Close

フランスの8つのデジタルプレーヤーは、O365に代わるものとして自らを位置づけている。

Source: Pixabay

今週月曜日(2021年10月18日)、フランスの8つのプレーヤーが、Microsoft O365の代替として自らを設定しました。今回の発表は、フランス政府のクラウド・センター・ポリシーにO365が適合しないことを発表したDNNUMからの指令を受けたものです。そのプレスリリースをご紹介します。

Cloud_souverain___les_8_champions_francais_de_la_DW_vDef

プレスリリースを翻訳しました(一部DeepL)。

パリ 2021年10月18日

 

共和国大統領による主権者クラウドの「延期」に関する発表を受け、300万人以上のユーザーを代表する業界の主要企業8社が、先日デジタル問題担当省庁長官によって「非準拠」とされたMicrosoft 365スイートに代わる、強固で運用可能な代替手段を確保したことを発表しました。

Atolia、Jalios、Jamespot、Netframe、Talkspirit、Twake、Whaller、WIMIは、Microsoft 365(旧Office 365)が提供するソフトウェアスイートに代わる信頼性の高いサービスを提供する立場になったことを発表しました。

これらのフランスのデジタル企業は、すでに公共機関(政府機関、地方自治体)向けにサービスを提供しており、メッセージング、ワープロ、チャット、ビデオ会議、ドキュメントストレージなど、マイクロソフト社が提供するすべてのサービスの代替品を販売しています。

Jamespot社の社長であり、同団体のスポークスマンを務めるAlain Garnier氏は、「『クラウドを中心に』という理念は、非常にシンプルな方法で、すぐに実現できます。アメリカ製ではなく、フランス製のソリューションを購入するのです。このようなソリューションは現在も存在し、運用されています。主権在民のクラウドを実現することの重要性については、もう1年近くも前から言われています。いよいよ行動に移す時が来たのです」。

これらのプレーヤーによると、デジタルワークプレイスのフランスのチャンピオンが提供するソフトウェアスイートには、3つの重要な利点があります。

これらのプレーヤーによると、「デジタルワークプレイス」のフランスのチャンピオンが提供するソフトウェアスイートには、3つの決定的な利点があります。

まず、データが100%主権者のデータであることが保証されている。RGPDに準拠しているだけでなく、さらに優れた点として、有名なクラウド法を含むいかなる治外法権の適用も受けません。実際、これらのソリューションはすべてヨーロッパの企業がホストしており、アメリカや中国のクラウドは使用していません。また、これらのソリューションはすべて、SecNumCloud認証を受けたインフラに統合することができるため、セキュリティに関して国が求める最も厳しい要件を満たすことができます。

第二に、これらの企業は100%フランス企業であり、その経営者は地元にいて、顧客や公的機関の関係者と長期的な協力関係を築くことができます。これらの企業は、主にフランスとヨーロッパで雇用を創出し、フランス経済に積極的に貢献する資金の流れを生み出しています。

さらに、これらの企業は、「クラウドを中心に」という政府の新方針に100%準拠したソリューションを提供しています。また、これらの企業は、昔から資本の独立性を重視した開発モデルを選択しており、国家の主権開発において信頼できるパートナーとなっています。

したがって、公的機関は、毎日300万人以上のユーザーがプラットフォームを利用しているこれらのプレーヤーの力を測定し、開発する機会を持っています。

フランス政府は、戦略的政府としての立場から、DGEおよびBPI(Plan d’Investissement d’Avenir、JEI、Research Tax Creditなど)の支援を受けて、これら8つのデジタルワークプレイスソリューションのほとんどの技術開発に参加しています。今回のDINUMの決定により、買い手の国が投資家の国に追随するというユニークな機運が生まれました。

Markess社の調査によると、フランスのデジタルワークプレイス市場は、2023年までに20億円になると推定されています。(出典: ITRNews)

国家公務員は、中央のクラウドドクトリンが課した課題に沿って、短期間でデジタルトランスフォーメーションを成功させるために、これらのダイナミックなプレーヤーを選択することができるようになりました。

デジタルワークプレイスを推進するフランスの8社のリーダーたちは、その重要性を十分に認識しており、自社のテクノロジーの採用を促進するための新たな技術的・戦略的協力関係を構築する準備ができています。最後に、地元のプレーヤーを頼れるのは利点です。

今回の発表は、フランスのデジタルプレーヤーによる一連の同様の取り組みに続くものです。PlayFrance.DigitalIT50plusでは、フランスやヨーロッパの企業からの公共購入を50%保証することを求めており、Solainnではフランスのデジタルソリューションの市場を提供し、EFEL Powerではフランスのソフトウェアパブリッシャーの国際的な成功を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Leave a comment
scroll to top