Close

大統領選挙とデジタル – 2021年10月

大統領選挙まであと6〜7ヶ月ですが、各候補者やプレ候補者に合わせてプログラムが具体化し始めています。この初期段階で、私たちの社会のデジタルトランスフォーメーションに関する考察がどのように行われているのか、そして、このキャンペーンにおいてデジタルがどのような役割を果たしうるのか、あるいは果たすべきなのかを知ることは、私にとって興味深いことでした。

これは最初の記事です。このテーマに関する候補者の立場の変遷を分析してみたいと思います(もしあればですが)。

 

プレーの状態

 

パンデミックが示したように、デジタルというテーマは重要なものです。既存のインフラと、可能な限りファイバーを普及させようとする意志のおかげで、状況に応じたテレワークへの大規模なシフトの衝撃を吸収することができました。

この分野における主権の問題は、私たちのデータの使用に関わる大きな問題であり、フランスのデジタルプレーヤーの集合体であるPlayFranceDigitalの出現を目の当たりにしています。政府は遅ればせながら意識を持ち始めたようだが、いくつかの心強い兆候があっても、行動に移すのは難しい。

反応がないという点では、2つの例を挙げたいと思います。まず、フランスの医療データプラットフォームであるData Hub Santéについて、Microsoft Azureからソブリンのソリューションへの移行がまだ始まっていないのはなぜでしょうか?多くのフランス企業の財務状況に関する非常に戦略的な財務データが含まれているにもかかわらず、なぜBPIはPGE(国家保証融資)の参照にAWSを使用しているのでしょうか?この2つのクラウドホスティングプラットフォーム、Microsoft AzureとAmazonのAWSは、Patriot ActとCloud Actという米国の治外法権に依存しています。さらに、プライバシーシールドが無効になったことで、最低限の契約締結とデータがどうなるかの明確化がなければ、米国にデータを転送することができなくなりました。

肯定的な兆候としては、#WhatsAppを放棄するよう求められた大臣たちがいますが、そろそろその時が来ました!フランスのオープンソースのメッセージングシステムであるTchapのために、ANSSI認証を取得して世界で最も安全であると評判のメッセージングシステムである#olvidを利用することもできました。国のデジタル総局(DIRNUM)が、Office 365(Microsoft)が「クラウドセンター」ポリシーに準拠していないことを念押しする決定を下したことについて、改めて触れておこう(Silicon)。

このように、これらの問題はすべて重要で、私たちの独立、民主主義、経済に影響を与えます。一定数のラインが動き始めていることは評価できるが、これはまだ臆病な状態であり、地政学的な利害関係や経済的な競争(オーストラリア危機)を考えると、ギアを上げる時期に来ている。

デジタル主権を守り、強化するための提案とは?

 

前回の記事では、将来の共和国大統領候補に呼びかける機会がありました(記事エフィシンSDS)。その際、いくつかのアイデアを練る機会がありました。

もちろん、PlayFranceDigitalがサポートする重要な施策もあります。

  • フランスの行政機関からのデジタル注文の50%を国内または欧州のプレーヤーに直接提供(国内プレーヤーがいない場合
  • この目標に沿った運用メカニズム、フランスのデジタルソリューションの開発と採用のためのインセンティブメカニズムを設定する。
  • デジタルのニーズや用途に応じた独自のソリューションを提供するフランス(およびヨーロッパ)企業のインデックスの作成.

そのため、おなじみの言葉を使えば、「挽回するものがたくさんある」ということになりますが、さまざまな選挙プログラムを読むと、何が見えてくるでしょうか?

 

大統領選挙の主要候補者およびプレ候補者の位置づけ

 

この分析を行うために、私はiFRAP財団が行ったプログラムの詳細な比較を参考にしました。デジタル技術をテーマにした番組は一つもなく、このテーマについての明確な戦略の必要性もありません。

また、再工業化と主権については、ほんの少ししか触れられていませんが、これはコビド19のパンデミックで明らかになったテーマです。

デジタル技術の重要性、社会の変革、仕事の性質、今日と明日の雇用のリスクや機会などについては誰もが同意していますが、プログラムには一行もありません。デジタル技術が民主主義や社会的関係にもたらす課題についても、1行も触れていません。

このテーマは、雇用、教育、研究、産業、防衛、さらにはエコロジーなど、あらゆる分野に影響を与える横断的なテーマであるにもかかわらず、これまでのどのプログラムにも一言も書かれていません。怖いじゃないですか。締め切りが迫っているからこそ、政府側の震えを除けば、まだ明確な見解が出ていないのだと信じたいです。

 

結論

 

大統領選挙がまだ先だとしても、すべての候補者が、その政治的色彩を問わず、このテーマを取り上げるべき時が来ているのではないでしょうか。実際、デジタル技術とデジタル主権は、多くの課題を横断するものであり、これらを考慮に入れないことは、将来の欠陥を助長することになり、経済、雇用、さらにはフランスの文化的影響力の回復の可能性に疑問を投げかけることになります。

皆さん、候補者の皆さん、目を覚ましてください。今こそ、この問題に正面から取り組むべき時であり、私たちのデジタルエコシステムは、あなたをサポートするのに十分なほど豊かで活気に満ちています。

聴いてみよう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top