Close

BigTechsのインターネット、初期のインターネットは何が残っているのか?

internet des bigtechs

BigTechsのインターネット、初期のインターネットは何が残っているのか?

2020年、COVIDの大流行により、経済の全分野のデジタル変革が加速し、私たちの経済・社会行動が様々な形で変化しています。しかし、これらの変容が今回のパンデミックエピソードによるものだけだと考えるのは単純で、根本的なトレンドはすでに存在していたにもかかわらず、その結果を見ることができなかったからです。
この記事では、これらの激動に対して私が感じたことを述べてみたいと思います。私のビジョンは個人的なものであり、おそらく批判を受けるかもしれませんが、議論を開き、誰もが意見を形成し、それに対して自分のビジョンを表明することができるようになればと願っています。
そのためには、黎明期のインターネットがどのようなものであったかについて、私の理解を示す必要があるだろう。

インターネットのはじまり

インターネットの黎明期、分散型アーキテクチャ(ノード)を持つウェブは、イノベーションの分野でも表現の自由の分野でも、大きな自由を与えてくれました。ウェブを通じてより多くのターゲットにリーチできる可能性は後からついてきたもので、新しい機会の増殖と見なされていた。
しかし、インターネットはDARPA(米国の国防研究機関)の研究所から生まれたものであり、今日のインターネットの種はすでに存在していたと考えるべきだろう……
インターネットの初期には、検索エンジンのプレーヤーが数多く存在し、この多様性には多くの利点があった。たとえ、ウェブをできるだけ効率的にスキャンするために、複数の検索エンジンを使用する必要がある場合もあったのである。
確かに、インターネットは必ずしも誰でも簡単に利用できたわけではなく、コンピュータの仕組みについて最低限の知識が必要な面も多々ありました。しかし、当時のユーザーである「ギーク」たちには、自由奔放な瞬間として受け止められ、映画館やレンタルビデオ、そして音楽など、特にピアツーピアの共有サイトの発展によって、既存の業界を揺るがしたのです。そして、このような対立から、ついに動画や音楽のストリーミング・プラットフォームという新しい産業界の巨人が誕生したのです……

クッキー

クッキーの存在とその用途を覚えておくことは重要です。
インターネットに伴い、「ユーザー体験」を向上させ、一定の情報を収集するために、「クッキー」が生まれました。もともとは接続クッキー(19946月、Lou MontulliJohn Giannandreaによる)でしたが、Nestcape Navigatorのクッキー仕様の最初のドラフトで……
このクッキーは、その後Internet Explorer 2に統合され、すべてのブラウザで使用されるようになりました。早くも1996年、1997年には、このクッキーが個人情報に与えるリスクについて、米国でさまざまな議論が行われました。このような小さなコードの積み重ねが、現在どのような影響を及ぼしているかは、後ほどご紹介します。クッキーの結論として、ウェブサイトが適切に機能するために絶対に必要な技術的クッキー(セキュリティ・トークン、将来のセッション開始時に電子商取引のバスケットで選択した項目を保持、ビデオの放送を可能にする技術情報など)と、トラッキングクッキーと呼ばれる、あなたやあなたのブラウジング習慣に関するあらゆる情報を収集できるクッキーを区別することが必要です

インターネットの今

この20年間、デジタル技術とその基盤であるインターネットは、どのように変化してきたのでしょうか。
デジタルの世界では、仕事でもプライベートでも大半のパソコンにOfficeスイートをインストールしているマイクロソフトを除けば、アメリカのプレーヤーが優勢ではあったが、必ずしも覇権を握っていたわけではないことは明らかである。
しかし、Googleとその検索エンジンの登場で状況は一変し、多くのデジタルプレーヤーが当時、もう一つ考えていたことがある。Googleの誕生は1997年にさかのぼり、それほど昔のことではありません。1999年、ムーテン・ビューに設立され、2,500万ドルの資金調達により、クレイジーな冒険が加速され、離陸したのである。アルゴリズムの品質と検索結果の表示方法によって、この検索エンジンは多くの支持を得ており、競合他社は単なるおまけ程度のランクに追いやられている。キーワード広告の導入により、収益が上がるようになった。他のアプリケーション(Google suiteYouTube)の開発と個人情報の大量収集により、同社は素晴らしいキャッシュマシンを手に入れ、研究開発に大規模な投資を行うことができるようになり、DARPAとの提携は見逃せませんし、おそらくCIAとも提携しています。
アマゾンとフェイスブックの発展を見ると、多くの類似点があります。これらのビッグプレーヤーは、それぞれのサーバーに対するニーズから、巨大で高性能なデータセンターを開発し、特にAmazonGoogleは不可欠なクラウドプロバイダーとなり、Microsoftはすでにサーバーと関連ソフトウェアで確固たる経験を積んでいる

