを中心に置き、もはや「製品」ではないデジタルモデルの課題と機会の拡大です。 

[EM] : コージークラウドの機能範囲と特徴について教えてください?

[BA] : 今日、あなたの個人データはすべてクラウド、つまり「他人のクラウド」に移行しているのです。私たちのジレンマは、デジタルサービスの利便性を享受したいのであれば、自分のデータに他人がアクセスすることを許容せざるを得ないということです。

もし、あなたのデータをすべて「あなたのクラウド」に置くとしたら?

すべてのデータを一元管理できるクラウドでは、GAFAの閉じたサイロを超えた充実したサービスと統合性を得ることができます。そして、これは誰にもデータを明かすことなく、アルゴリズムがユーザーのパーソナルクラウドの中でローカルに処理するため、データが離れることはありません。

そこで、コージークラウドは、快適性と安全性を兼ね備えた「自分専用のデジタルホーム」であるコージーを、すべての人に提供します。ユーザーは、現在分散して管理されている自分のデータ(銀行、健康、ログインとパスワード、ジオロケーション、写真、請求書など)をすべてまとめることができます。これは日常生活を簡素化するものです。一方、デジタル技術はパスワード、ダウンロード、共有、同期、バックアップなどの断片的な地獄を発生させています。このようにデータの相互参照が可能になったことで、例えば銀行やAmeliの口座、付帯する健康保険などのデータを照合し、精算漏れがあった場合に警告を出すことができるようになりました

コージーのデジタルホームを作ることで、ユーザーは以下のようなメリットを得ることができます。

– さまざまなデバイス(Mac、PC、Linux、Android、iOS)でドキュメントやその他のファイルを保存、同期、共有、整理するためのドライブ

銀行に行けないとき、個人の家計をよりよく管理するための銀行。

– すべてのID、ログイン名、パスワードを保存・同期し、フォームやオンラインサービスの入力地獄から解放するためのパス

– オンライン・テキストエディター「Notes」で、レポートやレッスンシート、アイデア注釈を簡単に作成・共有できます。

また、250以上のブランドと接続し、あらゆるタイプのデータ(請求書、銀行取引、連絡先など)を自動的に取得することができます。

 

[EM] : コージークラウドの今後の展開について、概要を教えてください?

[BA] : 過去4年間、主に公共・民間企業とのプロジェクトを展開してきました(レンヌ大学とは学生やエージェント向けのパーソナルデジタルスペース「MyToutatice」、グラン・リヨン都市圏とはエネルギー消費を監視するアプリケーション「Ecolyo」、ラ・ロシェル都市圏とはパーソナルクラウドから自分の二酸化炭素排出量を可視化する「Coach CO2」、地方自治体には市民のためのパーソナルデジタルスペースを提案しデジタル排除との戦いを支援しています)。

私たちのビジョンは、この4年間、驚くほど安定しています。ユーザーをすべての中心に据えることで、チャンスは無限に広がります。コージークラウドはオープンソースであり、セルフホスティングを可能にしています。

しかし、これからはB2C、つまり一般消費者向けにもっと舵を切っていくつもりです。特にフランスの国民教育システムから資金提供を受けているいくつかの継続的な開発のおかげで、新しいサービスを提供することになりました。

どのようなものですか?OnlyOfficeとの連携、例えば、パスワードの共有、選択的同期(すでに利用可能)、コネクターによるデータ取得の新しいソリューションなどです。

これを機に、一般のお客様や、規模が大きくても対応する必要がない企業に対して、新しいサービスをアピールすることで、コミュニケーションを新たにしていきたいと考えています.

[EM] : コージークラウドは数字で言うと、ユーザー数、国数、パートナーシップの数です?

[BA] : 現在、フランス語圏を中心に25万人以上のユーザーがいます(コネクタの関係で、フランス語のサービスのみ)。

欧州レベルでは、個人情報に関する自己決定権を強化し、個人に力を与える人間中心の組織を推進することを目的としたNGO、MyData Globalのメンバーです。このたび、データの相互運用性と移植性が評価され、3回目のノミネートとなる-MyDataOperator-を受賞しました。

また、銀行、保険会社、地方自治体、フランス教育省など、信頼できる他の事業者にも当社のプラットフォームを提供しています。

このような流通の多元化は、一方でこれらのプレーヤーが「信頼資本」を活用し、デジタル時代の信頼される第三者としての新たな役割を担う機会でもあります。しかし、それはまた、コージーが「あなたは去ることができるから残る」と断言できる手段でもある。実際、ユーザーは自分のコージーをある事業者から別の事業者に移すことを選択でき、好循環のエコシステムの条件を作り出すことができるからである. 

[EM] : デジタル主権についてはどのようにお考えですか、懸念される問題でしょうか。個人的なレベル、そして起業家として ?

