Close

シンテック社とフランスのESNは敵対しているのか

Source: Pixabay

これは、必ず聞かれる質問です。私たちのデジタル主権のための集団的なゲームに疑問を投げかける要因はいくつもあります。これは非常に重要なテーマであり、すべての経済関係者の協力体制を確立できなければ、複雑なものになってしまうでしょう。しかし、#gafamのマーケティング力やロビー活動の力は、もはや自慢できるものではないことを認識しなければなりません。

 

ESNとgafamの関係の問題点

 

デジタル・サービス・カンパニー(DSC)は、かつてSSIIと呼ばれていた、情報技術に関するコンサルティングやサービスを提供する企業です。フランスでは、Cap GeminiSopra Steriaなど、この分野の大規模なグループが形成され、統合後に多くの他の企業を吸収しています。

これらの大規模なグループは、IBM、マイクロソフト、オラクル、そしてアマゾンやグーグルなど、アメリカの技術を中心とした技術力で成り立っていました。彼らはどちらかというと、インフラの面では意味のあるフリーソフトウェア技術(オープンソース)を軽視し、マイクロソフトなどを好んだ。

さらに、彼らのビジネスモデルは、これらの出版社との特権的なパートナーシップ(ゴールデンパートナー)に基づいています。このパートナーシップは、おそらく顧客を見つけやすくするだけでなく、これらの技術を展開するためのスキルも保証してくれます。しかし、「ゴールドパートナー」になるためには、(必要な技術レベルに達するためのトレーニングを介して直接的または間接的に)購入しなければならず、投資を利益に結びつけなければならないのです。

そして、私はここに問題があると考えています。確かに、これらの大規模なグループが大規模な産業グループからIS(情報システム)やデジタルトランスフォーメーションの戦略を考えるために選ばれた場合、そのコンサルティングは独立したものではありません。彼らは当然、自分たちにとって最も有益な解決策を提案するだろうが、それには2つの理由がある。提案されたソリューションの技術的な熟達度と、それらのソリューションの実装に関連するサポートに対して.

有名なスキャンダルとして、Health Data Hubのクラウドソリューションに#Microsoftが選ばれたことがありますが、ここでもアメリカのクラウドプロバイダー3社に所属するコンサルティング会社の影響で、フランスのソリューションが失格になっただけでなく、入札なしで#Microsoftが選ばれることになりました。(記事:1, 2, 3, 4)

確かに、このような偏ったアドバイスに加えて、彼らのサービスを受けるDSI(Directions of Information Systems)は、リスクを取りたがらないことを認識する必要があります。たとえそれがニーズに完全に対応していなくても、問題を抱えていても、既知の認識されたソリューションを採用する方が、最小のリスクを取るよりも良いのです。例えば、マイクロソフトにバグがあるという理由でCIOが解雇されたのを見たことがありません。

 

この中でSYNTEC?

 

SYNTECは、デジタル業界のすべての関係者、ESN、ソフトウェアパブリッシャーを集めたプロフェッショナルな組合です。しかし、基本的にはESNに支配されており、これらの企業に有利な方向性を持っています。シンテック社のガバナンスについては、現社長でソプラ・ステリア社のDGAでもあるローラン・ジョバチーニ氏、キャップ・ジェミニ社の経営委員会メンバーであるユベール・ジロー氏、デボティアム社のボスであるゴデフロイ・ド・ベンツマン氏などが挙げられる。これは最も象徴的なことですが、他の人たちは、必ずしもIS分野ではなく、コンサルティングに関連するさまざまな活動をしています。SYNTECの14人のメンバーのうち、ソフトウェア出版業界の代表者は一人もいませんでした。例えば、Godefroy de Bentzmann氏の「フランスのソリューションには多くの品質がありますが、同じレベルではありません。MicrosoftのアメリカのクラウドAzureが、フランス企業が許さないAIアルゴリズムの起動を可能にしているからこそ、Health Data Hubに選ばれたのです」という、証明されていない発言など、Syntec社の立場に驚くことはありません。

幸いなことに、希望の光が見えてきました。フランスのデジタル関連の俳優たちは、自分たちの声を聞き、フランスのデジタルの色を伝えるために、PlayFrtanceDigitalという集団に集まりました。この集団が、政府だけでなく、フランスの利益を守る方法を知らないSyntecにも傷をつけてくれることを願っています。おそらく、ソフトウェアパブリッシャーはシンテックから脱却して、独自の職業組合を作らなければならないだろう。

 

結論

このように、デジタルの主権を取り戻すための戦いは、継続的であり、時には激しい戦いでもあります。実際、我々の政治的意思決定者は、アメリカのロビーの影響下にありますが、アメリカの大手企業との提携で経済モデルを構築してきたフランスの大手ESNの影響下にもありますが、彼らは利害関係や技術を十分に理解していないので、なおさらです。

さらに、アメリカのソリューションが反商業的でダンピング行為を行っているため、フランスの教育システム、特にグランドゼコールにはこれらのソリューションが浸透しており、若い頭にこれらのソリューションを使用する習慣を与えています。そして、変化は本当のチャレンジであることを知っています。

私たちは目を覚まさなければなりません。教育や研究の分野でアメリカのソリューションから脱却するようCNILが勧告したことは、正しい方向への一歩と言えるでしょう。

PlayFranceDigitaleのような取り組みも、希望の源となっています。ソフトウェアメーカーについては、独自の職業別組合を作ることも検討すべきかもしれませんが、過度な組織化は必要な闘争心を失わせることになります。

最後に、ソフトウェアメーカーは、アメリカのソリューションとは独立した小さなESNを組織して、情報システムのコンサルティングビジネスに新しい風を吹き込むべきではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Leave a comment
scroll to top