また、これらのプレイヤーに共通する特徴は、様々な手段でユーザーのデータ、特にブラウジングデータを大量に収集し、ユーザーのプロファイルや行動予測を一部可能にしていることである。
しかし、間違いなく、競合他社は、その国籍にかかわらず、特にeコマース・プラットフォームでは、同じような傾向があります……
デジタルが電気のようにコモディティ化すると思わせ、デジタルの概念を根底から覆した最後の一撃が、企業向けクラウド提供の登場だったのです。
これらの要素がすべて、どの国の政治家も問題を理解していないことが多く(アメリカと中国は別か)、寡占化が進み、独占禁止法が施行されているにもかかわらず、これらの巨大企業を強制的に解体することができないでいるのだ。しかし、その意志はあったのだろうか。その結果、インターネットを含むデジタル世界は高度に中央集権化され、事実上の独占状態にあるプレイヤーの手に委ねられることになるのです.

その結果、どのようなことが起こるのでしょうか?

いくつかの種類があります。まず、マクロレベルでの帰結を説明する。次に、個人と社会組織の観点から、私たちに直接影響を与えるミクロレベルの結果について見ていきます。
マクロレベルでは、まず、世界の人口の大部分に関する深い知識を意味する財源とデータの集中が、一握りの企業、特にアメリカのデジタル大企業に前例のない力を与え、多くの国家よりも大きな力と影響力を直接的または間接的に与えているという観察があります。

さらに、特にクラウド、ソーシャルネットワーク、電子メール、インスタントメッセージなどの主要なデジタルプレーヤーは中国かアメリカであり、これらの国はそれぞれ効果的な経済戦争を行うことができる治外法権を持っているという事実があります。経済戦争で、欧州の多国籍企業は、分野を問わず、多くの羽を失い、あるいは買収され、解体された(アルストム事件)。マクロ的には、許容できない覇権主義、控えめに言っても問題のある限られたプレイヤーの技術への依存、そして最終的には、我が国の企業、ひいてはノウハウの恥知らずな略奪を可能にする治外法権への暴露が見られる……

それは、職人や専門職、すべてのVSE/IPOに代表される、重要だが断片的な経済構造に影響を及ぼすからである。アメリカ、フランス、その他の国の大企業が利益を得るために、COVIDのエピソードで、経済関係者の中には苦い経験をした人もいる。
何があったんですか?封じ込め対策に直面し、多くの商社がEコマースへの移行を急がざるを得なかったことを思い出そう。しかし、これらの独立系企業は、多くの場合、eコマースサイトを持つ大手ブランドからの商品の再販業者である。顧客が郵便局が提案するような小規模プレイヤーのマーケットプレイスにアクセスすると、追跡され、その閲覧はアマゾンやグーグルに取り込まれ、これらの顧客の注意を引き、より攻撃的な価格を付けてターゲット広告を作りたい企業に転売される。その結果、これらの中小企業は急いで投資しなければならないだけでなく、これらの電子商取引ツールによって、大企業が潜在顧客を吸い上げてしまうことも少なくなかった。

同様に、ユーザーから見て、比類のない質の高いサービスを設定することに成功したアマゾンのモデルを見ると、ある種の事実に疑問を感じます。アマゾンはユーザーのすべてのデータにアクセスできますが、そのうちのどれだけをパートナーと共有しているのでしょうか。市場のトレンドを見出すことができるため、自社製品を提供し、その市場にいるすべてのプレーヤーと効果的に競争することができます。また、これにより多くの中小企業がはるかに容易に立ち上げることができ、最初は知名度や市場シェアを拡大できるのは事実ですが、この協会が中長期的にそのビジネスに及ぼす影響はどうでしょうか。
このようなことから、地元の商店は、大型店との多かれ少なかれ不公平な競争の後、電子商取引の一般化によって、ほとんどの場合、苦しんでいることがわかる。このデジタル変換は、大型デジタルプラットフォームやマーケットプレイスを利用して行われ、顧客データの豊かさをすべて放棄しているという事実がその主な理由だ。

結論

ですから、今こそ、ビッグテック・インターネットから抜け出し、その国籍にかかわらず、地域の経済構造を尊重した分散型ソリューションを開発する時ではないでしょうか?そうでなければ、すでに脱工業化によって大きな打撃を受けている農村や都市周辺地域の砂漠化、魅力の喪失の最終段階になってしまうと私は思うのです。
私としては、砂漠や見捨てられた地域の真ん中で、すべての富と人口を非人間的で人工的な環境に集中させる巨大都市だけが唯一の解決策であるとは認められません。
もうひとつの解決策は、初期のインターネットの基本に立ち返り、デジタル技術を再ローカル化し、実生活と結びつけ、20世紀に石油メジャーに対してできたように、デジタル・ジャイアントが化けたトラストを攻撃することだ!」。もしできたのなら、今やらない理由はない。独占禁止法や反独占法を強化すべきか、それともすでに自由に使える手段(欧州レベルでは86条)を適用するだけか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top