 

[BA] : 情報スーパーハイウェイがフランスやEU圏外のプレーヤーへの一方通行である限り、サービス、意思決定、学習、共通財の可能性を完全に逃がしてしまうでしょう。したがって、決済、社会的関係、購買、物流、貨幣、個人向け教育、雇用市場の流動性、情報など、日常生活でますます重要になるデジタル商品を提供できる経済プレーヤーがいなくなるのです。

しかし、このデータを取り戻すには、ユーザーが自分のデータを取り戻す正当な権利を行使し、サービス事業者間の競争の場を公平にすること以上に良い方法があるでしょうか。なぜなら、ユーザーデータを保有することは、もはや競争を消滅させる利点ではなくなっているからです。

良いニュースは、規制当局がこのことを理解していることです。

欧州委員会は、データ・ガバナンス法をもって、個人がオンライン・サービスから自分のデータを取り出してくれるよう依頼できる、規制された信頼できる第三者の地位を計画しており、その法的義務を負うことになる…」。

また、現在準備中のデータ法もこの方向に進んでいる。銀行データへのアクセスに関する規制(DSP2)は、助けるつもりだった人々を殺してしまったため、特に構想が甘かった(フランスの4つの銀行アグリゲーターは銀行に買収されるか閉鎖された…)が、ACPRによって最小限に適応しようとしているようだ(欧州銀行庁は協議を開始し、英国はその自治権を利用してテキストの異常さに疑問を呈している…)。

これらの規制プロジェクトは、たとえ完璧ではないにしても、正しい方向に進んでいる(今日、ブリュッセルで最も強力なロビイストである大手プラットフォームのロビイストたちが、これらの善意の文書に、実際にはほとんど機能しなくなるような砂粒を入れるために最大限の努力をしていることは疑いない… 記事全体を養うには十分だ… )。

しかし、規制があろうとなかろうと、ユーザーが自分のデータにアクセスすることを妨げることはできません。私たちはまさに、このテーマについて大きな技術革新を準備しているのです。そして、私たちが回復した個人のデジタル自治から、私たちの集団主権に必要な知識とサービスを生み出すことのできる経済が生まれるのです。. 

[EM] : PlayFrance」の取り組みをご存知ですか?参加されましたか?

[BA] : もちろん、そうです。私は2年前、パスカル・ガヤットの呼びかけに応じて署名しました(Les Cas d’OR du Digital, Les Pionniers du Digital)。フランスでデジタル主権を主張する集団に加わることが不可欠だと考えたからです。フランスの技術者たちのこのような意識は、今こそヨーロッパで、いや、それ以外の国でも聞かれるようにならなければならない。. 

[EM] : 大口民間企業や公的機関がソブリン・ソリューションを選択することに消極的であることについて、どう思われますか?

[BA] : 民間企業の中には、ソブリン・ソリューションに依存することで、自分たちの「ローカル」エコシステムを強化し、いつか痛い目にあうかもしれない依存関係を回避し、一緒にプレーすることを意味する人もいます。公的機関ではなおさらです。

スキルや技術の開発を可能にし、現在最大のデジタル事業者が独占している製品ラインを実現するためのソリューションに資金を提供することが、我々の税金にとって有益であることを、どうして理解できないのでしょうか?

1960年代に先行していたアメリカからターンキー発電所を購入することで、原子力発電の自立が実現したのでしょうか。 

 

[EM] : 一般市民が、広い意味でのデータ保護に関わる利害関係を意識していると思いますか?

[BA] : このような問題意識を持つ人が増えてきており、嬉しく思っています。GAFAからプライバシーに配慮したサービスに乗り換えたユーザーの喜びの声を毎日聞いています。しかし、コージーにとって、データ保護はそれ自体が目的ではないことに留意する必要があります。

通常では不可能なデータ収集やサービス提供のための必須条件です。

[EM] : Cozy Cloudは「個人」をターゲットにしていますが、もっとプロフェッショナルな使い方があるのでしょうか、また、中小企業向けに特別なオファーを用意しているのでしょうか、なぜ大口顧客向けではないのでしょうか。

[BA] : パーソナルクラウドは、スマートフォンやパソコンと同じように、すべての人に向けたユニバーサルなものなのです 銀行や保険会社のように顧客を抱える大口顧客であっても、フランスの教育省のように学生にパーソナルなデジタル空間を提供したい公的機関であっても、従業員とドキュメントを共有したい企業であってもです。パーソナルデータプラットフォームは拡張性があり、B2B2C向けのホワイトラベルプラットフォームとして構築されている.

[EM] : COVIDの時期を脱したばかりですが、コージークラウドにはどんな結果が待っているのでしょうか。

[BA] : ロックダウンの時ほど、デジタルが私たちの生活の一部となったことはありません。

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、社会のデジタル成熟度が7年早まったと見積もっています。企業や政府はロードマップを破壊して劇的に短縮し、Cozyのような破壊的なイノベーションの機会を開いている…

[EM] : 今後2年間のロードマップを提示してください。?

[BA] : アンドロイドはスマートフォンを民主化しました。2年後には、Googleに買収されて3年後の2007年のAndroidと同じ成熟度を目指している. 

[EM] : インタビューもそろそろ終わりに近づいてきましたが、特にメッセージをお願いします。

[BA] : 最後に、「権力を持つ者はみな、それを乱用しようとする傾向があることは、永遠の経験である(中略)権力が乱用されないためには、物事の性質上、権力が権力を停止することが必要である」という言葉を引用しておこう。

                                                                         モンテスキュー『De l’esprit des lois』1748年

この言葉は、三権分立を構造化したデジタル社会の組織について考えることを誘っている。デジタルサービスは、家庭や個人のデータの蓄積から力を得ているので、データを分散化するアーキテクチャを可能にすることが必要です。民主主義社会では、個人が自分のすべてのデータにアクセスし、管理する正当な権利を有する唯一の存在です。

これにより、サービスプロバイダーには新しいデータ経済が、ユーザーにはより強力な利用方法が生まれる機会を提供します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top